介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,949件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

ベッドから移動に便利な「移動用リフト」 利用方法と選び方

移動用リフト

移動用リフトとは

移動用リフトとは、自力で歩行したり立ち上がったりすることが困難な高齢者向けの福祉用具です。体をつり上げることにより、ベッドから車いすへの移動や段差がある場所などの移動を可能にします。移動リフトを利用することで、介護者が高齢者の体を持ち上げる際の負担を軽減することができます。

移動用リフトの利用方法

移動用リフトは、下記の通り用途によって種類が分けられます。それぞれ利用方法が異なりますので、特徴を踏まえて適したものを選びましょう。

床走行式

ベッドから車いすなど、主に屋内で移動する際に使われます。体をつり上げた状態のままキャスターで移動します。

移乗リフト 床走行式

>かいごDB(介護リフトつるべー Y3セット)

固定式

居室内や浴室において、固定して使用するタイプのものです。あくまでリフトの稼働する範囲で移動できるものであり、吊り具で体をつり上げて移動します。

据置式

門のような形をした器具を設置します。器具の上部に付いたレールで体をつり上げて、レールの稼働範囲内でのみ移動することが可能です。

入浴用リフト

浴室で、浴槽の湯へ浸かる際に使用します。浴槽のフタのように浴槽の上部に設置。シート部分が昇降するので、抱き起こす負担が減ります。

移乗リフト 入浴用

バスリフト EWB

引用元:ダスキンヘルスレント

段差解消リフト

玄関など段差がある場所を移動する際に、台座を上下させて使用します。

移乗リフト 段差解消

ゼロハイトリフト150(手すり付)

引用元:ダスキンヘルスレント

>>移乗用リフトの購入・レンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)

移動用リフトの選び方

高齢者の身体状況や移動したい場所によって、利用する移動用リフトの種類が異なります。介護を受ける高齢者だけでなく介護する側の負担軽減となるかどうかも、選ぶ際の重要なポイントになるでしょう。次のようなポイントに沿って検討することで、適した移動用リフトを選んでください。

1)寝たきり状態であれば移動用リフトの利用を検討
全介助など本人の移動能力が著しく低下している場合は、床走行式か据置式の移動リフトを検討する必要があるでしょう。ベッドから車いすへ移動する際の、介護者への負担も考慮したうえで選んでください。

2)介護者が腰痛にならないことを前提に選ぶ
介護をする人が力で高齢者を持ち上げたり、無理やり立たせようとしたりしてはいけません。介護をする人が腰を痛める危険があります。

3)販売店のデモンストレーションを活用する
販売店によっては、これら福祉用具のデモンストレーションを行っている場合があります。自分で使いこなせるかどうか、実際に目で見て検討するのもよいでしょう。

移動用リフトの購入方法

移動リフトを含む福祉用具は、介護保険サービス事業者から購入できます。要介護認定を受けていれば、ケアマネージャーによるケアプラン作成(変更)時に相談した内容を踏まえ、用具の選定をしてもらいましょう。また、移動リフトで介護保険の対象となるのは「つり具の部分」のみですので注意してください。

>>移乗用リフトの購入・レンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)