介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

205,555件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

陰部洗浄の方法

高齢者の介護においては、入浴時以外での陰部洗浄が必要となります。

高齢になると肌を保護する体の機能も衰えるので、衛生を保つためには意識的に清潔にしなければいけません。

陰部が不潔になると、病気に感染するリスクが高まります。

さらにそれだけでなく、排便などで汚れた状態を放置すると、その汚れた状態が当たり前となってしまうでしょう。

次第に、不潔でいることを不快に感じなくなってしまうかもしれません。

ここでは、陰部洗浄の方法を説明します。

陰部洗浄のポイント

陰部洗浄を行う際には、次に挙げるポイントに注意しましょう。

排尿時と排便時で洗浄方法を分ける

陰部が汚れた際に、都度石鹸を使って洗っていたのでは、手間がかかってしまいます。
めやすとして、排尿時には蒸しタオルで、排便時には水洗いを行うようにすると、手間が少なくて済むでしょう。

陰部洗浄の方法

【回数は1日数回】失禁のある方は1日に数回洗浄する

失禁のある方は、それだけ陰部が汚れる回数も多くなりがちです。
洗浄のペースは、下着の交換をする際が理想。
オムツを着用している場合も、おなじく1日に数回洗浄しましょう。

【習慣化しましょう】排せつをしたら陰部洗浄という流れを習慣にする

排せつするたびに洗浄する癖をつけておけば、介護する側にとってもされる側にとっても負担が軽くなります。

【環境に気をつけましょう】洗浄の際は室温に気を配る(暖かくする)

陰部洗浄をする際は下半身を露出するため、風邪をひきやすくなります。
なるべく、室温が低くならないようにしておきましょう。

【要介護者に気を配りましょう】羞恥心に配慮する(手早く行う)

当たり前のことですが、陰部を洗浄されるということが恥ずかしく感じる高齢者は少なくありません。
介護する側は事務的な作業として接しがちですが、本人はデリケートなこととして受け止めているのです。
自分が出来ることは任せるなどして、本人の自尊心を傷つけないように配慮してください。

【高齢者に適したものを使用しましょう】石けんは保湿性のあるものを使用する

高齢者の肌はとても敏感で、保湿力も弱くなっています。
そのため、石けん多用すると肌を乾燥させがちです。
石けんを多用する場合は、なるべく保湿成分の配合された石けんを使うとよいでしょう。
洗ったあと(蒸しタオルなどで拭いたあと)、残った水分をそのままにすると皮膚トラブルにつながります。
乾いたタオルで水分を拭いたあと、ベビーパウダーなどをつけるのもおすすめです。

ベッドでの陰部洗浄

ベッドで陰部洗浄を行う際の手順についても、あらかじめ覚えておいてください。

適切な手順を踏んで、スムーズに行いましょう。

手順1. 紙おむつを敷く

まず、ベッドの下半身が乗る部分(腰から下)にビニールシートを敷き、吸水シートやフラットタイプの紙おむつを敷きます。

手順2. 石けんをつける

素材の柔らかいタオルやガーゼを湿らせて石けんをつけます。

手順3. 陰部を洗う

男性の場合、亀頭部分、陰茎、陰のうの裏側などを洗います。
女性の場合は、女性は小陰唇から会陰部にかけて洗っていきます。
なお、肛門を洗浄する際は、いったん横臥位(おうがい=横向け寝状態)にして、シワを広げて丁寧に洗浄しましょう。
洗い終わったタオルやガーゼは破棄します。

手順4. 洗い流す

ぬるま湯をかけて陰部に残った石けんを洗い流します。

手順5. 水分をふき取る

仕上げとして、乾いたタオル水分をふき取ります。

ペットボトルで簡易シャワー

簡易シャワーの作り方

ベッドで陰部洗浄を行う際には、陰部を少しずつ濡らしながら拭くことがポイントになります。
空のペットボトルを使用して、お手製のシャワーを作れば、少しずつ広範囲にお湯をかけることが出来るので、とても便利です。

img_cp_2-1