介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

192,517件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

大人用おむつとは 種類と選び方

大人用おむつとは 種類と選び方

大人用おむつは、寝たきりで介護が必要な方だけでなく、さまざまな場所で使用されています。その種類も用途に応じて豊富。介護用おむつとしての用途はもちろん、普通に用が足せるけれども失禁が多い場合や、夜尿症、下痢が多い際などにもおむつが使用されます。

では、どのようなシーンで、どのようなタイプの大人用おむつがおすすめなのか。種類を踏まえながらご紹介しましょう。

大人用おむつとは

主に要介護度の高い寝たきりの高齢者などに、大人用おむつが使用されます。また寝たきりではなくても、失禁の頻度が多い場合などでも、念のためにおむつを着用することがあるでしょう。特殊なケースでは、長い間飛行する戦闘機のパイロットや宇宙飛行士などもおむつを付ける場合があります。

薄い素材でありながら、大量の水分を吸収するタイプ。また、はいていることがわからないような薄型タイプなど、大人用おむつは時代とともに進化しています。

大人用おむつの種類

失禁パンツ

自分の意志ではコントロールできずに尿漏れしてしまう「失禁」。くしゃみなどで出てしまう、ちょっとした尿漏れに悩んでいる方は多くいます。失禁パンツの場合は、尿を吸水・消臭する機能付きパッドがついている、軽くてシンプルな作りのものが主流です。また、下着と薄い吸収パッドが一体になったものなどもあります。見た目が普通の下着と変わらないタイプや、デザインにこだわりのあるタイプなどさまざまです。

失禁は「軽失禁」「中失禁」「重失禁」の3段階に分類されます。尿の量によって吸水パッドの性能が異なっており、吸水能力によって3つのタイプに種類分けしているメーカーもあるようです。

サポーター(アウター)

サポーター(アウター)とは、内側の尿や便を吸収するパッドを固定して装着するものです。テープ止めタイプのものが主流で、吸収力のある大きなパッドの固定も可能。比較的、長時間にわたって装着する際に使用されます。

普通の下着のように違和感なく使用できるものが多いです。

パッド(コンパクトタイプ)

コンパクトタイプのパッドは、主に失禁用のおむつや短時間用、お昼用のおむつに使用されるパッドです。洋服を着ていれば、外からはわからないデザインになっています。軽くて薄いパッドなので付け心地も軽快です。

男性用排尿管理システム

男性用排尿管理システムは、ペニスの尿管に管を装着して尿を専用パックに貯める仕組みになっています。外出の際やリハビリの時などによく使用されますが、本来は車イスの方が自立した生活が営めるように開発されたものです。

また、寝たきりの方にも採用されており、介護者の手を煩わせることなく排尿ができます。しかし、要介護の方に尿意があるうちは、できるだけ尿器に用が足せるように工夫して介助してあげましょう。

パンツタイプのおむつ

このタイプのおむつは、介助すれば自分でトイレまで行け、パンツをおろして排せつできる程度の要介護者におすすめです。一人でトイレに行けるけど、少しだけ不安だという方にも向いています。

尿は2回程度まで吸収できる薄型のパッドや、長時間用の厚型パッドでも利用できます。

テープタイプのおむつ

寝たままでも交換がしやすいため、主に寝たきりの方に使用されることが多いおむつです。パンツタイプと比べると、寝たままで蒸れにくいという利点があります。

介助者にとっても、吸水力が高いため交換回数が少なくて済み、パンツタイプよりも交換の手間もかかりません。ただし、他のタイプのおむつよりも比較的高価です。

パッド(インナー)

サポーター(アウター)やパンツタイプおむつ(アウター)の内側に装着して使用する吸水パッドです。オムツ全体ではなくパットの交換だけできるので、経済的。外出時にも便利です。

吸水量などはさまざまなので、利用者の用途や使用時間などにあわせて選ぶようにしてください。

大人用おむつの選び方

要介護者と介助する側がともに快適に生活できるように、大人用おむつの機能を理解して組み合わせることが大切です。

基本的に介助があればトイレまで移動ができ、パンツが下せるのであればパンツタイプのおむつを使用します。ただし、夜間などは漏れにくくて吸水力の高いテープタイプにするなどの工夫をして、トイレの失敗を防ぎましょう。

長時間用パッドと漏れにくいアウターを組み合わせる、あるいは軽くてはき心地の良いアウターと薄いパッドを組み合わせなど、要介護者の体調や生活リズムにあった組み合わせを工夫するようしてください。

また、高齢者の排泄環境を整え、調整するのもケアマネジャーの大切な役割です。大人用おむつ選びに迷ったら、相談をしてみるといいでしょう。

大人用おむつの経済的負担を軽くする方法

医療費控除を上手に活用

医療費控除は、確定申告の際に申告することにより所得税の一部が還付される制度です。
>>医療費控除とは

病院での治療代や薬代などの医療費の合計が、世帯ごとに年間で10万円、または所得金額の5%を超えた場合に申告できます。大人用紙おむつも、一定の手順を踏めば医療費として申告することが可能です。

医療費控除の対象者

大人用おむつのうち、医療費控除の対象となるのは「紙おむつ」と「パット類」です。

また、「傷病によりおおむね6か月以上寝たきりで医師の治療を受けている場合に、おむつを使う必要があると認められるとき」とされており、医師が発行した「おむつ使用証明書」が必要です。「夜間や外出時だけおむつを利用している」「自力でトイレに行けるが予防的におむつを着用している」などの場合には医療費控除の対象となりません。

医療費控除の計算方法

医療費控除が申請できるのは下記の金額が

・10万円以上
または
・総所得金額などの5%の金額(その年の総所得金額などが200万円未満の人)

の場合に医療費控除の申請が可能です。

11

 

大人用おむつを医療費控除で申請する手順

まず、医師に「おむつ使用証明書」を発行してもらいます。紙おむつ購入時には、使用者の氏名が書かれた領収書を発行してもらい、きちんととっておきましょう。

確定申告期間(毎年2月16日~3月15日まで)を行う際に、あわせて医療費控除の申請を行います。

介護保険の要介護認定を受けている方の場合、2年目以降に必要な書類が変わってきます。詳しくは税務署にご確認ください。

自治体ごとに助成制度も

各自治体によっては大人用おむつの助成制度が用意されています。

詳しくはケアマネジャーや各自治体の高齢者窓口、地域包括支援センターに確認をしてみましょう。

大人用おむつを使った介護の方法

寝たきりの要介護者の場合は、寝たままでも装着が簡単なテープタイプのアウターがおすすめです。

また、軽い尿漏れなどであれば、内側のパッドだけを交換するなどして手間を省くことができるでしょう。介助される側に立った、自尊心を傷つけない介助の配慮も大切です。
>>大人用おむつの使い方