介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

誤嚥を起こしにくい食事の姿勢のとり方

誤嚥を起こしにくい食事の姿勢のとり方

正しい姿勢の食事で誤嚥を防ぐ

高齢者の食事で特に注意しなくてはならないことに、誤嚥事故があります。
誤嚥とは、食べ物などが誤って喉頭や気管に入ってしまうことです。
>>誤嚥とは 原因・症状・対策

誤嚥がきっかけで起こる誤嚥性肺炎で亡くなる高齢者の数はとても多く、万全の対策が必要です。
>>誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策

誤嚥の防止に重要なのが、食事の姿勢です。
身体の状態によって食事中にとれる姿勢には制限がありますが、誤嚥を防止するには、少し前かがみの姿勢が理想的です。

タイプ別 誤嚥をしにくい、食事の姿勢

できるだけイスで食事をすることが大切です。
そして、足で床を踏ん張って、少し前かがみの姿勢が食事を摂るときには理想的です。

しかし、イスで食事をする事ができないケースももちろんあります。
ベッドの場合でも、イスに腰掛けている状態にできるだけ近づけてあげるようにしましょう。
そして最も大切なことは、食事をゆっくり摂り、誤嚥などの事故が起こらないようにすることです。

イスに腰掛けて食事を摂る場合

イスに腰掛けて食べる場合は、座面に浅く腰かけて両足を床にしっかり付けるようにしましょう。

img_cp_1-1

足で踏ん張って体がイスからずり落ちないような体勢になると、自然と前かがみの姿勢になります。

img_cp_1-2

この姿勢で食事を摂ると、食べ物が気管に入りにくくなります。

車イスで食事を摂る場合

車イスに腰掛けて食事を摂る場合にも、基本的にはイスに座っている場合と姿勢の作り方は同じです。

車イスの足を置くフットレストから、足を床におろすようにしましょう。
足をおろして床を踏ん張れる姿勢にすると、前かがみの姿勢になって食べやすくなり、誤嚥を防止できます。

忙しさからついつい、車イスのフットレストに足を乗せたまま食事をさせてしまう場合が少なくありません。しかし足を床におろすことで、食べられる食事量も変わってくるはずです。

また、身体のサイズに合った車椅子を選ぶことも大切です。

ベッドの上で食事を摂る場合の姿勢

ベッドの上で食事をとる場合にも、足を踏ん張れるような姿勢を作ることが大切です。

膝の裏にクッションを置き、足の裏にクッションや台などを置いて踏ん張れるようにします。ベッドの上ですが、下半身はイスに座ったような形となります。

具体的な体勢の作り方は、日本訪問歯科協会が公開しているこちらの動画で分かりやすく解説されています。

こういった姿勢を取ることで腹筋に力が入り、嚥下しやすくなります。

▼自分で食事をとるのもポイント

ベッドをジャッキアップして背もたれを作り、食事を摂る姿勢にします。
また、上半身が起き上がっているため食べ物が逆流しにくくなり、誤嚥の可能性も少なくなります。

垂直に背もたれが起こせない場合は、30度だけ背もたれを起こして食事してもらいましょう。
30度の傾斜でも、できるだけ自分で箸やスプーンを持って食べるように工夫します。
その方が自分で食べようとするため、誤嚥の可能性が低くなるはずです。

自分で食べようという意志がある人には、できる限り背もたれを起こした姿勢で食事を提供するようにしてください。

誤嚥を防ぐために気を付けたいこと

食事は人間の三大欲求であり、自分の意志・自分の手で食べることは、誤嚥事故の防止にもなるでしょう。
排泄とあわせ、食事はできるだけ自分の意志で行える状態にしてあげることが大切です。

自助食器を使う

体の不自由な方のため、食事しやすく工夫された食器のことを「自助食器」と呼びます。自助食器は箸がうまく使えない、あるいは麻痺などで片手でしかスプーンが持てない場合でも、自分で食事ができるように工夫されています。
>>高齢者向け“漆器”で食事をより楽しく~元アイドルプロデュースから伝統工芸まで
>>「認知症の人が食べやすい食器」をおばあちゃんのために開発した女性

滑りにくい食器

例えば器の底面に滑り止めが付いていて、片手でも食事がしやすい食器があります。
スプーンで押しても、食器がテーブルから滑らないようになっています。

食事を口に運びやすいスプーン

スプーンのすくう部分が左右どちらかに曲がっており、食べ物を口に運びやすいよう工夫されたタイプのスプーンや、握りやすいようにカーブのついたものもあります。

持ちやすいスプーンやカップ

持ち手部分を持ちやすい形や滑りにくいシリコン素材にしたスプーンやカップなどがあります。身体状況に応じて使い分けるようにしましょう。

また、食器そのものではなく、取り付けるタイプの滑り止めアイテムや持ち手アイテムなどもあります。

とろみ食など飲み込みやすい食事にする

食べ物や水分にとろみをつけたり、ゼリー状にしたりして、飲み込みやすく誤嚥しにくいように工夫をしましょう。とろみがついていても、細かい粒などが入っているとむせてしまうことがあります。
>>介護食(柔らか食、とろみ食)とは

自宅で調理する場合には、片栗粉や市販のとろみ材を使用するといいでしょう。
>>水分補給に欠かせない! 在宅でのとろみ付けを上手に指導するコツとは[PR]

また、高齢者向けの食事宅配サービスでは、噛む力や飲み込む力に合わせた食事を頼むことも可能です。
>>高齢者向け介護食(やわらか食・とろみ食など)の食事宅配サービスとは

そのほか、市販の高齢者向けのレトルト食品などもあります。
>>介護食のレトルト商品 種類と選び方
>>レトルト食のすすめ【漫画:介護と向き合う】

傾眠中の食事に気を付ける

特に認知症の高齢者によくみられる、”傾眠”または”傾眠傾向”という症状があります。これは日中にウトウトした状態が続くことです。
>>傾眠とは 原因と対策、注意点について

この状態での食事を摂ると誤嚥のリスクが高まりますが、栄養や水分を補うために食事を避けるわけにはいきません。目を覚ました状態のときにすぐに短時間で食べられ、栄養の高い食事を用意しておくといいでしょう。

一度主治医やケアマネジャーに相談をしてみてください。

高齢者にとって食事は重労働。ぜひ配慮を

不自由な手で食事を摂るのは、高齢者にとってかなりの重労働です。
食事が途中で止まった場合は、「手伝いましょうか?」などと声を掛けてあげましょう。
見守りながら、できるだけ自分で食事ができるように配慮してあげることが大切です。

また、食べこぼしを防ぐことも食事を楽しむポイントです。
>>食事介護の食べこぼし対策