介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

お葬式までにやることの流れ

SONY DSC

やることはたくさんあるのに、なかなか慣れている人なんていないのが、危篤からお葬式までの段取りです。

どんなことをどんな順番でするのかを、あらかじめ知っておくといざというときに慌てずに済みますし、それだけで安心できるものです。

危篤時からお葬式までの一連の流れをまとめます。

危篤時

最後のお別れの連絡

医師から危篤だと宣告されたら、二親等までの親族や特に親しい友人などに連絡をして、最期のお別れをしてもらいます。

自宅なら:かかりつけ医や訪問看護士に連絡

病院ではなく自宅での看取りを希望している場合、かかりつけ医または訪問看護士に連絡をしましょう。その時が近づいて来たら、事前に対応方法について聞いておくといいでしょう。

臨終宣告

末期の水

医師から臨終を宣告されたら、末期の水(死水)を取ります。現在では宗教に関わらず、行われています。

遺体搬送の準備

葬儀社が決まる前に遺体を搬送する場合には、搬送だけを病院が紹介する葬儀社に頼むことも可能です。自宅または、斎場・葬儀社などの遺体安置室に搬送します。

死亡診断書の受取や病院への精算

病院でも自宅でも、死亡確認後に医師が死亡診断書を記入します。遺体の搬送には、必ず死亡診断書を所持した方の同乗が可能です。

死亡届の提出や火葬許可証の取得

銀行口座の凍結に注意

ご本人が無くなると、銀行口座の残高が遺産になります。新聞に訃報が載るなどのきっかけで、銀行口座が凍結されることがあります。

もし「毎月の支払いをその口座にしている」、「本人が自身の口座から葬儀費用の支払いを希望している」などの事業があるようなら、事前に変更や解約の手続きが必要です。

葬儀の準備

・あらかじめ決めておいた葬儀社に依頼
もし決めていないようなら、見積もりを取ります。日程などの相談は、親族とも話し合っておいた方がトラブルになりません。
・喪主の決定
・菩提寺に連絡
・葬儀の日時が決まったら、親族や知人、関係者に連絡

納棺~通夜

遺体を搬送したら、通夜の前に最期の衣装に着替えてもらい、死化粧を施し、思い出の品などと一緒に棺に納める「納棺の儀」を行います。葬儀社に任せることも可能です。

以前は親しい間柄の人のみで、夜通し行われていたお通夜ですが、最近では一般参列者も迎えるのが一般的です。また、時間も夜10時ごろまでに終了することが多いです。

>>お通夜とは

葬儀・告別式(通夜翌日)

故人を弔う宗教儀式が葬儀で、告別式は一般参列者を迎えるものですが、一緒に行われることが一般的です。最近では初七日法要も一緒に行われることがあります。

>>葬儀・告別式とは

葬儀・告別式が終わると、遺体をおさめた棺を霊柩車に乗せて、喪主または遺族1,2名が同乗して火葬場へ向かいます。必要に応じて火葬場までのマイクロバスの手配が必要です。葬儀場によっては、火葬場と同じ敷地にあるため、霊柩車に乗せる必要がないこともあります。

火葬

火葬場の受付で、火葬許可証を提出します。

火葬場の炉前で納めの式を行い、控室で1、2時間ほど待機します。火葬が終わったら2人1組で拾骨をします。

火葬後、火葬許可証は証印を押されて、遺骨とともに喪主の手元に戻ります。

精進落とし

僧侶や親族に対しての会食です。本来は初七日法要の際におこなわれていましたが、最近では火葬後に行ったり、地域によっては火葬の待機中に行ったりすることあります。

親族や関係者が集まっているうちに、法要や納骨などについての確認もしてしまうといいでしょう。

以上が、危篤から葬儀終了までの流れです。一般的には亡くなった日の翌日が通夜、その翌日が葬儀・告別式となっています。

短い期間にいろいろとやることがあるので不安に思うかもしれませんが、葬儀社の方がいろいろと次の動きや注意事項を教えてくれます。そういった点でも、信頼できる葬儀社をあらかじめ選んでおくといいですね。