介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,946件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

寝たまま洗髪する方法

体を拭くことはさほど困難ではないものの、洗髪をするとなると難しく感じる方は多いでしょう。

特に寝たきりの高齢者は入浴も困難なので、洗髪をする機会が少なくなってしまいます。

すると、フケがたまるなど清潔さを保てなくなってしまいますので、寝たままでも洗髪ができるようにすることが大切です。

ここでは、その具体的な方法をご説明します。

洗髪のための準備

ベッドでも布団でも、基本的には仰向けになった状態で洗髪をします。

後頭部の下に洗面器を置き、お湯で部屋を濡らさないようにしましょう。

イメージとして、美容院のシャンプー台のようなものを洗面器で代用して作ります。

ベッドの場合、首の下に枕などをはさんで首を安定させてください。

布団の場合は、頭部を高くするために敷布団を折り返すなどして厚みを持たせ、後頭部の下に洗面器を設置しましょう。

室温が低いと、濡れた髪が原因で風邪をひきやすくなります。

室温は22~26度に設定し、十分に暖めておきましょう。

また、洗面器にはったお湯はすぐに冷めてしまいます。

通常は38~40度ですが、室温によっては少し熱めのお湯を用意しておいてください。

冷めることを前提に、直前に準備するとよいかもしれません。

用意する物

img_cp_1-2・洗髪用のお湯(40度程度)
・ビニールシート
・洗面器 ・シャンプー

具体的な洗髪の方法

洗面器にお湯を入れて準備が整ったら、首より下の位置に頭がくる状態にします。

そして、頭皮をマッサージしながら髪をとかしていきましょう。

このとき、毛先の方から頭皮に向けてお湯をかけます。

十分にお湯がなじんだら、シャンプーで洗います。

お湯には限りがあるので、すすぎの際はまずタオルで頭を包み込むようにしてシャンプー液をふき取ると良いでしょう。

こうすることにより、すすぎのお湯を節約できます。

なお、襟足や耳回りはシャンプーすすぎが不十分なことがよくあるので、すすぎをしっかりとしてください。

また、洗髪の際は、耳に水が入らないように耳栓をするとよいでしょう。

シャンプーとすすぎが終わったら、髪が含んだ水気をかるく絞り、すばやくタオルで頭髪部分全体を包み込むようにして拭きます。

そのまま、タオルでもみこむようにして水分をふき取りましょう。そして、ドライヤーでよく乾かします。

img_cp_1-9高齢者は、温度に対して感覚が鈍くなっている場合があります。

そのため、自分から「熱い」と言わない可能性があるのです。

ドライヤーの熱で頭皮や顔の皮膚を傷めないように、ドライヤーは20センチメートルほど離した方がよいでしょう。

 

専用の用具



 

水のいらないシャンプーの使い方

1、水のいらないシャンプーをつける

img_cp_2-1

2、頭皮を揉むようにマッサージ

img_cp_2-2

3、タオルで拭き取って完了!

img_cp_2-3

 

水のいらないシャンプー一覧