介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

221,561件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

床ずれ防止用具 ・じょくそう防止用具の種類と選び方

 床ずれ防止用具

床ずれ防止用具とは

床ずれ防止用具は、床ずれ(じょくそう)防止を目的とした特殊なマットレスで、「圧力切替型」と「体圧分散式」の二種類があります。

このページでは、各マットレスの特徴や選び方、実際に居室内で利用する際の注意点について解説します。
なお、原則として要介護2以上の方であれば、床ずれ防止用具のレンタルには介護保険が適用されます。
>>福祉用具貸与(レンタル)とは 特徴と活用方法

床ずれ防止用具のメリット

メリット1. 体の圧を分散し、床ずれが出来にくくする

床ずれは、体の限られた箇所に圧力がかかり続けることにより起こります。
床ずれ防止用具は、圧力を分散するので、床ずれの発生を抑えることが出来ます。

メリット2. 体位変換の介護が少なくて済む

床ずれ防止の対策として有効なのが、体の向きをかえる体位変換です。
体位変換を行うことにより、体に圧がかかる部分を変えることが可能です。
床ずれ防止用具を使用すれば、体位変換の頻度を下げることが出来ます。

床ずれ防止の為の体位変換

床ずれ(じょくそう)とは

床ずれは「褥瘡(じょくそう)」と呼ばれます。これは圧迫によって皮膚に血液が十分に流れなくなり、その部分が損傷を受けた症状です。
床ずれは寝たきりの人や車椅子を使っている人、自分で体の向きや位置を変えられない人にとって、誰にでも起きる可能性があります。特に高齢者に多く見られる症状のため、在宅介護の場合は注意が必要です。

床ずれ防止用具の種類

床ずれ防止のマットレスは、2つのタイプに分かれます。

「圧力切替型」エアマットレス

複数の空気パッドを膨張・収縮させて体を支持する面を変化させることにより、体への圧を分散します。
自力で寝返りができない人、寝たきりの人におすすめのタイプです。
マットレスの他に、エアポンプを設置する必要があります。
圧力切替型のエアマットレスを使用する場合は、車椅子の操作や方向転換するスペースを考慮して、エアポンプのサイズや取り付け位置を決めましょう。

 エアマットレス

エアマスター ネクサス CR-600/CR-610

引用元:ダスキンヘルスレント

>>「圧力切替型」エアマットレスのレンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)

エアマットレスを活用する際の注意点

エアマットレスを利用する場合は、底づきする可能性を考えましょう。
これを回避するために、背上げ時に臀部の空気圧を高くできるエアマットレスを選びます。
圧を上げたときにも臀部にかかる圧力が高くなりますので、使用は短時間にしましょう。
エアマットレスなどの体圧分散特性が高いマットレスは、体が沈みがちになり体を動かしにくくなります。
そのため、廃用症候群になる危険性があるでしょう。利用時には、この点について十分に認識しておくことが大切です。
>>廃用症候群とは 原因・症状・対策

「体圧分散式」マットレス

より広い面で支えることにより、体圧を分散させます。
ベッドで過ごす時間は長いものの、自力でベッドから起き上がることができ、寝返りもできる人に対応したタイプです。

体圧分散式

体圧分散式のイメージ

ブレイラプレミアム ケアマットレス

引用元:ダスキンヘルスレント

>>「体圧分散式」マットレスのレンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)

床ずれ防止用具 選び方のポイント・目安

床ずれ防止用具は、あくまで圧力を分散することによって床ずれを予防するものです。
そのため、体位変換は常に必要となります。
そのうえで、以下のようなポイントを踏まえてマットレスを選びましょう。

マットレスを選ぶ際のチェックポイント

ポイント1. 必要以上に沈みこまないか

厚みがありすぎて必要以上に沈み込むと、体の両サイドや肩、腰などの突出した部位に圧力が集中することになります。
そのため、厚みはよく考えて選びましょう。

ポイント2. 底づきしないか

床ずれ防止用具に寝たときに体の一部がベッドマットレスや布団などについてしまうと、圧力分散ができなくなります。
底づきしない方が、圧力分散能力の高いマットレスです。

ポイント3. 押し返してこないか

空気や水を使った床ずれ防止用具を使用する場合は、その量が多すぎると押し返す力が強くなり、床ずれの危険性が高まります。押し返す力を体重によって調整できるタイプがおすすめです。

床ずれ防止用具の購入・レンタル方法

床ずれ防止用具は、介護用品を扱うショップや通信販売などで購入することができます。ただし、用具を選ぶ際には商品を見ることで判断材料が得られるため、できるだけ介護用品を扱うショップなどで実物を見せてもらいましょう。

また、使用者が要介護2以上の場合、もしくは「日常的に寝返りができないとされた人」は、介護保険を利用したレンタルも可能です。レンタルできるものは、「送風装置又は空気圧調整装置を備えた空気マット」と「水等によって減圧による体圧分散効果をもつ全身用のマット」となります。

購入やレンタルの際には事前にケアマネージャーへ相談してください。

出典:厚生労働省 厚生労働大臣が定める福祉用具貸与及び介護予防福祉用具貸与に係る福祉用具の種目

すでに床ずれが出来ている人が利用する際の注意点

床ずれの原因は、同じ部位を長時間圧迫することにあります。すでに床ずれができている人は、その部位の圧力が小さくなるようにしなければなりません。

そのため、その部位に血液が流れるように姿勢を変えてください。在宅介護をする場合、長時間にわたり同じ姿勢をとり続けることのないよう、介護する側の配慮が必要です。
介助するときにも、床ずれのある部位に圧力や負担がかからないようにしなくてはなりません。

治療や予防方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
>>褥瘡(じょくそう)とは 原因と予防方法