介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

介護施設で事故があったときの相談先

介護施設で事故があったときの相談先

介護施設では頻繁に事故が発生しており、軽いものから重大なものまでさまざまです。

体が思うように動かなかったり、認知症の症状があったりする方もおり、介護施設は事故が起こりやすい環境であることは間違いないでしょう。介護施設で起こりやすいのが、以下のような事故です。

介護施設で起こりやすい事故

転倒、転落

歩行中の転倒、ベッドや車いす、便座からの転落など。介護施設で発生する事故の8割を占めます。

誤嚥

食べ物や飲み物が気管に入り、それが原因で肺炎などを起こします。これは、転倒、転落事故よりも命に関わる危険な事故だといえるでしょう。高齢者の場合、肺炎がもとで死に至るケースも十分考えられるので、施設でも食事中は特に注意を払っています。

おむつ交換骨折

おむつを交換しようとして、体を動かした時に大腿骨などを骨折させてしまう事故です。これは、介護ミスによる事故といわれています。

表皮剥離

体位交換や移乗の際、利用者の体に無理な力を加え、皮膚を傷つけてしまったり、内出血を起こしたりするケースです。介護の現場では非常によく見られる事例です。

脱水、低温やけど

腎機能が低下している高齢者は季節を問わず脱水症状に陥りやすく、気付いた時には昏睡状態になっていることもあります。また、温熱便座や湯たんぽによる低温やけどは、発見が遅れやすく、表面は目立たなくても、内部で壊死がすすんでいることもあるので注意が必要です。

事故が起きたときに家族がするべきこと

事故があった時には、まず施設側に事故時の状況説明をしっかり受けることが大切です。担当スタッフはもちろん、施設長や施設理事長とも話し合うことになります。

契約書の内容に基づいて施設側に過失があり、病院での治療が必要になった場合には、施設側が保険を使って治療費を負担してくれます。

以前安心介護には、介護事故が起きた経験から「家族がすべきこと」をまとめて投稿してくださった方がいるので、その内容を紹介します。

介護事故(転倒、転落、誤飲)が発生した場合、家族がとる対応。

 1、施設より事故の連絡が有った場合、詳細の事故報告書の堤出を要請しましょう。

 2、施設より事故報告書の詳細に関し、必ず説明して頂きます。その際、内容に不審
   が有る場合、問いただします。その時、録音を忘れずにして下さい。
   さらに、事故防止委員会・会議録の開示請求を求めます。

 3、事故防止委員会・会議録は、事故発生当日に、事故再発防止の為、事故原因、事故
   発生状況をヒアリングし、事故再発防止に努める会議です。資料に関し、入所契約
   書に、入所者家族より、開示請求された場合、開示拒否出来ません。さらに、看護
   記録、介護記録、ケース記録、受診記録の開示を要請して下さい。

 4、1週間後、住民票、身分証明書、認印持参の上、市役所介護福祉課に赴き、事故
   報告書の開示請求します。その上で、施設より、家族に出された、事故報告書の
   詳細、事故防止委員会・会議録、市役所に堤出された事故報告書(公文書)を
   比べ、事故原因、事故発生状況に相違が無いか確認してください。

 5、とかく、介護事故が発生すると、寝たきりになり、その後、認知症の悪化、感染
   症発症、廃用症候群(手足が可動しない)の発症の可能性が倍増しますので、面会
   の際、必ず携帯にてビデオ撮影して下さい。

 以上、介護事故は、学校のいじめと違い、証言、証拠は、施設関係者のみですので、
 最低限の資料は整えるべきと思いアドバイスさせていただきます。

引用元:介護のQ&A「介護事故が発生した場合

また、介護事故の慰謝料請求は3年で時効を迎えるため、できることから進めるようにとのアドバイスもありました。

慰謝料請求や損害賠償については、ほかにもこんなアドバイスが投稿されています。

▼契約書を確認する

事故があった場合の損害賠償については、恐らく、契約書に記載されていると思います。
契約書をご覧ください。
施設側に対して不信感があるようでしたら別の施設へ移られることも考えるべきかと思います。
(専門家:夕焼け兄さんさんの回答)
引用元:介護のQ&A「慰謝料請求出来るでしょうか?

▼無料相談を活用する

慰謝料、賠償等の話になると、弁護士への相談の方が良いかと思います。私の地域では、社会福祉協議会で弁護士による無料相談が開催されています。ララさんの地域でもそういう機会があるのであれば、一度、そちらで相談してみてはと思います。
(ケアマネドットコム専門家:kasuga2506さんの回答)
引用元:介護のQ&A「慰謝料請求出来るでしょうか?

▼それほど金額は大きくならないことを覚悟する

慰謝料は請求したいと思えばできますが、期待するほどもらえないというのが実情です。
特に、事故の場合は事故に係る治療費と休業補償の費用となる場合がほとんど。
(事故の補償金額は基本的には交通事故の慰謝料の赤本が参考になっています)
将来起こるかもといったものは反映されません。
ですから、慰謝料を請求しても裁判所で和解を勧められて、逆に弁護士料金の方が多く係ってしまったというケースもあります。
(専門家:介護施設経営者さんの回答)
引用元:介護のQ&A「慰謝料請求出来るでしょうか?

事故が起こったときの相談先

介護事故が起こった場合、施設側の対応に問題があったり、利用者の家族が納得できなかったりというケースも多く、裁判沙汰になることもあります。

そこで、事故が起こった時の相談先をいくつか覚えておきましょう。

地域包括支援センター

施設に入る前からお世話になって入るケアマネジャーがいれば、まずは内容を説明して相談してみましょう。
>>地域包括支援センターとは

国民生活センターや全国の消費生活センター

商品やサービスなど、あらゆる消費生活全般におけるトラブルの苦情や相談を受け付けています。介護事故についても、公正な立場で対応してくれます。

法律事務所

どうしても解決できない場合は、また、法律による審判を望む場合は弁護士に相談することになります。ただし、費用と時間がかかるので注意しましょう。

まずは社会福祉協議会の無料相談などを利用するといいでしょう。

各種介護支援相談センター

地域ごとに介護に関する相談を受け付けているさまざまな団体があるので、調べてみるとよいでしょう。

介護サービスの利用者やその家族からの相談を受け付けている窓口に「国民健康保険団体連合会」がありますが、法的責任があるかどうかの判断が必要な相談は受けられませんので、介護事故の相談には適していないかもしれません。
>>施設やケアマネの納得できない対応は、「国民健康保険団体連合会」へ

事故が起きた際は、適切な場所へ相談することが大切です。自己解決しようとしたり、あるいは泣き寝入りしてしまったりしないようにしてください。