介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

ケアマネジャーを変えたいときの相談先

ケアマネジャーを選びたいときの相談先

介護認定を受けた要介護者本人やその家族からの相談に応じたり、適切な介護保険サービスが受けられるようにケアプランを作成したりするのが「ケアマネジャー」です。
>>ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

いわば、介護をされる本人や家族にとって、最も身近な介護の専門家と言えます。

ケアマネジャーを変更するケース

ケアマネジャーの主な仕事は、ケアプランの作成やモニタリング、状況に合わせたケアプランの見直し、あるいは利用者からの相談や苦情への対応などです。

要介護に認定されると、居宅介護支援事業所と契約を結び、担当のケアマネジャーが1人つきます。
>>居宅介護支援事業所とは

現状をしっかりと確認したうえで、今後の介護の方針や介護プランなどを、要介護者とその家族などとで綿密に連絡を取り合いながら決めていくことになります。

ケアマネジャーを変更するケースには、以下のようなものがあります。

異なる専門知識があるケアマネジャーの方がよいから

介護職経験者や看護職経験者、相談援助業務経験者など、それまでの経歴や所有資格はケアマネジャーによって様々です。

そのため、ケアマネジャーによって専門知識や得意分野が異なるため、要介護者の状態によって異なる専門知識があるケアマネが必要になることもあるでしょう。

「合わない」「頼りない」と感じているから

ケアマネジャーも人間です。人と人との交わりには、やはり「合う、合わない」という相性の問題が生じるのは当然でしょう。

こちらの要望を聞き入れてくれなかったり、介護の方針が違っていたりすると、どうしても信頼関係が築けません。お互いに気まずい思いをすることになりますし、結局、そのしわ寄せが要介護者に振りかかってしまいます。

ですから「相性が合わない」と感じたときは、担当者の変更を申し出ることも選択肢のひとつです。

ただし、介護者の相談に対応している介護者メンタルケア協会の橋中今日子さんは、ケアマネジャーの変更について、「一度ケアマネの前で泣いてみて、それでもケアマネが動かなければ変えていい」とアドバイスしています。状況を伝えようとするのではなく、感情を伝えてみるといいでしょう。

新しいケアマネジャーに変更しても、伝え方が変わらないと同じ問題が起こる可能性があります。

ケアマネジャーに問題があるから

安心介護内の投稿を見てみると、「ケアアネだからと偉そうに接してくる」「プライバシーを第三者にもらす」「電話連絡だけで訪問しない」など、対応に問題があるために変更したいという声も多くありました。

ケアマネジャーの変更方法

ケアマネの変更をしたくても、どこに申し出ればよいのかわからないという人がいるでしょう。

また、一度契約すると変更できないと思っている人も多いようです。
しかし、そんなことはありません。

ケアマネジャーを変更するには、下記の3つの方法があります。

・地域包括支援センターや市区町村の介護保険課に相談する
・別の居宅介護支援事業所に相談する
・担当ケアマネジャー本人、または在籍している居宅介護支援事業所に伝える

いくら不満があっても、本人には直接言いにくいことでしょう。
そのため、まずは地域包括支援センターに相談してみるのが一番賢明といえます。
>>地域包括支援センターとは

在籍している居宅介護支援事業所内でケアマネを変更する場合には、契約はそのままなので変更は比較的スムーズですが、事業所内でほかに空いているケアマネがいない場合などもあります。

また、別の居宅介護支援事業所にした場合でも、病状や介護保険関係、サービス状況などの情報は、事業者間で連携をとって行われるので安心です。

ケアマネを変更する際に知っておきたいこと

安心介護内に投稿された専門家の声を参考に、ケアマネを変更する際に知っておきたいことをまとめます。

・受けている介護サービスは継続可能

もちろんケアマネジャーや居宅介護支援事業所を変更する場合でも、受けている介護サービスそのものを継続することは可能です。

・居宅介護支援事業所自体を変更した方がいいケースも

「訪問に来ない」など、対応に問題があるためにケアマネの変更を考えている場合、事業所もそのケアマネの対応を承知している場合があります。そのため、居宅介護支援事業所自体を変えたほうがいいでしょう。

・事情をしっかりと説明する

良いケアマネさんについてもらうためにも、「なぜ変更したいのか」「どのようにして欲しいか」などをしっかりと説明しましょう。事前に伝えるべきことをまとめておき、しっかりと希望を伝えてください。

・月初に変更を申し出る

ケアマネの報酬は月末に担当した者にしか支払われません。なるべくなら月初に変更を申し出て、確実に翌月から新しいケアマネに変わってもらえるようにしましょう。

ケアマネの存在は、介護生活に密接に関わるものです。快適な環境をつくれるようにしたいですね。