介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

玄関の介護リフォーム

玄関の介護リフォーム

住宅で一番大きな段差があるのは玄関です。玄関での転倒によって怪我する高齢者は多く、玄関のリフォームは早急の課題でしょう。転倒による骨折などの怪我は、寝たきりになる原因として2番目に多いと言われています。ここではそんな玄関について、事例を交えながらリフォームのポイントを解説していきましょう。

玄関の介護リフォームの目的

住宅の中で、体が不自由になると不便を感じやすい玄関まわり。段差が大きく、地面には石やコンクリート、タイルなどの硬い素材が使われていることが多いため、転倒した際には怪我の起こりやすい場所でもあります。玄関の介護リフォームは高齢者が不便なく移動すると共に、そうした怪我を防ぐことを目的とするものです。

玄関の点検ポイント

段差

玄関の段差は高齢者など体の不自由な方にとって大きなハードルです。玄関の段差をなくしたり小さくしたり、車イスの場合にはスロープを付けるなどのリフォームが必要となるでしょう。

住宅改修(スロープ)の例

>>段差の介護リフォームをお考えの方はこちらから(相談無料)

適切な位置に手すりはあるか

玄関は段差があって地面が硬いため、ちょっとした転倒でも大怪我につながります。適切な位置に手すりがあれば、転倒を防止することができるでしょう。また手すりがあれば、玄関の段差の上り下りも楽になります。

>>手すりの取り付けをお考えの方はこちらから(相談無料)

扉は簡単に開け閉めができるか

玄関扉には、大きく分けて開き戸と引き戸の2つのタイプがあります。リフォームにおいては、開け閉めが容易な引き戸の方がおすすめです。

玄関から出てスムーズに通りに出られるか

玄関から出てすぐに階段などがあれば、とても不便に感じるでしょう。車イスでは、そのまま進むさえできません。また、たとえスロープが設けられていても、車イスで通行するためには十分な幅が必要です。階段が長くてスロープなどの工事が行えない場合は、電動リフトを取り付けるなどの代替案を考えてみてください。

靴が簡単に履けるか(脱げるか)

玄関で楽に靴を脱ぎ履きできるよう、工夫してリフォームを行いましょう。ちょっとした腰掛けや、玄関イスがあるだけでも大きな改善になります。

玄関のリフォームに使える商品

玄関イス

玄関で靴を履いたり脱いだりする際に、とても便利なイスです。ただし、あまり大きすぎるものは邪魔になってしまいます。デザインも、玄関に合った長く使えるものを選ぶようにしましょう。

玄関台(式台)

玄関の段差問題を、大掛かりなリフォーム工事を行わずに解決できます。材質は木製が多く、引き出しが付いて収納できる機能的なタイプもあるでしょう。介護用の玄関台には、手すり付きのタイプもあります。

玄関式台

>かいごDB(安寿 木製玄関台 高さ調整タイプ 1段)

手すり付き玄関台(式台)

>かいごDB(手すり付き うづくり玄関台)

玄関用手すり

玄関に手すりがあると、とても心強く便利です。本人の身長などに合わせて、適切な位置へ取り付けるようにしましょう。

玄関用手すりと式台

玄関用手すりと式台の設置イメージ

>かいごDB(あがりかまちの手すり)

>>玄関の介護リフォームをお考えの方はこちらから(相談無料)

商品の入手方法

玄関イスや玄関台、玄関用の手すりなどは、ホームセンターに行けば購入することができます。また、玄関イスや玄関台は、家具店などでもさまざまなデザインのものが揃っているでしょう。最近では、インターネット通販で購入することもできるようになりました。これなら、時間がなくても買い物に行かず出に入れることができます。ただしデザインや素材などは、やはり実物を見てみるのが一番です。大きさなども間違うとメリットが損なわれてしまいますので、慎重に選びましょう。

玄関のリフォームに使える補助制度

要支援・要介護認定を受けていれば、介護リフォームに「高齢者住宅改修費用助成制度」が利用できます。この制度は、高齢者や体の不自由な方の住宅を、使いやすく介護リフォームあるいはバリアフリー設計に改修する費用を補助する制度です。最大20万円までの工事費や購入代金に対して9割の補助が行われるので、例えば20万円の工事費・購入代金なら個人負担は1割の2万円。要支援・要介護認定を受けている方は、利用を検討してみると良いでしょう。

>>ご家族をサポートする介護リフォームをお考えの方はこちらから(相談無料)