介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

227,212件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事
  • 法律・税の相談

ターミナルケアとは 在宅や施設、病院における方法

ターミナルケアの方法

ターミナルケアとは

終末期を表す「ターミナル」という言葉。そしてターミナルケアとは、余命がわずかになった人の終末期医療や終末期看護を指します。つまり、「看取り」に向けての医療や看護のことです。

ターミナルケアでは基本的に延命措置を行わず、痛みや不快な症状の緩和ケアが中心となります。身体・精神的ともに苦痛を伴わないよう、本人らしく生きられるようにサポートしながら、人生の最期を迎えられるように行われるものです。

高齢者に限らず、人間は必ずいつか最期のときを迎えます。家族を介護しているならば、そのことはいずれ訪れる現実として考えておく必要があるでしょう。

ターミナルケアの開始時期

ガンなどでは、病院でこれ以上効果的な治療がないと判断されるとターミナルケアが始まります。認知症や老衰では、「いつからターミナルとするか」の判断がとても難しいでしょう。一般的には、寝たきりになって食べられなくなってきた頃からターミナルとされています。

選択可能な延命措置方法

経管栄養や胃瘻などを行うかどうか、24時間点滴を継続するかどうかの延命措置方法は、医師との相談によって決めます。

延命措置・医療方針の意思決定者は誰か

容態が急変してしまった場合に、CPR(心肺蘇生)をするかどうかも含めた延命についてや医療方針の意思決定者は、基本的には本人です。認知症の場合には、本人の意思確認が難しくなっていることがほとんどなため、家族が決定することになります。

本人の希望を把握して、後悔のない決定をするためにも、元気なうちから話し合っておいたり、エンディングノートを書いてもらうといいでしょう。
>>エンディングノートとは

最近では本人が元気なうちに、「リビングウィル(延命治療を拒否すると意思表明した書面)」を作成しておくケースも増えてきています。

在宅でのターミナルケア

医師や看護師などに訪問してもらって痛みや不快感を和らげたり、本人や家族の精神的支援を受けたりしながら、在宅で看取りに向けた日々を過ごします。政府も医療費削減のために、在宅での看取りを推進していく方針です。

費用も病院に比べてかかりませんが、費用以外の介護家族への負担が大きいため、医療・介護サービスとの連携や、家族間の連携が欠かせません。

認知症の場合

ターミナルまで自宅介護されてきた家族は、そのまま自宅での最期を選ぶことが多いでしょう。
ずっと認知症の介護をされてきているので、医師やケアマネージャーなどと連携を取りながら経験が根づいています。それまで以上に医師や訪問看護師らと密に連絡を取り合い、ターミナルケアを進めていくといいでしょう。

ガンなどの場合

ガンや難病などの場合には、医師がこれ以上効果的な治療がないと判断した場合、在宅に戻ることを勧められます。病院にはソーシャルワーカーなどがいる地域医療室がありますので、在宅医療を始めるためのアドバイスをもらいましょう。

医療的な措置が必要となるケースも

ターミナルケアになると、点滴や酸素吸入などの処置が求められることもあります。状況により、処置内容や医師・看護師の訪問回数などは違ってくるでしょう。

介護サービス事業者などがサポートしてくれることもあり、上手く連携しながら適切な医療・介護サービスを利用しましょう。

褥瘡(じょくそう)が出来ないように注意を払いましょう

寝たきりになってほとんど動かなくなってしまった場合、在宅でのターミナルケアは褥創(じょくそう)を作ってしまわないように注意しましょう。褥創は、ほんの数時間でもできてしまいます。

寝たきりの状態では背中やお尻にできてしまうことが多く、大変な苦痛を伴うものです。寝たきりになって動けなくなってしまったら、介護者が数時間ごとに体の向きを変えさせるようにしなければなりません。
>>褥瘡(じょくそう)とは 原因と予防方法

ターミナルケアに必要な家族の心構えについて、専門家の声

在宅でのターミナルケアについて、不安があったり、踏ん切りがつかなかったりする方もいるでしょう。そんな方々への専門家の声を紹介します。

人生が終わる時は家に帰ろう。が基本です。住み慣れた家を自分の最後の場所として選択される利用者様が増えていますので、それに関わる人達がそれぞれの役割を医療、介護、家族で担うチーム作りをして対応しています。その中で幸せ、感謝、理解、寄り添うことが生まれてきます。医療も介護もその人がその人らしく生きる為の道具として、遠慮なく気軽に利用し相談します。親子の関係を改めて見つめ直すことが出来るかもしれません。

(専門家花さか爺さんの回答)
介護のQ&A「看取りの場所は何処ですか

末期がんなど余命が宣告されていることもありますが、多くの場合にはターミナルケアは終わりが見えないものです。在宅でのターミナルケアを決心し、介護離職をして後悔している方の声も安心介護には多く投稿されています。介護離職をして在宅ケアをするべきか悩んでいる方にはこんな声が投稿されています。

ご両親は、あなたが今までのキャリアを捨てて自分達の元へ来ることを望まれてますか?
順番で行けばご両親の方が先立たれます。その後のれいれいさんの生活は大丈夫ですか?
悩んでいる状態で決断して後悔しませんか?(中略)

個人個人の状況は違いますから、どうか思いっきり悩んで悩んで、後悔しない選択をして下さい。

(専門家大猫さんの回答)
介護のQ&A「遠く離れている両親の介護のため全てを投げだす?

具体的な準備や看取りの際の流れについては、こちらの記事を参考にしてください。
>>自宅での看取り【準備~終わりまで】

介護施設でのターミナルケア

ターミナルを迎える場所は、もちろん自宅以外にも考えられます。特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)などには「看取り加算」があるところもあり。看取りを前提とした入居をすることも可能です。

グループホームなどでも看取りを前提とした入居ができるかどうかは、医療施設と提携しているかどうかなどの医療体制とともに、事前に確認をしたほうがいいでしょう。介護施設でターミナルケアを受けながら、容態が急変したときには病院へ搬送され、病院で最期を迎える人も少なくありません。

介護施設での「看取り」について専門家の声

介護施設での看取りについて、専門家はこのように解説しています。

介護付有料老人ホームは契約で看取りをするのかどうかが決めてでしょう。介護保険施設の特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)などでは看取り加算といって、一定の要件を満たせば看取りまでやってもらえるところもあります。ただ待機者が多く何年もの待機ということが問題になっています。

(専門家きく3さんの回答)
介護のQ&A「看取りの場所は何処ですか

老人ホームですが、確かに最近看取り加算という加算がつくられました。しかし、この看取り加算を頂くためには職員の体制、居室とか設備の体制、ご家族の協力、そしてなにより医師の協力体制が必要でありなかなか施設では整わないことが多いです。
しかしながら、老人ホームの入所者はなんらかの疾患を抱えており、どなたに対してもいつどんな緊急事態が起こるかわからない状況であり、加算を頂いていないながら職員は看取りをしているようなものです。

(専門家とすかーなっちさんの回答)
介護のQ&A「看取りの場所は何処ですか

施設に入居してから、看取りに至るまでの手順についてはこちらの記事を参考にしてください。
>>施設での看取り

病院でのターミナルケア

厚生労働省が緩和ケア病棟(ホスピス)の診療対象としているのは、「がん」と「後天性免疫不全症候群(エイズ)」患者です。

緩和ケア病棟のほかにも、一般病棟で緩和ケアチームに診てもらうこともできます。ただし日本ホスピス緩和ケア協会によると、2015年11月時点で緩和ケア病床数は、累計7184病床(357施設)、緩和ケアチームは224ヵ所にとどまっています。

「とりあえずの入院はできる?」専門家の声

緩和ケアの診療対象以外の方が、看取りを前提として療養型病院などに入院はできるのでしょうか?介護専門家からはこのような指摘が上がっています。

医療的な管理が必要な慢性疾患の方を入院してもらう施設です。近年、自宅で見れず、他の施設に入れないから入院しているいわゆる「社会的入院」は入所されないようになってきており、とりあえずの入院はなかなか難しいと思います。

(専門家きく3さんの回答)
介護のQ&A「看取りの場所は何処ですか