介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

誤嚥とは 原因・症状・対策

誤嚥とは 原因・症状・対策

誤嚥(ごえん)とは

誤嚥とは、本来なら口腔から咽頭、そして食道を通って胃に送られるべき食べ物が、誤って喉頭と気管に入ってしまう症状のことです。

飲みこむ動作は「嚥下(えんげ)」と呼ばれ、誤嚥が見られる場合は、嚥下障害が起こっていることが多くなります。
>>嚥下障害とは 原因と症状

誤嚥は食事中に限らず、寝ている間に起きることもあるので注意しましょう。また、場合によっては誤嚥性肺炎を引き起こす原因にもなり、大変危険です。
>>誤嚥性肺炎とは 原因・症状・対策

誤嚥がおきてしまう原因

誤嚥の原因は大きく3つに分けられます。

1)機能的な原因

脳腫瘍や脳血管障害、パーキンソン病などの脳の病気、または筋委縮性側索硬化症や多発性硬化症などの筋肉や神経の病気によって、喉の動きに問題があることが原因で誤嚥を招きます。

2)器質的な原因

口腔内や扁桃炎、咽頭炎などの口腔または咽頭の病気。食道炎、食道の奇形、食道がんなど食道の病気。甲状腺や頚椎症の病気など、喉の構造的な問題が原因となります。

3)加齢

加齢とともに咀嚼機能や嚥下機能が低下することで誤嚥を招きやすくなります。

誤嚥の症状

誤嚥の最も多い症状は、食事中の激しいむせと咳、さらにそれが原因で呼吸困難に陥るものです。

顔が紅潮したり、場合によってはチアノーゼが見られたりすることもあるでしょう。重篤なケースでは咳も出ず、窒息してそのまま意識を失うこともあります。

誤嚥の検査

誤嚥しているか判断する主な方法は2つです。

1)嚥下造影

造影剤を含む検査食を食べさせ、嚥下の動態を観察します。この検査では誤嚥や咽頭に食べ物が残っているか、またはその程度なども確認することが可能です。

2)嚥下内視鏡検査

鼻咽腔ファイバーを使って咽喉頭内部を観察しながら、嚥下の動態を観察します。

>>嚥下力(えんげ力)のチェック方法

誤嚥の治療方法

誤嚥と判断された場合、程度が軽ければ嚥下指導で対応することも少なくありません。

十分な咀嚼(そしゃく)を行ったうえで飲みこむ、口に入れる一口の量を少なくする。または、液体を飲む時にはとろみをつけて飲みこみやすくするなど、食事の仕方を変えるだけで誤嚥が少なくなる場合もあるでしょう。

もし深刻な誤嚥が起こっているときは、精密検査を行ったうえで、嚥下機能改善手術や誤嚥防止手術による治療となります。

誤嚥を起こさないためのトレーニング

誤嚥を予防するためには、嚥下体操が有効です。無理のない範囲で毎日根気強く続けるようにしましょう。次の9つの動作で1セットとなります。

1.リラックスした姿勢で椅子に腰かけます。全身の筋肉のバランスを整えます。

2.ゆっくりと腹式呼吸を行います。鼻から吸って口から長く息を吐くことで緊張や筋肉をリラックスさせます。

3.首を回して後ろに振り返る動作を左右行います。耳が肩につくように首を左右に倒します。首をゆっくりと回します。左右両方から回します。嚥下に関わる筋肉は首に集まっているので、筋肉をほぐして食べる準備に役立ちます。

4.両手を頭の上に挙げたあと、ゆっくりと下ろします。肩を上に挙げてストンと落とします。肩を後ろから前に大きく回します。

5.口を大きく開けたり閉じたり、歯をしっかりと噛み合わせます。口をすぼめたり横に伸ばしたりします。口周りの筋肉をほぐすためなので、できるだけ大きく、おおげさに動かしましょう。

6.口の中に空気をためてほおをふくらませたりひっこめたりします。ほおを内側からふくらませるトレーニングで食べ物が鼻にながれこむのを防いでくれます。

7.舌を思いっきり出したあと、喉の奥にひっこめます。口の両端を舌でなめます。舌で鼻の下や顎先をなめます。舌は咀嚼や嚥下の際に重要な動きをするので動きをよくしておきます。

8.パ行やマ行をゆっくりはっきりと繰り返して発生します。唇や舌の動きをスムーズにします。

9.お腹を押さえて咳払いをしてお腹をへこませます。誤嚥の際、咳をすることで食べ物を口腔内に吐き出す練習になります。

また、自宅で嚥下トレーニングを続けながら、デイケアや訪問リハビリなどで専門家から嚥下訓練・嚥下トレーニングを受けるようにするといいでしょう。
>>自宅での嚥下のリハビリ(摂食訓練)の方法
>>嚥下障害のリハビリ