介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,914件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

車椅子とは 選び方と入手・レンタル方法

車椅子

車椅子とは、身体の障害などで歩くことが困難になった人が、その移動手段として使うものです。
一部の特殊なタイプを除けば、椅子の左右に大きな車輪を、さらに足元には方向を変える小さな車輪を1対ずつ備えています。

介護に使える車椅子の種類と特徴

介護の際に使う車椅子は、大きく「手動式」と「電動式」に分けられます。このうち、手動式は使用者が自ら、または介助者が操作するものです。これに対して、電動式はバッテリーを搭載。操作はレバー式となっているため、少ない力で動かせるところが大きなメリットと言えるでしょう。
なお、手動式はさらに「自走式」と「介助式」に分けられます。その各特徴については、以下の通りです。正しく理解して、利用者に適した種類を選ぶようにしましょう。

自走式

使用者が自分で駆動、操作する車椅子のことです。ブレーキは手元についており、細かく分けると次の4つのタイプがあります。

1)標準型(介護保険適用):後輪にハンドリムを装備しており、最も一般的な車椅子です。

自走用車いす

>かいごDB(【自走用】ベーシックモジュール車いす)

2)座位変換型(介護保険適用):リクライニング機能(座面のみ倒せる)やティルト機能(座面と背もたれが一体で倒せる)など、姿勢を変えられる機能が備わっている車椅子です。
3)スポーツ型(介護保険適用外):さまざまなスポーツ用に改良された車椅子です。
4)特殊型(介護保険適用外):特殊な駆動方式のものや特別な使い方をするための車椅子です。

介助式

使用者が自分で駆動するのではなく、介助者が操作する車椅子です。なお、ブレーキは後輪の後方についています。自走式に比べて、後輪の直径が小さく設計されているという特徴があります。そのため、小回りがきく車椅子といえるでしょう。主なものとして、次の4つが挙げられます。

1)標準型(介護保険適用):ハンドリムを装備せず、介助者が操作して日常生活を行います。

介助用車いす

>かいごDB(【介助用】介助式車いす パスポート)

2)座位変換型(介護保険適用):リクライニング機能やティルト機能など、姿勢を変えられる機能が備わっています。

介助用リクライニング車いす

>かいごDB(【介助用】リクライニング車いす ぴったりフィット)

3)浴用型(介護保険適用外):入浴用に改良された車椅子で、乗ったままシャワーをかけたり、体を洗ったりできるように工夫されています。

介助用入浴用車いす

>かいごDB(【入浴用】らくらく浴用キャリー)

4)特殊型(介護保険適用外):特殊な使用目的のために作られた車椅子です。

車椅子の選び方

車椅子を選ぶときは使用する人の身体能力や使用環境、住宅環境などを考慮して、適したものを選びましょう。チェックポイントは次の通りです。

利用目的

使用するのは屋内か屋外か、また使用時間はどれくらいなのか、どんな目的で使用するのかを明確にします。

身体能力

使用者が自分で操作できるのか、介助が必要なのか。また、本人に移動能力があるのか、座位を保てるのか。あるいは、使用者の身長や体重なども考慮します。

介助者の能力

介助する人の操作能力を確認します。

住居環境

車椅子が通る範囲の通路の幅や床の段差、ドア、広さなどの確認。余裕を持って通れる広さがあるかどうかを見極めましょう。

なお、最終的に車椅子を決める際には、使用者が座ってみたり、介助者が操作してみたりすることが大切です。サイズや座り心地をチェックして、実際に動かしてみてください。

車椅子の購入・レンタル方法

車椅子が必要になった場合は、まず病院や施設、地域包括センターに相談しましょう。そこでアドバイスを受けたうえで、介護用品店やデパートなどで購入することになります。
また、車椅子は高価であることから、レンタルを利用する人も多く見られます。レンタルを利用する場合、車椅子の必要性が認められれば介護保険の適用です。1割負担でレンタルできるため、より安価に車椅子が導入できるでしょう。