介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

194,757件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

シャワーチェア、介護用入浴椅子の種類と選び方

pixta_18403182_S

シャワーチェアは広義では浴室で利用する椅子のことで高さや安定性の低いものも指しますが、より安全にシャワー浴を行うために特化されたシャワーチェアがあります。シャワーチェアにはどんなものがあるのでしょうか。また購入するときの注意点などもまとめました。

シャワーチェアとは

シャワーチェアとは主に入浴時に使用する椅子のことを指します。濡れた浴室でも滑りにくく安定性も高く作られています。種類も豊富で後ろに倒れないように背もたれがあるものや、横に倒れないように肘掛けがついているもの。高さ調整ができるものなどさまざまな種類のものがあります。

シャワーチェアはこのような方にお勧め

立ったままであったり、洗い場にしゃがんだり低い椅子に座ってのシャワー浴・洗身がつらくなってきた・安定した姿勢を保つのが難しくなってきた方がシャワーチェアを利用することで、より安全・安楽にシャワー浴を行うことができます。

関節リウマチや骨折・入院後の筋力低下、半身麻痺などがあると転倒の危険性がたかくなります。とくに滑りやすい浴室ではさらに転倒のリスクが高くなりやすいものです。このように転倒のリスクが高いような方や体力の低下により入浴時の姿勢の保持が難しくなった方が利用することでより安全にシャワー浴を行うことができます。

シャワーチェアの種類

手軽に使いたいときに

背もたれがなくても安定して座れる方にはこのようなシャワーチェアで充分でしょう。背もたれがないことで入浴中にも背もたれに頼ることがないので筋力の維持にもなります。部品も少ないため軽く取り扱いしやすいのも特徴でしょう。

シャワーチェア 背なしミニ

>かいごDB(やわらかシャワーチェア 背なしミニ)

座位姿勢が安定している場合には

背もたれがなければ座位が安定しない方、より楽な姿勢でシャワー浴をしたい方にはこのタイプがお勧めです。

背もたれだけしか付いていないので座ったまま旋回がしやすく、身体の向きを容易に変えることができます。

シャワーチェア 背付き

>かいごDB(やわらかシャワーチェアー 背付き)

座位姿勢が安定しない場合には

背もたれだけでは左右に転倒・転落のリスクがある方、肘掛けがあれば座位姿勢が安定する方にはこのようなタイプがお勧めです。

手すりが固定されているもの・可動式のものがあります。可動式であれば肘掛けが不要な場合には邪魔にならないように動かすことができます。

肘掛けが邪魔になって転倒転落の原因となることもあります。また肘掛けが固定式だと座ったまま身体を左右へ旋回することができないので、とくに肘掛けが必要ないのであれば肘掛けが可動式のものにするか、肘掛けのないタイプがいいでしょう。

シャワーチェア ひじ掛け付き

>かいごDB(やわらかシャワーチェア ひじ掛け付)

車いすタイプ

座位だけではなく浴室への移動も困難な場合には車輪がついているこのようなタイプがお勧めです。自身でシャワー浴ができる方よりも、歩行・洗身にも介護が必要な方にはとくに安全・安楽にシャワー浴を受けることができます。また、介護者の負担も軽減することができる特徴があります。

背もたれや座面の角度・肘掛けの高さなど調節が可能なものもあり、より安楽な姿勢でシャワー浴を行うことができるタイプもあります。

座位安定シャワーキャリー

>かいごDB(【入浴用】座位安定シャワーキャリー)

シャワーチェアを購入するには。注意しておきたい点

シャワーチェアの購入・レンタルは

シャワーチェアはホームセンターや介護福祉用具専門店で購入することができますし、インターネットやカタログの通信販売でも購入することができます。

通信販売では利用者に最も適したものを選ぶ際に相談することができない・実際に商品を見ることができないということもあります。できるだけ利用者にあった商品を選べるように、実際に商品に座ってみたり相談をしたりするほうがいいでしょう。

またシャワーチェアは利用者の皮膚に直接触れるようなものになるので基本的にレンタルはなく購入になるようです。

シャワーチェア購入は介護保険適応となることも

介護保険認定を受けていればシャワーチェアは1割負担で購入できることもあります。これはどこで購入しても受けれるサービスではなく、特定福祉用具の指定を受けた事業者からの購入でなければ適応されません。指定を受けていない事業者からの購入では介護保険の対象とはならず全額負担となってしまいます。特定福祉用具として購入する場合は指定を受けている事業者から購入する必要があります。

>>浴室の介護リフォーム

介護保険の援助をうけるなら購入前に申請を

シャワーチェアを1割負担で購入するには購入前に手続きが必要となります。購入を検討する際にはまずはケアマネージャーに相談をしてからにするとスムーズに進めることができるでしょう。

まとめ

座位姿勢を保ちにくい方が安全・安楽にシャワー浴をするためにはシャワーチェアは欠かせないといっても過言ではないでしょう。利用者にあったシャワーチェアがあるのとないのではシャワー浴の機会や安全面に大きく影響をしてきます。身体を清潔に保つことはQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上や健康面の向上にも欠かせないものでしょう。年齢・介護保険の有無に関わらず、シャワー浴に不安がある場合は利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

>>特定福祉用具販売とは 特徴と使い方