介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

187,956件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

松葉杖とは

松葉杖とは

松葉杖とは

松葉杖は横木と垂直部分の支柱、持ち手(グリップ)で構成されています。横木を両脇ではさんで持ち手(グリップ)をしっかり持ち、支柱で地面を踏ん張って体を支えましょう。主に骨折などで片足が使えない時や、踏ん張ることはできるが歩行が不安定な場合に使用します。

松葉杖の役割

松葉杖は体を支える支点を増やして、転倒を防止する役割を持っています。また、両脇にはさんだ横木と持ち手(グリップ)を支えにして、体重を移動させて歩行を可能にしてくれます。

松葉杖の選び方

松葉杖を選ぶ際には、松葉杖で支えて立った時に、両脇の高さに横木がくる高さの松葉杖を選びます。最近は高さ調節ができるタイプもあるので、そちらを選び適切な高さに調節するのも良いでしょう。また、グリップの位置も、しっかり持てる位置にあるタイプを選んでください。

松葉杖の使い方

二点歩法

方向がそれほど困難でない場合は、松葉杖で2点を支えながら歩きます。

同時引き摺り歩法

両足が不自由な場合、両足で地面を支え松葉杖を前方について体重移動させながら移動する歩き方です。

三点歩法

左右どちらかの足が骨折などで使えない場合、残った足と2点の松葉杖の支点の3点で歩行する方法です。

松葉杖を使う場合の介助方法

基本的には、自立歩行が行える状態で松葉杖を使用されます。そのため、軽く手を添える程度の介助でかまいません。もし倒れそうになったら、そっと支えてあげてください。

松葉杖のよくある質問

「身体の筋力が落ちていても松葉杖は使用できますか?」

松葉杖は、上半身の筋力がしっかりしていなければ体を支えられません。なお、足が多少不自由でも上半身がしっかりしている場合は、松葉杖の補助で歩行が可能です。