介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

トイレの介護リフォームの方法

トイレの介護リフォームの方法トイレは住宅のリフォームの中で、特に関心度の高い場所と言えるでしょう。特に体が不自由な方や要介護度の高い方にとってはなおさらです。

どのようなリフォームを行えば、より快適なトイレになるのか。あるいは、体の不自由な人にどのようなトイレが使いやすいのかは、介護する側にとっても気になるところです。

ここでは、さまざまな具体例を参考にしながら考えてみましょう。

トイレの介護リフォームとは

体が不自由になってもっとも困ることは、食事とトイレと入浴の問題でしょう。たとえ体の自由が利かなくなっても、特に下の世話を他人にしてもらうのだけは避けたいと誰しも思っているはずです。

そこで、体が不自由になっても安心して利用できるような、トイレのリフォームが求められてきます。トイレまでの動線に段差はないか。あるいは、トイレでは快適に用が足せるかなど。さまざまなポイントと照らし合わせながら、トイレリフォームを行いましょう。

トイレの介護リフォームのチェックポイント

以下に、トイレをリフォームする際に注意したいチェックポイントをまとめました。

・トイレまでの動線に段差はないか、車イスでの通行に支障はないか

・トイレの扉は開閉しやすい扉になっているか

・利用者の自由度がきかない場合、トイレまでの距離は短いか

・車イスからスムーズにスライドできる高さの便座か

・車イスからのスライドや腰の上げ下げがしやすいように手すりは設置されているか

トイレの介護リフォームのチェックポイント

段差をなくし、引き戸変更したリフォームのイメージ

>>トイレの介護リフォームをお考えの方はこちらから(相談無料)

トイレの介護リフォームの方法

手すりの設置

トイレの手すりは扉の開け閉めする際と、便座への腰の上げ下ろしに必要です。ドアの前には縦型の手すりが、また、便座に腰を上げ下ろしする際にはL字型の手すりがあると便利でしょう。

トイレ用手すり

>かいごDB(アメニティバーディンプル L型)

補高便座の設置

補高便座は、従来の便座に付け足して便座の位置を高くしています。膝が痛くて自由が利かない方や、関節リュウマチの方の膝への負担を軽減してくれる用具です。

補高便座

>かいごDB(安寿 ソフト補高便座)

自動昇降機の設置

トイレに自動昇降機を設置することで、便座が自動的に昇降し、腰の上げ下げをサポートしてくれるタイプの便座です。別名「トイレリフト」とも呼ばれ、車イスを利用いていれば楽にスライドできるよう高さが調節できます。

便座昇降機(トイレリフト)

便座昇降機(トイレリフト)の昇降イメージ

>かいごDB(便座昇降装置おしリフト)

トイレリフォームの価格

トイレ自体のリフォームではなく主にトイレに付随する手すりや昇降リフト、介助用の手洗い器などの設置でしたら、10万円から20万円の範囲内で行えます。またアームリフトのついた昇降式のトイレへの切り替えでは、設置工事費込みで20万円ほどの価格でリフォームが行えます。

>>トイレの介護リフォームをお考えの方はこちらから(相談無料)

トイレリフォームに活用可能な補助制度

トイレリフォームには、介護保険が適用されます。上限20万円以内の工事費や購入代金に対して、1割または2割の自己負担となります。ただし、介護保険が適用されるのは、要介護や要支援の認定を受けている方のみです。

また、高齢者住宅改造助成制度が設けられている地方自治体もあります。この場合は、要介護や要支援の認定を受けていなくても、介護保険とは関係なく最大50万円まで補助が受けられます。住んでいる地域の自治体によって内容が異なるため、リフォームを実施する前に役所などで確認しておきましょう。

トイレの介助方法

トイレの介助方法は、要介護者の健康具合によって異なります。大切なことは、できるだけ要介護者の自尊心を傷つけない配慮です。自分で歩行してトイレに行ける場合は、付き添い介助の必要はありません。また、車イスから便座に移動する際に介助が必要ならば、介助して便座に腰掛けてもらった段階で一度トイレから離れましょう。用を足すのを待ってから、また車イスへ移動する介助を行うようにします。

自分でできる範囲を、少しでも広げるようなサポートが理想です。

>>ご家族をサポートする介護リフォームをお考えの方はこちらから(相談無料)