介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

194,757件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設入居相談
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

食べないときの原因と対応

imasia_17680105_S

認知症になると、周りの家族からは何が原因なのか分からない症状がよく見られます。急に食べなくなることも、このような問題の1つです。そんなとき、いったいどう対応すれば良いのでしょうか。

食べないとき

いつも食事をしている時間に食事を用意しても、食べることを拒まれてしまう。そんな場合には、自分の体調不良を伝えられなくなっている可能性があります。便秘や虫歯、口内炎、熱があるなどで食べられない、あるいは食べたくない状態は、周りの家族が早く気付いてあげる必要があるでしょう。体調不良を上手く伝えられないことが原因で、食事拒否が見られるケースは少なくありません。

誰にとっても、食事は生きていく上で必要なことです。食べないと生きるためのエネルギーを補給できませんので、体がどんどん弱ってしまいます。食べない原因はさまざまな可能性が考えられますので、早急に医師や専門家に相談しましょう。

食べないときの原因

食べないときの原因として、認知症の進行によって食べ物が分からなくなっていることが考えられます。食べ物を置物のように並べたり、床に落として踏んだりすることも少なくありません。また、食べるという行動そのものを忘れてしまうこともあるでしょう。

また、食べたいと思っているのに飲み込めない状態も考えられます。飲み込むためには神経が正常に伝わり、舌や喉の筋肉が正常に動くことが必要です。これらの機能に異常が出ると、いくら食べたくても食べられなくなってしまいます。すると飲み込むことができず、口の中に食べ物が溜まってしまうのです。

食べないときの対応方法

食べないときは、まず体調を確認します。熱を測ったり、口の中を見たり、体調が悪くないか調べましょう。あまり動かなくなっている場合は、そもそもお腹が空いていないこともあります。体調が悪くないようなら、まずは1日様子を見てみましょう。

食べないからと言って、無理に食べさせてはいけません。誤嚥となることもありますので、怒って食べさせようとするのは危険です。口の中にいつまでも食べ物があるようなときは、口の中のものを吐き出させみてください。また、食べやすく少し刻んだり、食べやすいものに変えたりして、少しずつ食べさせてみましょう。

食べないときの予防法と改善策

予防法としては、常に体調管理を行い、自分で食べられるように工夫をすることが大切です。虫歯や便秘のチェックは毎日してあげましょう。自分で食べられるように、お箸ではなくスプーンやフォークを使うのも1つの方法です。それも難しいようであれば、手掴みで食べられるおにぎりなどに代えてみてください。

また、散歩やラジオ体操などで、体を動かすようにすることも良い予防法です。体を動かさないと、お腹も空きにくくなります。できれば介護をしている人が、一緒に動いてあげるとよいでしょう。

食べないときの改善策としては、飲み込める形態にしたり、食べやすくしてあげたりしましょう。飲み込めずに口の中に残っている場合は、流動食の状態にしてあげる方法もあります。ミキサー食にするともとが何だったのか分からなくなるので、ちゃんと「これは○○ですよ」と教えてあげることが大切です。

「食事は美味しいものだ」ということを伝えて、本人に分かってもらうようにします。食べ物事態が分からない、あるいは、うつや抑うつ状態で食事に興味がなくなっている場合は、「美味しいよ」と声をかけてみてください。そして、一緒に食べるとよいでしょう。