介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

介護家族にとっての「終活」とは

pixta_20872074_S

自分が望む死を迎えるため、そして死を迎えた後に周囲の人が困らないようにするための準備をすることを「終活(しゅうかつ)」と言います。2009年に週刊朝日が造り、広まった新しい言葉です。

終活にはこんなものが含まれます。

介護や医療の計画を立てる

・自分で判断ができなくなった時に介護や医療、見守りはどうしてほしいか
・誰に医療の判断や介護をしてほしいか
・延命処置など看取りをどうしてほしいか
・希望通りの介護や医療を受けるために必要なお金を知る

終焉を考える

・お葬式やお墓の形式を決める
・訃報を伝えて欲しい人を決める
・遺影の写真を決めておく
・葬儀社を選ぶ
・葬儀費用を準備しておく

遺すモノを考える

・財産を整理する
・遺言書を記しておく
・形見を渡す
・住まいを整理する
・自分史や家族への手紙を残しておく

本人のためだけではなく、「残された家族に迷惑をかけたくない」という気遣いが感じられる活動です。そこが「終活」という言葉が誕生してから、あっという間に定着した理由かもしれません。

終活のメリット

親の介護をしている家族からすれば、終活をしてほしいとは思うものの、「言い出しにくい」、「縁起でもない」と感じてしまうかもしれません。

ただし、終活を通して、人生の終わりを見つめなおすことは本人にも大きなメリットがあります。

・自分自身を見つめなおすきっかけになる
・やり直したことなどに気づき、新しい行動を起こすきっかけになる
・家族の経済的、精神的な負担を軽くできる
・不安が無くなる

入棺体験

終活イベントで必ずあるのが、棺に入ってみる「入棺体験」です。とはいえ、どんな棺がいいのかを選ぶためのものではありません。

「生前に棺桶に入ると長生きできる」と昔から言われていますが、そのためでもありません。

棺に入って死を身近に感じることで、「これからどう生きるか」を改めて考えるきっかけとして、終活イベントなどで入棺体験が行われています。

安心介護会員の「終活」

本人からすれば人生の終焉に向けての「終活」ですが、介護をしている家族からすれば、「介護の終わりの準備」となります。

共感広場では、「介護の次に来る大仕事」とも表現されていました。

安心介護の投稿の中に、介護の終わりの準備として終活をした人から、具体的にどんなことをしたのかが投稿されているので紹介します。

介護の終わりの準備していますよ。

親の不用品の整理
保険や預貯金の整理 ← 親はまだ字が書けますので連れて行き、解約したりまとめたり
公共料金の名義人変更

少しづつやっています。

 

順位はつけられないけど、やっといたことと。

★葬儀の見積もり。葬儀屋の緊急連絡先の確保
看取りの後の予想はさっぱりつきませんでしたが・・・・
結果的には看取り、親戚への連絡、葬儀社への連絡・・・
全部ひとりで泣きながらやれましたね。
ケータイとメールがあったのは大きい! 泣きながらでも連絡はできるもんですね。

★親戚のメルアドがわかっていたので、深夜の連絡が楽だった・・・
なにしろ同じ説明を繰り返す必要も、時間を気にする必要もない。今思えばあれはよかった

自分でいうのもなんですが、一人娘で同居の実母を亡くした割には
ずいぶんしっかりやったものです

自分がどうなるかわからなかったので事前準備をしっかりしていただけなんですけど。

 

実際にやったのは
********************************
1.先祖の墓を改葬し、市の納骨堂へ移した。
2.金融機関の整理、保険の確認
3.尊厳死協会入会と家族内の手紙(どこまで延命治療するか?)
4.DMや世間とのつながりの整理(手紙一杯くる)。
5.実家の公共料金の名義変更(父が死ぬと、支払が停止するから)
6.葬式、納骨の準備、(市の納骨堂へ生前契約、写真の選定と葬儀手順作成)。
********************************
生物は必ず死にますから、親、子、親戚ともども「納得する死に方と葬儀」を最後にプレゼントしてあげてください。それが親孝行というものです。前向きに死を迎えることです。実際に死亡すると、猛烈な事務処理やら、気難しい親戚付き合いやら、泣いている暇はないほどの嵐がきます。

 

お墓がなかったので購入しました。建てたお墓を本人にも見せ、墓前で本人の写真も撮っておきました。先祖代々のお墓があればいいのですが、核家族化が進んでお墓がある人も減っているようです。

(引用元)
介護のQ&A「介護の終わりの準備、皆さんしてますか?

終活の始め方

終活の入り口としては、必要なことを書いておいてもらう「エンディングノート」から始めるのが一般的です。

また、全国各地で終活に関連した展示会が行われているほか、イオンが各地で終活フェアを開催しています。親子で足を運ぶ人もおり、終活を考える良いきっかけになっているようです。