介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

おむつを外してしまう場合の対処法

足腰が弱って自分でトイレに行けなくなったお年寄りには、どうしてもおむつをつけなくてはなりません。
在宅介護をしている高齢者の家族には、そのための負担がのしかかってきます。
介護している側からすると、漏らしてしまって大変だからとおむつをつけさせることになるでしょう。
しかしこれが、高齢者からすると非常に不快に感じることが少なくありません。
そのため、しょっちゅうおむつを外してしまう人もいるのです。

おむつを外させないようにしたい

失禁してしまった場合には、気持ちが悪いので外してしまう気持ちも分かるでしょう。
しかし、排泄していないのに外してしまうことが多いと、介護する側は「どうしてだろう?」と疑問を感じてしまうことがあります。
おむつをつけること自体に、抵抗感がある高齢者は少なくありません。
高齢者は体が不自由になっていても、プライドは残っているのです。そのため、そのプライドが「おむつを外す」という行為として表れています。おむつを外させないようにと考えることは、あくまで介護する側の気持ちです。一方的におむつを強制することは、高齢者に対して失礼なことといえるでしょう。

まずは、高齢者の気持ちを考えることが大切です。

おむつを外してほしくないときに役立つ方法

とはいえ、失禁などがあれば介護する側の負担も増え、ストレスにも繋がってしまいます。どうしてもおむつを外してほしくないときには、次のような方法を試してみてください。

おむつを反対につける

おむつを普通とは反対になるように、テープ部分が後ろにくるようにつけます。こうすることで、簡単には外せなくなります。

リハビリパンツを履かせる

おむつをつけた後、おむつの上からリハビリパンツを履かせましょう。するとおむつがリハビリパンツの下になり、先にパンツを脱がないとおむつが外せなくなります。

ミトンをつける

手にミトンをつけさせます。つなぎの着用で悩んでいる人にもおすすめです。

衣類で工夫する

img_cp_2-1

オムツいじり対策用のオムツホルダーや寝巻きなど、色々試してみるといいかもしれませんね。

おむつ対策用衣類一覧

つなぎタイプの寝巻

 

おむつホルダー



おむつのタイプを変えてみる

違和感を感じているようであれば、オムツをパンツタイプのものに替えてみたり、メーカーを変えてみたりするのも良いでしょう。

また、当て方やサイズも合っていなければ違和感の原因となります。ご自身で判断の付かない場合は、専門家に相談してみましょう。

タイプ別のおむつ一覧

パンツタイプ

【箱買い】はくパンツ 夜用スーパー MLサイズ

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

テープ・パンツ両タイプ

【箱買い】へんしん自在ピタッチパンツ ML 4袋(1袋14枚入り)

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

テープタイプ

【箱買い】簡単テープ止めタイプ Mサイズ

item_cp_3-2btn_goto_khdetail_n

外せないようにするのではなく他のサポートと連携する

おむつは、介護による負担を軽減するという意味合いも持ちます。
しかしあまりに負担が大きいのであれば、訪問介護などを利用して介護者が休める時間を作るのもひとつの方法です。

たとえば夜間に訪問介護を利用して、夜間はパッドやおむつの交換を引き受けてもらう。そうすれば、介護している家族はゆっくり休むことができるでしょう。反対に昼間に訪問介護を利用すれば、気兼ねなく仕事や買い物に出かけられます。
介護する側とされる側が、お互いに気持よく生活できるように考えてみてください。