介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,913件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

トイレに間に合わないときの対策

介護の中でも、手がかかるもののひとつが排泄介助です。

実際に在宅介護をしている人の多くが、排泄介助を「大変だ」と感じています。
>>トイレを使った排泄介護の注意点と方法

他の介助とは異なり、排泄は1日に数回という頻度で行われます。

要介護者の状態にもよりますが、特に認知症を患っている場合は、トイレ以外のところで排尿する、便を触る、おむつを勝手に外してしまうなどかなり深刻な悩みを抱えているのが現状です。
>>認知症による“排泄の失敗”に悩んだ時に試してほしい対処法

認知症が原因ではなく、ただ排泄が「間に合わない」となると、本人の自尊心を深く傷つけることになるでしょう。

さらに環境悪化や臭気など、物理的な問題も多く発生します。
今回はトイレを間に合わせる方法について紹介します。

トイレに間に合わせる方法

トイレ時間を把握する

1日のうち、トイレに行く回数や間隔はだいたい決まっています。
まずは数日間メモを取り、傾向を把握することが大切です。

排泄のリズムをつくると同時に、トイレに行きたいとき”どんなサインを出しているか”を観察してみましょう。

日々の動作・しぐさからトイレのサインを察知できれば、漏らしてしまう前にトイレに連れ出してあげることができます。

例えばこんなサイン

落ち着きがない

item_cp_3-2

目が泳いでいる

item_cp_3-2

何か言いたそうにしている

item_cp_3-2


時間を見計らって定期的に声をかけることで、失敗を減らせます。

特に水分を多く摂った時には、普段より短い間隔になるので注意してあげましょう。

また、週に2回、3回の訪問看護に入ってもらい、排便のコントロールしている方もいるそうですので、ケアマネージャーに相談してみて下さい。

早めの誘導

こまめに声を掛け、ある程度の時間が経てば、たとえ本人が「したくない」と言ってもトイレに連れていくようにしましょう。

尿意がなくても、トイレに座れば多少は出るはずです。

声をかけるタイミングの目安はこちらです。
・起床時
・朝食後身支度が出来てから
・昼間は、2・3時間置きくらい
・就寝前にもう一度

ただしあまり頻繁に声をかけてしまうと、自尊心を傷つける可能性もあるのが注意点です。

さりげなく、「自分がトイレに行くから一緒にどうですか?」などの誘い方がおすすめです。

img_cp_1-1

下ろしやすい下着やズボン

せっかくトイレに行っても、ズボンや下着を下ろすのに時間がかかってしまい、結局は漏らしてしまうということが少なくありません。

そのため、ウエストがゴム状で上げ下げしやすいものなど、できるだけ本人が下ろしやすい下着やズボンを着用させましょう。

また、本人の身体の状態にあわせて選べるリハビリパンツには、紙おむつタイプのものだけではなく、パンツのように上げ下げするものがあります。高齢者用なので本人が下しやすいのが特徴です。

環境を整える

トイレにスムーズに行けるように、こんな点に気を付けて環境を整えてみましょう。

・通路に障害物を置かない

廊下や通路に障害物があると、トイレまでスムーズに行けず漏らしてしまうことがあります。
狭い家の中でも、車いすや人が通るスペースの確保が肝心です。

・トイレまでの距離を近くする

いつもいる部屋からトイレまでの距離が遠すぎると、行くまでに時間がかかってしまいます。
住宅事情も関係するため難しいケースもありますが、トイレが近くにあれば、安心感と身体的な疲労を軽減できます。

また、トイレまでの廊下やトイレ内に手すりを設置するだけで、行くまでの時間を短くできるかもしれません。

・貼り紙でトイレヘ誘導

トイレの場所を「忘れてしまった」、「勘違いしている」ために間に合わない場合は、トイレに大きく「便所」と書いた紙を貼ったり、よくいる部屋からトイレへまで紙を貼って誘導しましょう。

トイレを「行きやすい」、「目につく」、「快適にする」ことで失敗が防げるかもしれません。

深夜のトイレ対策

夜中に目を覚まして介護者の目が届かない間にトイレに向かい、失敗するのを避けるためには、「デイサービスに行く」、「家の中でちょっとした軽作業をしてもらう」、「散歩をしてみる」などの方法で、日中の活動量を増やし、夜にしっかり眠れるようにするといいでしょう。

また、夜は身体も思うように動かず、間に合わない可能性があるだけではなく転倒などの心配もあります。

夜だけリハビリパンツやパット、紙おむつを勧める声が専門家からも上がっています。 

緊急用としてポータブルトイレを設置する

余裕がある時は、もちろんトイレまで行けばよいでしょう。

しかし急な尿意や便意をもよおした時、または夜間用としてポータブルトイレを置いておくのもよい方法です。ポータブルトイレは特定福祉用具として、購入時には介護保険が適用されます。
>>特定福祉用具販売とは 特徴と使い方

万が一の時にポータブルトイレがあるというだけで、要介護者も介護する側も安心感が得られます。

また、最近は部屋で使える手軽な水洗トイレもあり、注目を集めているようです。

トイレの失敗が続き、自信を失ってしまっているようなら、ポータブルトイレの導入を考えてみてはいかがでしょうか?
>>ポータブルトイレの使い方