介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

202,439件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

記憶障害の種類と対応

記憶障害の種類と対応

記憶障害とは

アルツハイマー型認知症で最初に出てくる症状が記憶障害です。
年齢による物忘れと間違われやすいですが、アルツハイマー型認知症による記憶障害には大きな特徴があります。

まず年齢相応の物忘れは、体験の一部だけを忘れ、ヒントを与えることですぐに思い出すことができます。
しかしアルツハイマー型認知症の場合、忘れたという自覚そのものがありません。経験自体を忘れてしまい、
いくらヒントを与えても思い出せないのです。

また、遠い記憶よりも近い記憶から忘れていくことも分かりやすい特徴でしょう。
さらにこれらは少しずつ進行し、やがて日常生活に支障をきたすようになります。

記憶障害には5種類ある

この記憶障害は、「短期記憶障害」「長期記憶障害」「エピソード記憶障害」「手続き記憶障害」「意味記憶障害」の5つに分けられます。

短期記憶障害

短い期間のみ記憶され、時間が経てば忘れ去られるか長期記憶に移行される“短期記憶”が出来なくなります。
原因として、短期記憶を格納する海馬の機能が低下することがあります。

長期記憶障害

長期記憶を思い出すことができなくなります。
何かのきっかけで思い出せる昔の記憶や、自分の職業、家族の名前や顔など、通常であれば亡くなるまで忘れない記憶です。
長期記憶が抜け落ちてしまうと、そのときの写真を見るなど、いくらヒントを与えられても思い出せません。

エピソード記憶の障害

体験したことそのものを忘れてしまいます。

手続き記憶の障害

身体が自然に覚えていたこと、例えば調理や洗濯物のたたみ方などを忘れてしまいます。

意味記憶の障害

言葉の意味を忘れてしまい、会話が難しくなります。
普段よく使っている物の名前も忘れ、「あれ」「それ」などの言葉が多くなります。

アルツハイマー型認知症の進行と記憶障害の特徴

それではアルツハイマー型認知症が進行するにつれて、記憶障害はどのように進行していくのでしょうか。

アルツハイマー型認知症初期の記憶障害の特徴

・適切な単語や人名が出てこなくなくなる
・新しいことが覚えらえないので同じ質問を繰り返す
・しまった場所を忘れるので探し物が多くなる
・水の出しっぱなしや火のつけっぱなし
・現在の月や季節を忘れる

 

アルツハイマー型認知症中期の記憶障害の特徴

・初期の症状が進行し、思い出せないことが増えていく。物をしまったこと自体を忘れるので妄想が出やすくなる
・友人や家族を認識できなくなる
・食事をしたことなど、体験したことを忘れていく

 

アルツハイマー型認知症後期の記憶障害の特徴

・初期や中期の症状が進行。普段使っている単語も出てこなくなる
・包丁の使い方など、長年繰り返していた行動ができなくなる

 

アルツハイマー型認知症で記憶障害が起こる原因

記憶障害は、認知症の中でもアルツハイマー型認知症の代表的な症状です。
アルツハイマー型認知症の患者が記憶障害になる原因は諸説ありますが、現在のところ有力なのは「タウ説」です。 

タウ説とは

 

アルツハイマー型認知症患者の脳の中にタウと呼ばれるタンパク質があります。これは神経細胞の軸策にあります。しかしこれが、何らかの理由でリン酸化して脱落します。結果として神経細胞を破壊し、死滅させることで、記憶障害が発症します。

 

記憶障害の対応方法

 

受け止めて安心してもらう

 

アルツハイマー型認知症による記憶障害は本人に自覚がありません。
しかもどんどん進行していくため、最も大切なのは本人を不安にさせないことです。
抜け落ちている記憶は、本人にとって存在しないこととなります。周りがそれを訂正したり、否定したりすることは避けましょう。
本人の認識へ、周りがいかに合わせるかが重要です。たとえ現実と違ったことを言ったとしても、それを受け止めて安心させてあげましょう。

 

責めずに軽く注意する

 

また、ガスの火をつけっ放しにしたり、蛇口を閉めるのを忘れたりといった失敗をするかもしれません。
そうした際には、決して怒ったり、責めたりしてはいけません。軽く注意を促すようにすると良いでしょう。

 

専門家からはこんな会話の仕方が提案されています。

コマメに、Telして、「お母さん、この前、水道閉めるの忘れてたんだけど、今日は大丈夫?」または、「この前、わたし、水道使ったんだけど閉めるの忘れてた事あったんだよね。今日は、閉まってる?もし、閉まってなかったら閉めといてくれる。」って言って見ては、どうでしょうか?

認知症の人には、批判でなく、気配りをすると、初期の認知症の人も注意を、払うようになると思います。 中期以降だと、ヘルパーさんと一緒に、水道を使うようにしましょう。

 

くれぐれも、物忘れを批判するのでなく、水道を使う事も大事だし、止めることも大事ですよって、さりげなく言うとどうでしょうか? 少し、注意を払ってくれるかも知れませんよ。

(専門家zooさんの回答)

介護のQ&A「物忘れが出てきた高齢者の水の出しっぱなしの対処法を教えてください

 

本人を取り巻く環境を整理する

 

支払いを忘れてしまったり、家事ができなくなったりと記憶障害が生活に大きな影響を与えることがあります。支払い手続きを口座引き落としにしたり、宅食サービスを利用したりと、進行状況に応じた環境の整理が必要です。

 

どんなサービスを利用可能なのかは、ケアマネジャーに相談してみましょう。

 

記憶を補助する道具を使う

 

進行によって生活に支障が出できた場合は、カレンダーやメモ、張り紙、チェックリスト、アラームなど、記憶を補助する道具を利用することが大切です。

 

専門家からもこんなアドバイスが出ています。

カレンダーに記載する(自分の字で)日記を書いていただく(自分の字で)などで

その時の出来事のヒントになるような事を多く残しましょう。

(専門家あかもんゆうさんの回答)

介護のQ&A「覚えられない父へどう対応したら

記憶障害の予防法と改善策

 

まずは健康的な生活で予防を

 

今のところ記憶障害を引き起こすメカニズムがはっきりしていないため、予防のためには生活習慣を見直すことが重要です。バランスのよい食事を心掛け、特に青魚を積極的に食べるようにしましょう。そして、喫煙や飲酒をできるだけ控え、適度な運動を続けてください。

 

改善のためには医療機関を受診しましょう

 

改善するためには、まず医療機関を受診しましょう。適切な治療を行うため、処方された薬をきちんと服用することが大切です。

 

脳を活性化するリハビリを行いましょう

 

脳を活性化するために本を音読したり、好きな音楽を聴いたり、あるいは昔話をすることも脳に刺激を与えてくれます。手先を使う折り紙や、塗り絵などもよいリハビリになるでしょう。

 

また、記憶障害のリハビリを行っているデイケアもあります。詳しくはケアマネジャーに相談してください。