介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

197,395件の投稿から検索

老人ホーム・高齢者住宅を選ぶなら[介護DB かいごDB]kaigodb.com
  • 老人ホーム・高齢者向け住宅
  • 訪問介護・通所介護
  • 介護用品
  • 介護の求人
  • 介護の資格
  • 施設紹介・口コミ
  • 介護リフォーム
  • 介護の食事

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは 特徴と探し方

サービス付き高齢者向け住宅とは、日常生活や介護に不安を抱く方が、いざ介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して暮らせるためにつくられた高齢者向けの賃貸住宅です。「サ高住」「サ付き」などと略されています。

高齢者の暮らしを支援するサービスが付き、バリアフリーなのが特徴です。介護付き有料老人ホームよりも比較的安く入居できます。

高齢者向けの賃貸住宅には以前、高齢者専用賃貸、高齢者向け優良賃貸、高齢者円滑入居賃貸というものがあり、それぞれ基準などが異なっていました。現在では基準を明確にしたサービス付き高齢者向け住宅に、制度は統一されています。

サービス付き高齢者向け住宅とは

目次

基礎知識
サービス内容
よくある質問

基礎知識

こんなときに利用を検討しましょう

・ご自宅での生活が不便、不安になってきたけど、介護施設ではなく自由に暮らしたいとき
・生活の中で必要なときにだけ支援してほしいとき
・バリアフリーの住宅に住みたいとき
・健康や介護について不安を感じているとき
・特養への入所を待つ間に住む場所を探しているとき

利用対象者

原則として、下記のいずれかにあてはまる方が対象となります

・60歳以上の高齢者(またその同居者)
・要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の方(またその同居者)

介護スタッフの配置などを考えると、比較的介護の手がかからない人向けの住居といえます。

その他の概要

・バリアフリー構造で、台所や水洗トイレなどが設置されたもの
・居室の床面接25㎡以上(ただし浴室や台所などが共用の場合は18㎡以上)
・24時間の安否確認サービス、およびケアの専門家による生活相談サービス付き
・長期入院などを理由として一方的に契約解除や変更されることは無い
・入居者が支払うのは、敷金、家賃、サービス対価に限定される
・運営主体は医療法人や民間事業者などで、高齢者住まい法の登録基準を満たすこと
引用元:介護の基礎知識「費用との関係で考える「終のすみか」【介護とお金の気になること】

かかる費用

ひと月あたり、どのくらいかかるの?

《月々のコスト》
居住費(家賃・管理費など)+水道光熱費+食費+介護費(介護保険の自己負担分)

「温泉付き」などの場合は、居住費が割高になっていることがほとんどです。また、水道光熱費は個別に実費を支払うケースと、居住費に含まれているケースがあります。

月々の費用の目安としては、首都圏で15~30万円程度。地方に行くほど安くなる傾向があります。

介護保険サービスについて

《「特定施設入居者生活介護」に指定されている場合》

食事や入浴といった日常生活上の支援や、機能訓練などが提供されます。利用者負担額は固定されています。

 要介護度

本人負担額の目安
(30日当たり)

要介護1

15,990円

要介護2

17,900円

要介護3

19,980円

要介護4

21,900円

要介護5

23,940円

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて、30日間当たりで計算しています
※上記はあくまでも目安の金額です。費用は時間帯(早朝・深夜)やサービス提供事業者、地域(市区町村)の区分などによって異なります
※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得がある方は、自己負担割合が2割になります

《「特定施設入居者生活介護」に指定されていない場合》

自宅で介護を受けるときのように、ケアプランに応じた介護保険サービスの利用料金がかかります。

入居時にかかる費用は?

入居時には、敷金や礼金にあたる「初期費用」がかかります。目安としては、物件によって0~数百万円程度です。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のサービス内容

必ずついているサービス

見守り・安否確認サービス

施設の職員が、ご利用者さまのお部屋を定期訪問して安否を確認するサービスです。訪問時間や頻度は施設によって異なります。
その他、施設によっては、一定時間人の動きを感知しなかった場合に自動的に職員へ通報が入るセンサーをお部屋に取り付けているところもあります。

生活相談サービス

ケアの専門家が、ご利用者さまの相談にのってくれるサービスです。
日常生活の相談や介護のことなど、心身の悩み・不安を相談することができます。

※ケアの専門家:以下の資格のいずれかに当てはまる者

  • 社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員
  • 医師、看護師
  • 介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員
  • ホームヘルパー1級、または2級の資格を持つ者 

必要に応じてつけることのできるサービス

緊急時対応サービス

ご利用者さまの緊急時に対応してくれるサービスです。

  • 緊急通報時の駆けつけ対応
  • 急病、体調急変時の往診依頼、救急車要請、ご家族等への連絡
  • 災害発生時の避難誘導 など

生活支援サービス

ご利用者さまの日常生活のお手伝いをするサービスです。

  • 居室清掃、洗濯、ゴミ出し
  • 通院の送迎・付き添い
  • 外出や買い物の付き添い・代行 など

食事サービス

施設で食事を用意してもらえるサービスです。
たとえば、雨で買い物にいけなかったときや、体調が悪く食事がつくれなかったときなどに便利なサービスです。 施設によっては、事前に申し込みをしておけば、ご利用者さまの状態に合わせておかゆや刻み食など用意してくれる場合もあります。

介護サービス

介護が必要となったとき、外部の事業者を利用して、介護サービスを受けることができます。多くの場合、住宅に介護事業者が併設されていたり、提携している外部事業者があります。提携以外の介護事業所を自由に選べるかどうかの確認も必要です。

医療サービス

必要に応じて、施設に併設している(または協力している)医療機関から、訪問診療や訪問看護など受けることができます。それ以外のかかりつけ医を選べるかどうかの確認も必要です。

img_sinfo_service01

※サービス提供事業者によって異なります

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はどうやって利用するの?

サービス付き高齢者向け住宅を利用するまでの流れ

まずは利用したい施設を探しましょう

サービス付き高齢者向け住宅を探す時に、どんなサービスが必要なのか、どんなことにこだわりたいのかは人によって様々です。

また、入居する場合の条件なども施設ごとに異なる場合があるため、個人での情報収集が難しい場合があります。インターネット上では、専用の情報サイトもありますし、最近では地元の不動産会社の様な介護施設の紹介会社もできています。

「サービス付き高齢者向け住宅について相談したい・・・」と思ったらこちら

資料請求や入居を決定する前の施設見学なども、情報サイトや紹介会社が一括で対応していることから、スムーズな施設選びが可能となります。  

img_sinfo_step_arrow

見学に行きましょう

img_sinfo_step2条件に合う施設を見つけたら、まずは見学に行き、実際の施設の雰囲気や食事の内容を見たり、実際に利用している方やスタッフさんとお話して、ご利用者さまにとって適した環境であるかどうかを確認することが大切です。

施設によっては体験をさせてくれるところもありますので、迷ったら体験をしてみるのも良いでしょう。

img_sinfo_step_arrow

申し込みましょう

img_sinfo_step3見学して気に入った施設を見つけたら、入居の申し込みをします。

その後、管理者やケアマネなどのサ高住側の担当者と入居希望者で面談をして、「自立度」「要介護度」「介護の必要性」「資産や収入額」「本人や家族の希望」などから、各施設の基準に照らし合わせて入居の可否が決定。その後、入居のための契約を施設と結ぶようになります。

契約時は「契約する時の注意点」に気をつけ、疑問に思うことは積極的に質問をしましょう。

※上記の流れは、サービス提供事業者やご利用者さまの状況によっても異なります 

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のよくある質問

Q.メリットとデメリットは?

◎メリット

  • バリアフリーの整った設備で安心して生活できる
  • 必要に応じてサービスを受けることができる
  • 介護型(特定施設入居者生活介護)の場合、介護度が重度になっても住み続けられる
  • 高額な入居一時金が不要で、入退去がしやすい
  • 数が多いので、多くの選択肢から選べる

×デメリット

  • 医療措置が必要な方は、入居を断られる場合がある
  • 介護型(特定施設入居者生活介護)ではない場合、介護度が重度になると、住み続けられないことがある 
  • 医療機関や介護事業所が指定されていることがある

Q.外出・外泊はできますか?

A.はい、できます。

img_sinfo_qa01外出・外泊は自由です。また、門限もございません。ただし、外泊期間によってはスタッフへの連絡が必要な場合があります。詳しくはご利用の施設にお問い合わせください。

 

Q.入院することになったら退去しなければならないのでしょうか?

A.いいえ、入院することになっても退去する必要はありません。

img_sinfo_qa02ただし、入院中も家賃・共益費・サービス費は支払わなければなりません。

 

Q.サービス提供事業者を選ぶときに確認すべき点は?

A.ご利用前に下記のポイントを確認しましょう

【立地、施設の雰囲気について】

info_check1

  • 立地条件が希望に合っているかどうか
    ー家から近い(家族が会いにいきやすい など)
    ー環境が良い(緑が多い など)
    ー近くに日用品を購入できるスーパーなどがある
  • 衛生的な施設かどうか(掃除、消毒など)
  • 快適に生活できる施設かどうか(明るさや室温など)
  • 車いすの移動などに配慮したスペースがあるかどうか
  • 介護度が上がった場合、施設内転居ができるかどうか
  • ご利用者さま同士の共有空間があるかどうか

【施設や職員の雰囲気について】

info_check5

  • 職員の人柄(話し方、対応など)に好感をもてるかどうか
  • 職員の保有資格、または経験年数がどのくらいあるか
  • 職員と実際に利用している方のコミュニケーションが良好かどうか

【サービスについて】

info_check3

  • 食事について
    ー食事の内容、味が良いか
    ー個人に合わせた対応をしてくれるか
    (例:糖尿病食、きざみ食、おかゆ など)
    ースタッフがどこまでしてくれるのか
    (例:自立支援のため、できる範囲はご利用者さま自身で行うなど)
  • レクリエーションについて
    ーご利用者さまの趣味や嗜好にあったものがあるか
    ー利用料がかかるのか、かかるとしたらいくらか
    ー頻度はどのくらいか(定期的に行われているか など)
  • 病気など状態に変化が起きたときはどのような対応をしてくれるのか
  • 終末期のケア(ターミナルケア)は対応してくれるのか

【契約について】

info_check4

  • サービス内容や料金についての説明があるかどうか
  • 苦情の受付についての説明があるかどうか
  • キャンセルの際の対応や料金の説明があるかどうか
  • 契約書、重要事項などの説明があるかどうか