介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

経鼻栄養補給とは メリットや介護方法

pixta_1533175_S

経鼻栄養補給とは

経鼻栄養補給とは、消化管を利用して栄養を摂取する「経腸栄養法」の1つです(経鼻経腸栄養法)。細いチューブを鼻腔から通し、胃または十二指腸まで挿入します。挿入したチューブを通じて、水分や栄養、薬などを投与します。

口から栄養を摂取できなくなった際に取られる手段です。ほかに「胃ろう」や「腸ろう」、「中心静脈栄養」といった手段があります。
>>腸ろうとは メリットや介護方法
>>胃ろう(PEG)とは メリットや介護方法
>>中心静脈栄養とは メリットや介護方法

経鼻栄養補給は、口から栄養を摂れない期間が比較的短時間だと見込まれるときや、身体の状態により胃ろうや腸ろうが難しい際に選択されることが多いです。

経鼻栄養補給のメリット・デメリット

メリット

・チューブの挿入に手術の必要がない
・不要になった場合、すぐにやめることができる
・自分で引き抜いてしまっても重篤な合併症の心配がない

デメリット

・装着時の不快感があり、目立つ
・頻繁にチューブの交換が必要であり、人によっては大きな苦痛を伴う
・鼻から喉にかけてチューブがあるため、嚥下訓練が難しい
・自分で引き抜くリスクが高い
・胃ろうなどと違い、経口摂取との併用が難しい
・鼻にチューブを固定するためのテープでかぶれやすい
・気管へに唾液が入りやすく、誤嚥性肺炎を起こしやすい
・チューブが細いため詰まりやすい
・胃ろうなどよりも管理が難しく、利用できる施設が限られる可能性がある

経鼻胃管の特徴

鼻から挿入する胃管(チューブ)には、経鼻栄養チューブやストマックチューブ、経鼻カテーテル、栄養チューブなど、さまざまな呼び方があります。その素材の多くは、長時間胃の中に入っていても変質しにくい、ポリ塩化ビニルやシリコン、ポリウレタンなどが中心です。

太さは細いもので1/3mmからあり、これは新生児や幼児に使われます。成人の場合は2~3mmのものが多いでしょう。長さは30cmから120cmまであり、身長に合わせて選びます。

チューブ挿入の手順

1)チューブの長さを決め、印をつけておきます
2)唾液や鼻水を取り除き、仰向きに寝かせます
3)チューブの先端に潤滑油をつけ、鼻から静かにチューブを挿入。鼻の奥まで入ったら一旦止め、飲みこむタイミングに合わせてチューブを入れます
4)印のところまでチューブが入ったらテープで固定します
5)チューブの先に注射器を取り付け、内容物を引いて胃まで届いているか確認します。

投与の際には栄養剤を人肌程度に温め、30~1時間ほどかけてゆっくりと注入します。最後に必ず白湯を5~10ml注入します。これはチューブが詰まったり、詰まった栄養剤の腐敗を防いだりするためです。

注入中は状態をよく観察し、嘔吐した場合にはすぐに注入をやめてください。横向きにして寝かせ、口腔内や気管内の吸引をしっかりと行いましょう。また、顔色が悪い時や呼吸が苦しそうな時も一旦注入をやめ、落ち着いてから再開します。

経鼻栄養補給が困難なケース

経鼻胃管のチューブは、鼻腔、咽頭、食道を通って胃まで通します。そのため、通過するそれぞれの部位に悪性腫瘍などの病変があると、危険が伴う可能性があるでしょう。そうした場合には、経鼻栄養補給が困難になります。

また、人によっては咽頭を刺激されることで、嘔吐を頻繁に繰り返すこともあります。さらにチューブが常に咽頭喉頭部にあるため、その刺激によって気管に唾液が誤嚥するリスクが高く、誤嚥性肺炎を起こすことも少なくありません。

これらが頻発した場合には、医師から胃ろうを進められることもあります。

経鼻経管の栄養剤

栄養剤には、保険適用のものと不適用のものがあります。また、体質に合わないことで嘔吐を繰り返したり、下痢になったりという症状が見られることも少なくありません。栄養剤は必ず医師の指示のもと、正しく投与することが大切です。

施設に入居している場合には、栄養剤の費用は食事代として賄われたり、食事代が免除され代わりに栄養剤の実費が請求されたりします。

経鼻栄養補給と在宅介護

鼻からチューブを通すだけという、簡単な処置で始められる経鼻栄養補給。口からの食事ができない期間が短期間の場合に選ばれることが多い方法ですが、様々な理由で胃ろうなどができず、長い期間経鼻栄養補給をしながら在宅で暮らしている方も多いようです。

それでは在宅で介護をする場合、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。専門家の意見をまとめます。

▼在宅で家族がすることについて

現在は経管栄養を行っているそうですが、自宅で経管栄養を行う場合、毎回チューブが抜けていないか確認し栄養を注入する。薬も注入するなどチューブ交換以外にも
御家族が行わなう処置が沢山あります。
時には吐いたり、痰が絡んで来るなど日常的に医療行為が多くなる可能性が高いです。
今後その量は増え経管栄養以外にも、夜間も定期的に身体の向きを変えるとか、排泄の言介助など介護にかかわる時間はていくと思います。
(専門家 tutujikai さんの回答)
引用元:介護のQ&A「在宅介護は可能でしょうか?

▼家族がチューブの交換や再挿入ができるようにする

しかし最大の難点は、認知機能が低下されている方の場合、装着されていることが煩わしく、目で見えることから自分で引き抜いてしまうケースがあることです。

家族が再挿入できない場合には、医療機関もしくは訪問看護師などにお願いするようになります。

経鼻経管ということは、在宅で見る場合、家族がチューブ交換できるのが基本です。
手技自体は難しくありませんが、注入中に抜いてしまった場合など、窒息のリスクが上がります。
また同時に吸引の手技の獲得も必須になってきます。

訪問看護をしていると、経鼻栄養で退院された方が、即日3回、連続で抜去してしまうことも珍しくありません。
毎回毎回訪問看護への再挿入の要請がありますが、もちろん1回の訪問の度にお金(訪看で400~800円)が発生します。それを3回4回…毎日のように繰り返す方もゼロではありません。
そのため、家族だけで再挿入する技術の獲得が必要なのです。
(専門家ひなさんの回答)
引用元:介護のQ&A「在宅介護は可能でしょうか?

▼デイやショートの利用も可能だが限られる可能性

鼻からの管はリスクが高いと思われます。なぜならば管が動いて、誤嚥の危険性が高いからです。胃ろうは胃にしっかりととめられているため誤嚥のリスクはまだ低く、施設も受け入れ先がありますが、鼻からの管は看護師が聴診器でちゃんと胃に入っているのを確認(空気を入れて胃に音がするのを確かめる)してからの注入になるのでそれができる施設でないと難しいと思います。
(ケアマネドットコム専門家 えるもちゃんさんの回答)
引用元:介護のQ&A「在宅介護は可能でしょうか?

また、チューブの関係で嚥下訓練がしにくいことや誤嚥のリスクも胃ろうよりも高い事から、選択できるようであれば「胃ろう」を進める声もありました。

チューブの交換

チューブは1〜2週間ごとに交換し、片方に負担がかからないように左右の鼻に交互に入れ替えます。

在宅で介護をされている場合には、家族も交換できますが、往診のほか訪問看護士が交換することが多いです。