介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

189,913件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

杖の種類と選び方

杖の種類と選び方

足の痛みや機能障害などで歩行が困難になった人は、杖を使って体を支えながら歩行します。ここでは、そんな杖について見ていきましょう。

杖とは

杖とは、体を支えるために使われる細長く真っ直ぐな道具です。自分の足の長さ程度のもので、手で持つのに適しています。木製のものがほとんどですが、象牙や金属のものもあります。日本語の杖にはステッキの意味も含まれていますが、元来は農具だったといわれているものです。

杖の役割

杖には、次のような役割があります。

3本目の足になる

杖が3本目の足になることで、歩行が安定します。

支持面積を広くする

足を揃えているときより、開いて立っているときの方が安定感が増します。杖をつくことでさらに面積が広くなるため、より高い安定感を得られるのです。

荷重の軽減と免荷

荷重をかけないよう、免れるようにします。これによって、足に痛みがある人は膝や股関節への負担を減らすことが可能です。

探索機能

視覚障害のある人が利用すると、手で触れることができない遠くのものに気付くことができます。杖の先にある障害物や溝、段差などが、杖からの感触で分かるのです。

心理的効果

杖を持つことで安心感を得られ、足のこわばりが軽減します。バランスを崩したときの支えにもなり、足が悪いという自覚も持てるでしょう。すると、歩行時に無茶することがなくなります。

杖の種類

杖にはさまざまな種類があります。代表的なものを、ここでご紹介しましょう。

一本杖

シャフトがグリップと繋がり、1本になっています。ただしグリップの形状にも種類があり、例えば「銘木」と呼ばれる希少木材を使った高級品の杖は、そのほとんどが一本杖です。長く愛用でき、杖職人が作る杖は多くがこのタイプです。

折りたたみ式杖/伸縮式杖

折りたたみ式杖は、シャフトが4〜5つに分かれています。この各シャフトを、ゴムひもやワイヤなどで連結して使用する杖です。旅行に持っていくなど、収納時は折りたたんでバッグの中に入れておけます。そのため、持ち歩きに便利でしょう。組み立てや折りたたみは簡単にできます。「念のために持っておこう」「そろそろ杖を使い始めようかな」という人にも適した杖といえるでしょう。

ロフストランド杖

一本杖では下腕力が弱く、体重を支えることが困難な場合があるでしょう。そんなとき、このロフストランド杖が使われます。杖の上部が握りの上まで伸びるようになっており、そこに前腕カフが設けられて腕を通して固定します。握りと前腕の2点で支えますので、腕の力も使えて握力がない人でも使用可能です。また、片手しか使えない人でも、前腕カフで杖をさげて作業ができるでしょう。下半身麻痺や骨折、捻挫、股関節症などがあっても使える杖です。

松葉杖

松葉杖は、通常2本1組で使います。松葉型をした2本の支柱の上部より脇当てがあり、途中に握りがあります。重い体重を支えるのに適した杖で、安定性に優れています。骨折などで片足に体重がかけられない場合や、足の筋力が衰えた場合などに使われます。使用時には、握りの高さと脇当ての高さを調節して、自分の身体に合わせることが大切です。下半身麻痺、骨折、捻挫、股関節症などの障害がある人に適しています。

多脚杖

多脚杖は一本杖よりも、より安定を求めて作られたものです。把手は一つですが、脚が4本または3本に分かれています。着地面積が広いので、安定性が高いことが特徴です。体重をかけても倒れにくく、立つ姿勢の悪い人の歩行訓練にも使われています。

杖の選び方

杖を選ぶ際には、次のようなポイントに気をつけてみてください。

1)軽くて丈夫な杖を選ぶ

杖が重い、ガタガタするという状態では、痛みや故障のある足を十分に補助することができません。杖を選ぶときは、軽くて丈夫な杖を選ぶことが大切です。

2)身長に合った長さの杖を選ぶ

杖の長さは、使う人の身長に合わせて選びます。長さの合っていない杖は、使っていても安定性がなく非常に危険です。適切な長さについては、専門家や専門ショップのスタッフに聞いてみましょう。

3)握りやすいグリップを選ぶ

グリップは握る部分ですので、やはり握りやすいものを選ぶことが重要です。大きめのものから小さめのものまでありますので、実際に使用者が握ってみましょう。

杖の入手方法

杖は、福祉用具貸与の対象です。そのため要支援1以上の人は、1割負担でレンタルできます。レンタルを希望する場合は、地域包括支援センターやケアマネージャーに相談しましょう。

ただし杖は、すべてが福祉用具貸与の対象というわけではありません。購入前には、対象であるか否かを確認するようにしてください。尚、杖の価格は3000円から3万円程度までさまざまです。