介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

廃用症候群とは 原因・症状・対策

廃用症候群とは 原因・症状・対策

廃用症候群とは

廃用症候群は過度に安静にしたり、長期間動かさないでいたりすることで生じる障害です。
他の疾病の治療のために安静にしていることで、特定の器官を動かさないことで発症します。

高齢者は体力が落ちると活動性が低下します。
思うように動けなくなって、ベッドで長期間安静にしていることが、廃用症候群の要因となります。
病気になったり動けなくなったりすれば、寝ていることは自然な行動でしょう。
しかし体を動かさず、特定の器官を使用しないことが、廃用症候群を引き起こしてしまうのです。

廃用症候群の原因

廃用症候群は、高齢者自身が知らないうちに進行してしまうことがほとんどです。
気が付いたときには起きられなくなり、歩けなくなるなどの症状が出ます。

絶対安静の状態で筋肉が衰えたり、精神が低下したりする

高齢になるとケガなどによって、しばらく寝たきりになったり、立てなくなったり、あるいは歩けなくなることもあるでしょう。
絶対安静の状態になって筋収縮が行われなくなると、廃用症候群が起きてしまいます。
高齢者では2週間安静にしていると、下肢の筋肉が2割も萎縮してしまうのです。

また、病院の主な目的は、ケガや病気の治療です。そのため、特に高齢の方の場合、思うように体が動かせない状況の中で、精神状態も低下してしまうことがあります。

関節の動きが悪くなり、更に症状が悪化する

過度に安静にしたり、体を動かさなくなったりすると、筋肉が衰えて関節の動きが悪くなります。
このことがさらに活動性を低下させて、悪循環を引き起こしてしまいます。
ますます全身の身体機能が悪くなり、廃用症候群から寝たきりになってしまうこともあるのです。

廃用症候群の種類と症状

公益財団法人長寿科学振興財団の運営している健康長寿ネットには、廃用症候群の種類と症状として、下記が紹介されています。
症状を踏まえつつ、詳しく確認してみてください。

筋萎縮・・・筋肉がやせおとろえる
関節拘縮・・・関節の動きが悪くなる
骨萎縮・・・骨がもろくなる
心機能低下・・・心拍出量が低下する
起立性低血圧・・・急に立ち上がるとふらつく
誤嚥性肺炎・・・唾液や食べ物が誤って肺に入り起きる肺炎
血栓塞栓症・・・血管に血のかたまりがつまる
うつ状態・・・精神的に落ち込む
せん妄・・・軽度の意識混濁のうえに目には見えないものが見えたり、混乱した言葉づかいや行動を行う
見当識障害・・・今はいつなのか、場所がどこなのかわからない
圧迫性末梢神経障害・・・寝ていることにより神経が圧迫され、麻痺がおきる
逆流性食道炎・・・胃から内容物が食道に逆流し、炎症がおきる
尿路結石・尿路感染症・・・腎臓、尿管、膀胱に石ができる、細菌による感染がおきる
褥瘡(じょくそう)・・・床ずれといわれる皮膚のきず
引用元:公益財団法人長寿科学振興財団「健康長寿ネット」

廃用症候群になってしまった場合の対応方法

過度な介護・介助は避ける

廃用症候群の徴候が見られたときは、過剰な介護・介助をしないようにしましょう。
着替え、排泄、移乗など、身の回りの動作はできるだけ自分でやってもらうようにします。
家事や趣味、社会参加などを積極的に行うようにして、自分で動く機会を増やすことが大切です。

歩ける機会を作る

高齢になると「とにかく安静にしておくのが一番」と考え、例えば杖を使えば歩けるのに、
車椅子に頼ってしまうといったことがあります。
しかしこれでは、体はどんどん動かなくなってしまうでしょう。

リハビリを受ける

病院では急性疾患などに伴う安静によって廃用症候群に陥った場合、その特性に応じたリハビリテーションを実施しています。詳しくは主治医に相談をしてみてください。

自宅で寝たきりや安静にしている時間が長い場合、廃用症候群の予防や改善を目指して訪問リハビリを受けるという方法があります。

本人に体を動かす気を出させる

また、本人にやる気がなくなることで、廃用症候群の徴候が出てくることがあります。
そうした場合には本人と相談して、具体的な目標を決めて支援するようにしましょう。
体を動かすということに対し、前向きな気持ちを持ってもらうことが重要です。
介護者に甘えて意欲を失わせることのないよう、注意しましょう。

もし本人がリハビリなど体を動かす気になれない場合には、リハビリを行う作業療法士や医師、看護師などの手を借り、家族以外から本人に働き掛けてもらうことも大切です。
>>「リハビリ拒否」に対し、周囲はどう対応すればよい?

過剰な介護は寝たきりを助長してしまうことがあります。
ゆっくりと親切に接しながら、自立心を大切にして介護してください。

骨密度が低下している場合は運動指導を

骨密度が低下している高齢者に対しては、骨折予防のためにも運動指導が大切です。
このときは、筋力やバランス、柔軟性、歩行能力など、身体能力の改善を目標としましょう。
これによって、転倒防止が期待できます。

廃用症候群を予防するには

マッサージをする

固まった筋肉をほぐして血流を改善します。
血管に沿ってマッサージをすれば、血液が心臓へと戻っていくでしょう。

▼マッサージを利用した介護家族の声

母は昨年12月に特養に入りましたが、今も訪問マッサージに来てもらっています。
入居者さんの中には他にもたくさん訪問マッサージを利用している方がいらっしゃいます。

それぞれにしていただく内容は異なりますが、私の母については、今までの事情を説明したところ、マッサージだけでなく、足の運動もしてくださいます。

また、慣れてきたら更に立つ練習も取り入れていきましょうと言ってくださっています。
とても親切で、上手におだてて運動させてくださいますよ。

費用は医療保険が利用できますので、少額でOKです。
交通費が必要になりますが、他にも利用者さんがいらっしゃる場合は、その分少し減額になることもあります。
引用元:介護のQ&A「特養でのリハビリについて

出来るだけ体を動かす

廃用症候群の予防のためには、できるだけ体を動かすことです。
元気なときは起き上がるようにして、同じ姿勢を続けることのないように配慮してください。

安静時でもベッドに寝たまま足を回したり、手足をもみほぐしたりすることで予防に繋がります。

入院中の廃用症候群の予防について、専門家からはこんなアドバイスが投稿されています。

廃用症候群は進行するものなので、理学療法士の方などに体が拘縮しないように動かす方法を教えてもらってhikaruさんも面会時行えると良いかと思います。
(専門家ごまさんの回答)
引用元:介護のQ&A「廃用症候群でしょうか?

精神的に落ち込まないようにしてもらう

入院を始めた高齢者は、慣れない病院での生活に不安を感じて、精神的に落ち込むことがあります。
そんなとき介護者はやさしく接して、よく話しかけてあげましょう。
精神的なケアをすることで、廃用症候群の予防に繋がります。