介護の不安を解消できる「安心介護」
専門家に無料で相談

投稿から検索

介護家族が知っておきたい排泄障害が起こる理由と対策

排泄介助は、在宅で介護をしている人の多くが負担に感じているものです。とくに失禁や頻尿などの排泄障害は、介護家族の生活にも大きく影響します。介護を受けている本人にとっても、自尊心が傷ついたり、家族に対して申し訳ないという感情を抱いてしまったりと、軽い問題ではありません。

今回は排泄障害が起こる理由とその対策についてまとめます。

排泄障害が起こる理由

排泄障害が起こる理由は、ひとつではありません。

理由1:身体機能の低下

介護家族が知っておきたい排泄障害が起こる理由と対策

頻尿の原因としてあげられるのが、尿をためる膀胱の委縮です。また、腎臓機能の低下が、夜間の頻尿につながります。

また、膀胱や尿道、肛門括約筋の筋力低下、前立腺肥大(男性)、骨盤底筋群のゆるみ(女性)が失禁の原因となります。

男性の場合、前立腺は膀胱のすぐ下にあり、その中を尿道が貫くように通っているため、前立腺肥大を発症すると、頻尿、急に強い尿意を感じる尿意切迫感、トイレに間に合わない失禁、尿が出にくいといった排尿困難症状が起こります。

女性の場合は、尿道が短くてまっすぐ下に伸びているため、くしゃみやせきなどお腹に力が入ったときに尿が漏れる腹圧性尿失禁が起こりやすくなります。
また、脳血管障害・心臓疾患・糖尿病・神経痛・骨粗鬆症などの慢性疾患が、排泄障害につながることがあります。

理由2:認知機能の低下

roujin_ninchisyou_man

認知症により、排泄そのものが分からなくなったり、尿意が認識できなくなったりすることがあります。

理由3:服用している薬の影響

medicine_bin

利尿薬や降圧剤など、服用している薬の影響で排泄障害が起こることがあります。

家庭でできる排泄障害の対策

排泄障害を改善するために、家庭でできる対策を紹介します。

便秘を予防する

vegetable

高齢者が起こしがちな便秘ですが、便秘によって膀胱が圧迫されることにより、尿失禁の原因となります。

野菜や海藻類、ヨーグルトなどの繊維質の多い食べ物を摂取したり、起き抜けに水分を多めにとって便秘を予防しましょう。

可能なようであれば、散歩や軽い体操などを日常に取り入れて、運動量を増やすのもおすすめです。

排泄記録をつける

bunbougu_memo

トイレに連れていくタイミングが分からなかったり、使っている大人用紙おむつが本人に会っているのかわからなかったりする場合におすすめなのが、「排泄記録」です。

排泄記録を2~3日間つけて排泄パターンを把握し、トイレの誘導や大人用紙おむつ交換のタイミングをつかみます。また、使用する大人用紙おむつがあっているのかどうかの参考にもなります。

尿量は紙コップなどを利用して計ります。大人用紙おむつを使用している場合は、使用後の重さと使用前の重さの差から算出しましょう。そこまで厳密に知る必要がない場合には、尿量を「+」「++」「+++」など記号で記したり、「小パッド/リハパン〇%」などパーセンテージで記したりしてもいいでしょう。

排泄記録ダウンロード

また、頻尿や失禁があると水分の摂取を控えがちですが、脱水症状を防ぐためにもこまめな水分補給が必要です。夜間にトイレに起きるのが心配な方は、夕食後の水分摂取を控えるといいでしょう。

>>関連サイト:
花王relief「排泄ケアとの上手な付き合い方」