介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

221,532件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

歩行器 とは タイプと選び方

 歩行器

歩行器 とは

歩行器とは、
・一本杖では安定して歩けない人
・長距離を歩くことが困難な人
などが使用する福祉用具です。

歩行器に体重の一部を預けるので、足への負担が軽減でき、身体の姿勢を保ちます。また、自分の足で歩くということは、生活の質(QOL)の維持・向上や、本人の尊厳を守るためには欠かせません。

歩行器にも多くの種類があり、大きく以下のように分類されます。

▼杖のように持ち上げて使う4本脚が付いた四脚歩行器
四足歩行器

▼4本の脚に車輪が付いており、それをカートのように押して歩くタイプの歩行器
車輪つき歩行器

車輪付きの歩行器には歩行器を使って歩いている途中、疲れたときでも座れるように椅子がついているタイプのなどがあります。
また、シルバーカーも歩行器の一種です。
>>シルバーカー(手押し車)の利用方法と選び方

歩行器の利用方法

四脚歩行器、および車輪のついたタイプの歩行器について、それぞれの利用方法をご説明しましょう。

四脚歩行器

まず、両手で持ち上げて前方に下ろします。杖のようしてつかまったら、足を前に出して進んでください。

車輪が付いた歩行器

アームにつかまるか、U字型になったアームにひじなどを乗せて使用します。その際、ひじが直角になる状態でアームの高さを調整し、固定しましょう。これによって前のめりになることなく、バランスを保ったまま歩行できます。

歩行器の選び方

歩行器は、選択を誤ると転倒などの事故につながります。利用者の状況などに応じて、慎重に選んでください。

歩行器を選ぶ際に最も優先するべきポイントは「安定性」です。
歩行器ではひじや手などの上半身を使って体重を支えますので、身体能力に合せてどのタイプが良いかを検討しましょう。

下半身の筋力が弱っている人は、車輪付きタイプが適しています。また、できるだけひじを乗せるアームが付いているものを選ぶと良いでしょう。前のめりの姿勢にならず使用できるかどうか、あるいは歩行器に体重を預けることができるかという点も大きなポイントです。

歩行器には三輪が付いたものもあり、これは歩行中の方向転換がしやすくとても便利です。ただし、体重が片方にかかってしまうと、転倒の危険性がある点がデメリットとなります。スピードが出過ぎて転倒などの事故が起きないように、三輪型の歩行器を選ぶ際はブレーキが付いているタイプのものを選んでください。

シルバーカーは歩行能力の高い人向け

多くの歩行器は、体をまっすぐにした状態で前に進める形状になっています。しかしシルバーカーは下部に荷物を収納するスペースがあるため、歩行の際に足を前に出しにくくなっています。

そのため、シルバーカーは歩行能力が高い方向けの歩行器といえるでしょう。

>>シルバーカー(手押し車)の利用方法と選び方

自動制御機能付き歩行器も

車輪の付いた歩行器の中にはモーターを搭載し、自動制御機能が付いた歩行器があります。

具体的には、
・上り坂でのアシスト
・下り坂での制動
・坂道の横断時の片流れ防止
・つまずいた際などによる急発進防止
といった機能が付いた歩行器です。

歩行器の購入方法

歩行器は、福祉用具の専門店などで購入またはレンタルすることができます。可能であれば、実際に試用したうえで購入するのがおすすめです。

介護保険で貸与も可能

歩行器は要支援1から介護保険内で貸与(レンタル)も可能です。

ただし、シルバーカーは介護保険の対象外です。
車輪があるものだと身体の前と左右を囲むものがある歩行器は、介護保険の対象となります。車輪がないものなら、四つの脚があり、腕を使って移動させることが可能なものが介護保険の対象です。

2016年4月からは、自動制御機能付きのものもレンタルできるようになりました。
>>福祉用具貸与(レンタル)とは 特徴と活用方法

購入やレンタルの際には事前にケアマネージャーへ相談してください。