介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

232,092件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

自動排泄処理装置 とは 利用方法と選び方

 自動排泄処理装置

自動排泄処理装置 とは

自動排泄処理装置 は、自動的に便や尿を吸引する福祉用具の一つです。尿意を感じてから立ち上がってトイレに行くまでに時間がかかり漏らしてしまうケースや、転倒などの不安があり夜間に起き上ってトイレまで歩くことに抵抗がある場合など、排泄動作に不自由のある高齢者に使用されます。この 自動排泄処理装置 は、尿や便を受ける部分と、それを溜めておくタンク部で構成。中には洗浄機能や乾燥機能がついたタイプもあります、男性用と女性用とがあります。

自動排泄処理装置 の利用方法

まずレシーバータイプは尿を受ける部分を陰部に当てて使用し、センサーが排尿や排便を感知して吸引するものです。吸引された便や尿はタンクに蓄積されます。

排泄処理機 レシーバータイプ 排泄処理機 レシーバータイプ 利用例

これに対してオムツタイプは、尿を受ける部分が紙オムツのような形状をしており、これを体に装着して使用します。オムツパッドにはセンサーが内蔵。排尿後は、パッドに繋がった管から自動的に尿が吸引される仕組みです。

排泄処理機 おむつタイプ 排泄処理機 おむつタイプ 利用例

レシーバータイプは、タンクに溜まった便や尿の量で排泄状況を確認できる点が便利です。しかしモーター音を発したり、メンテナンスが必要だったりという難点もあります。オムツタイプは寝たきりの人にも使用できますが、排泄状況を目で見て確認できません。そのため、しっかりとした排泄の管理が必要です。

自動排泄処理装置の選び方

基本的には、意思の疎通ができて自立度の高い方はレシーバータイプ、意識がなく寝たきりのレベルの場合はオムツタイプを選ぶとよいでしょう。レシーバータイプは自立度に合せて自力で使用することができるので、家族など介護者のオムツ交換の負担を減らすことができます。寝たきりの方でオムツタイプを選ぶ場合は、尿のみ対応のタイプではなく、便と尿の両方に対応したタイプを選ぶがポイントです。

自動排泄処理装置の購入・レンタル方法

自動排泄処理装置は、介護用具店などで購入することができます。尚、介護保険制度を利用して購入またはレンタルすることも可能です。
ただしレンタルの場合、排便機能を有するタイプの自動排泄処理装置は、要介護4~5の認定を受けていることが条件です。また、レンタルの対象となる自動排泄処理器の定義は、厚生労働省の告示で以下の通り定められています。

「尿又は便が自動的に吸引されるものであり、かつ、尿や便の経路となる部分を分割することが可能な構造を有するものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に使用できるもの(交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンク等のうち、尿や便の経路となるものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に交換できるものをいう。)を除く。)」

購入やレンタルの際には事前にケアマネージャーへ相談してください。

出典:厚生労働省 厚生労働大臣が定める福祉用具貸与及び介護予防福祉用具貸与に係る福祉用具の種目