介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

202,144件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

認知症による失禁と排尿障害の原因と対応

imasia_13744133_S

失禁・排尿障害とは

失禁とは、トイレではない場所で尿をもらしてしまう症状です。認知症が進むと、多くの人に見られるようになります。

失禁のタイプ

この失禁は症状によって下記のタイプに分かれます。

腹圧性尿失禁

咳やくしゃみなどで腹圧が上昇すると起こります

切迫性尿失禁

不意にトイレに行きたくなり、我慢できずに漏らしてしまいます

混合型尿失禁

「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」が混ざった失禁です

溢流(いつりゅう)性尿失禁

排尿障害があり、膀胱にたまった尿が少しずつあふれ出てしまいます

機能性尿失禁

トイレに間に合わない、あるいはトイレの場所が分からない。また、排泄行為自体を忘れてしまったり、理解できなくなったりするなどの症状が見られます。さらに、トイレで排尿しても、その後の処理が分からないということもあるでしょう。

この中で認知症による失禁の多くは「機能性尿失禁」ですが、それ以外の場合もあります。

失禁・排尿障害の原因

認知症による失禁の原因は、大きく2つに分けられます。

1つは、認知機能の低下です。見当障害などによって判断力が低下。トイレの場所が分からず、探している間にもらしてしまったり、尿意を感じないために尿が溜まっていることに気付かずもらしてしまったりします。

2つめは、脳梗塞の後遺症による麻痺やリウマチ、骨折などで身体機能が低下することです。ズボンや下着を下ろすことが困難だったり、トイレに行くのに時間がかかったりして、間に合わなくなります。また、尿を蓄めたり、出したりする器官に障害がある場合があります。

失禁・排尿障害の対応方法

失禁をした時は、決して責めたり怒ったりしてはいけません。「こんなところでおしっこしないで」、「こんなに汚して!」、「おむつをつけさせるよ」などという言葉は、自尊心やプライドを傷つけてしまうでしょう。それだけではなく、本人が委縮してよけいに症状を悪化させる可能性もあります。

まずは「なぜ失敗しているのか」を観察してみてください。その原因を突き止めることが、失禁の予防につながります。

失禁・排尿障害の予防法と改善策

トイレの場所を明確にする

いつもいる場所からトイレまでの道順が分かりやすいように矢印を壁に張ったり、トイレのドアに文字や絵で「ここがトイレ」と書いたりします。

照明をつけておく

夜間でも、トイレまでの廊下、あるいはトイレの電気をつけたままにしておきます。また、トイレのドアや便座を開けておくのもよい方法です。

タイミングを見計らって声をかける

尿意が分かりづらくなっている場合は、介護者がタイミングを見てトイレに誘導してあげましょう。ただし本人は尿意がわからず、誘っても「行きたくない」と言うかもしれません。そんなときには「行ったら出るかもしれない」などと優しく誘いましょう。それでも嫌がるようなら、無理強いせずに諦めます。
>>トイレに間に合わないときの対策

言葉で誘導する

トイレを探してうろうろしている様子が見られた場合は、「そこを左に曲がって」、「右のドアを開けて」と言葉で誘導してあげます。

防水対策をする

トイレではない場所をトイレと認識し、いつも同じところで失禁してしまう場合には、あらかじめ防水シートを敷いたり、ポータブルトイレを設置したりしておくとよいでしょう。
>>ポータブルトイレの使い方

治療を受ける

機能性尿失禁以外の場合には、薬剤の服用や膀胱訓練を受けることで改善が期待できます。もしかしたらと思ったら、泌尿器科を受診してみるといいでしょう。

さらなる予防法や改善策の詳細や専門家の声などは、こちらのページを参考にしてください。
>>認知症による“排泄の失敗”への対処法