介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

205,555件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

認知症老人徘徊感知機器とは タイプ別の選び方

認知症老人徘徊感知機器とは

認知症老人徘徊感知機器とは

認知症老人徘徊感知機器とは、認知症の高齢者が屋外へ出ようとした際に、それを感知して家族などに通報する機器・システムのことです。

入り口などにセンサーを設置するものが代表的ですが、その他に本人の持ち物などに小型発信機を付けるもの、高齢者がベッドから離れたときに感知するものなどがあります。

「高齢者が外出して、行方が分からなくなってしまった」という事態を防ぐのに役立つ福祉用具です。

徘徊の問題を解決できる

徘徊は、認知症の代表的な症状の1つです。主に時間や場所、人物の見当がつかなくなる見当識障害によって、自分のいる場所や時期などが認識できなくなって生じます。
>>見当識障害とは

また、自宅にいるのに「帰らなくちゃいけない」と思って外に出たり、自分がまだ働いていると思って仕事に行こうとしたりするのです。外に出ると途中でその目的を忘れてしまい、あてもなく歩き回って徘徊してしまうのです。

高齢者が認知症になると、在宅介護をしている人は徘徊などさまざまな周辺症状に対応しなければなりません。認知症の高齢者が徘徊すると、ときに生命に危険がおよぶ可能性もあります。家族にとっては非常に難しい問題です。
>>徘徊の原因と対応方法

認知症老人徘徊感知機器の種類と選び方

認知症老人徘徊感知機器には、いくつかの種類があります。

それぞれのタイプで特徴が異なりますので、その特徴を理解したうえで最適な用具を選ぶようにしましょう。以下に3つのタイプを取り上げますので、現在の状況と照らし合わせながら確認してみてください。

人感センサー型

赤外線センサーを通路や出入り口などに設置しておき、その前を人が通行することで作動します。玄関や出口付近にセンサーを設置しておけば、徘徊する高齢者の動きをすばやくキャッチすることができるでしょう。ワイヤレスで使えるほか、配線工事も不要で小型ということもあり、設置しても目立つことはありません。

マットレスタイプ

重量センサーを玄関やベッド脇にあるマットの下に設置しておき、人の動きを感知したら作動するようにしておきます。また、ベッドからの起き上がりを知らせることができ、秒単位で起き上がり時間の設定が可能です。

例えば療養中の人が突然起き上がって、医療器具を外されてしまうといった事故防止にも役立ちます。

発信機型

GPSやビーコンなどの小型の発信機を、いつも履いている靴に縫い付けたり、お守りに入れたりして認知症の高齢者に身に付けさせ、電波を受信して居場所を感知します。

配線を気にせず簡単に使用できる認知症老人徘徊感知機器といえるでしょう。ワイヤレスで配線工事は不要です。在宅で介護する家族の負担を軽減してくれることでしょう。

地域の商店などに受信機を設置することで、移動経路や居場所の特定をしやすいシステムの導入を目指している自治体もあります。

認知症老人徘徊感知機器のレンタル方法

認知症老人徘徊感知機器は、介護保険制度を利用してレンタルすることも可能です。レンタル代金の目安は、介護保険を適用して月額500円~800円が目安となるでしょう。
>>認知症老人徘徊感知機器の購入・レンタルをご検討の方はこちらから(相談無料)

介護保険が適用される認知症老人徘徊感知機器の種類

認知症老人徘徊感知機器のうち、介護保険が適用されるのは「取り付け工事が不要なもの」のうち、人感センサー型とマットレスタイプです。GPSやビーコンなどの発信機型のものは適用されません。

利用を検討している認知症老人徘徊感知機器が対象か否かを必ず事前にケアマネージャーへ相談してください。
>>福祉用具貸与(レンタル)とは 特徴と活用方法

原則として要介護2以上

介護保険を利用して認知症老人徘徊感知機器がレンタルできるのは、原則として要介護2以上の方です。ただし、「意思の伝達、介護者への反応、記憶・理解のいずれかができないとされた人で、移動において全介助を必要としない人」だと認められれば、要介護1以下でもレンタルが可能です。

詳しくはケアマネジャーに確認をしてください。

介護保険外で認知症老人徘徊感知機器を利用する方法

要介護度や利用限度額の関係で、介護保険外でセンサーや発信機などの認知症老人徘徊感知機器を利用したい場合にはどうしたらいいのでしょうか?

認知症老人徘徊感知機器は、介護用品を取り扱う企業やショップで販売されているので、購入してもいいでしょう。発信機型のものは1万円以下で購入が可能なので、センサー型やマットレスタイプのものよりも導入がしやすいかもしれません。

見守りサービスの利用も

徘徊を防げるのは、認知症老人徘徊感知機器だけではありません。

介護保険適用外とはなりますが、徘徊対策や安否確認のための見守りサービスは複数あります。民間の企業が提供しているものもあれば、自治体が進めているものもありますので、一度ケアマネジャーや地域支援包括センターに相談をしてみるといいでしょう。
>>高齢者の見守りサービスとは

中には認知症老人徘徊感知機器のレンタルと見守りサービスをセットにして提供している企業もあります。