介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

食事介護の食べこぼし対策

食べこぼし対策

在宅介護を行っていると、食べこぼしに関してストレスを感じる人が多いようです。

食事は毎日のことなので、そのストレスは介護をしている人には相当なものになるでしょう。

しかし介護されている高齢者にとっても、「家族に負担をかけて申し訳ない」「きれいに食べたいけどできない」という焦りや絶望感など、マイナス感情を抱いてストレスを感じているのです。

食事を楽しむためにも、できるだけこうしたストレスはやわらげていきましょう。

食べこぼしの原因

食べこぼしの主な原因は次の3つです。

身体機能の低下

高齢化による身体機能の低下によって体が思うように動かなくなったり、目がよく見えなくなったりすることで食べこぼし起こります。脳梗塞などで麻痺がある高齢者も、食べこぼしはよくあることといえるでしょう。さらに頬などの口の周りの筋力の低下や、歯が失われていることで、食べこぼしてしまうことも。

身体機能の低下は高齢化によって起こります。
そのため程度の差はありますが、誰にでも起こることです。

姿勢が悪い

中には身体機能の低下ではない原因もあります。
たとえば食事のときの姿勢が悪くて、口に運ぶまでにこぼしてしまったり、前かがみの姿勢でいることで口に入ったものがこぼれてしまう場合があります。

食器があっていない

本人に合っていない、使いづらい容器を使っていたりすることも、食べこぼしの原因となります。

姿勢が悪くないか、食器や食事の形態が本人に合っているかなどの状況のチェックは、介護をしている人の大切な役割です。

食事介護の食べこぼし対策

姿勢を改善する

食事の際に姿勢が悪いと、うまく食べることができません。

椅子に座る場合は、クッションを敷くなどをして倒れないように支え、食べやすい姿勢を取れるようにしましょう。

また、脳梗塞の後遺症で麻痺が残っている人は、椅子に座ると体が傾いてしまいます。
クッションなどを使って、体が倒れないように支えられるようにしましょう。

姿勢のチェックポイント

チェックポイント1:両足がかかとまでしっかり床についているか?

img_cp_1-1

チェックポイント2:上体が少し前かがみになっているか?

img_cp_1-2

チェックポイント3:口とお皿の距離が離れすぎていないか?

img_cp_1-3

車椅子のチェックポイント

車椅子の場合は、車椅子の大きさが本人に合っているかを見直してみます。

体が小さい人が大きな車椅子を使っていると、左右に空間ができてしまい、姿勢が悪くなってしまいます。
クッションなどでカバーして体が倒れないようにするか、サイズの合う車椅子に変えてください。

車椅子での姿勢の直し方については、専門家からこんなアドバイスが投稿されています。

出来れば専門の資格を持った人に選定してもらえればベストですね。
今の車いすでも、背張り(背もたれ部分)の調整ができるタイプなら
ご本人の体に合わせて張り方を調整するだけで、だいぶ違うと思います。
また、クッションやタオルなどを使う方法もあります。
「車イス シーティング」などで検索すると少し参考になると思います。
リハビリの先生(理学療法士など)に相談できるといいですね。
(ケアマネドットコム専門家 niccaさんの回答)
引用元:介護のQ&A「認知症の母の車椅子での姿勢を補正する方法

義歯の調整や口の周りの筋肉を鍛える

食べ物をしっかりと咀嚼するため、口の周りの筋肉を鍛えたり、失われた歯を補ったりすることで食べこぼしを減らせる場合があります。

安心介護内には、専門家からこんなアドバイスが投稿されています。

▼義歯について

歯科についてですが、ご自身の歯があるとのこと。
可能であれば、往診を行える歯科医を探し、義歯や自歯の調整をされると良いと思います

義歯はなかなか難しいですが、良い義歯を作ると、咀嚼の力が増したり、お話も少し上手になったりします

義歯が無いと、下あごや下の歯茎が痩せます。
すると、しっかりと口の中で外へ出ないよう止める役割をしていた下の歯茎が無いわけですから外へ出てしまい、食べこぼしなどになります。
(ケアマネドットコム専門家 kumaちゃんさんの回答)
引用元:介護のQ&A「嚥下機能のリハビリ訓練の方法を教えてください

▼食事前の準備体操も効果的

「パ・タ・カ・ラ」と発声練習。全て唇や舌を使う発声のため食事前の準備体操におすすめされています。パタカラ体操なんて言ってます。
上記、10~15分でしょうか。毎食前に。機能的なアプローチです。
(ケアマネドットコム専門家 グーニーズさんさんの回答)
引用元:介護のQ&A「嚥下機能のリハビリ訓練の方法を教えてください

▼代表的な口のリハビリについて

本題の口のリハビリですが、
・頬の周りをマッサージする
・氷やキンキンに冷やしたスプーンのヘラなどで、口の中をマッサージする
・頬を膨らましたり、へこましたりする
・舌を出して上、下、右、左に数回動かす
・唇と歯茎の間をなでるように舌を1周させる
などが代表的なリハビリです。
(ケアマネドットコム専門家 sumire12さんさんの回答)
引用元:介護のQ&A「嚥下機能のリハビリ訓練の方法を教えてください

また、嚥下障害のリハビリについては、こちらの記事も参考にしてみてください。
>>自宅での嚥下のリハビリ(摂食訓練)の方法
>>嚥下障害のリハビリ

使いやすい食器を使う

スプーンやフォークなどの食器が食べやすいものか、改めて見てみてください。

自助器という食べやすい食器やスプーンなどが販売されていますので、高齢者にも楽に使えるものを選ぶことも大切です。
>>高齢者向け“漆器”で食事をより楽しく~元アイドルプロデュースから伝統工芸まで
また、プラスチックの子供のおわんやベビー用の深みのあるプラスチックのお皿を使っている人もいるようです。

スプーンは、本人の口のサイズに合っているかも確認してみましょう。
スプーンが大きすぎて、口の中にうまく入れられずにこぼしていることもあります。

img_cp_3-1

最後に、テーブルの高さも重要です。
椅子とテーブルのバランスが悪いと、食べ物がちゃんと見えずに食べこぼしをしてしまうことがあります。
このように食事環境を見直し、改善することで、食べこぼしを防ぐことが可能です。

【食事の時に使えるグッズ】

つかみやすくこぼれにくい食器を選びましょう。

楽々箸 グリップタイプ

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

バルーン

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

すくいやすい食器(有田焼)

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

kiss コップ用

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

食事用エプロン

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

食事用エプロン (超撥水タイプ)

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n