介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「え」からはじまる介護用語 > ADL(えーでぃーえる)

ADL(えーでぃーえる)

ADLとは、人が日常生活をおくる上で必要不可欠な動作のことです。

例えば、食事・入浴・排泄などを行う動作のことをさします。

日常生活動作(Activities of Dayly Living)の略語です。

「ADL」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 15

まだら認知症とは?


認知症の症状を指す言葉であるまだら認知症。言葉は聞いたことあるけれど実際にどんな状態なのかわからないというご意見もよく聞きます。ここでは、まだら認知症とはどういった状態の認知症であるのか、どのようにケ…

正常圧水頭症とは?


「外科手術で治る唯一の認知症」ともいわれる水頭症。ですが、自分の家族が水頭症と診断されたとき、果たしてよくなるのか、どのような治療をすればいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。…

前頭側頭型認知症(FTD)とは?


さまざまな種類のある認知症ですが、この前頭側頭型認知症(FTD)は聞きなれない方も多いのではないでしょうか。認知症の中でも最も人格が変わるといわれる前頭側頭型認知症。ピック病も含まれます。もしも家族が…

介護リフォームのポイント|補助金申請から…


現在、厚生労働省の施策として在宅医療・在宅介護が推進されており、今後もその傾向は続くことが考えられます。また、およそ60%ほどの人が自宅での療養を希望しているため今後も在宅介護をしていくという方は増え…

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)…


医療的な管理や処置が必要な方でも利用できる、短期入所療養介護(医療型ショートステイ)。本記事ではそのサービス内容や利用方法、費用などについて解説しています。医療的ケアが必要な方でも安心して利用できる…

全て表示する

「ADL」に関する介護の記事一覧

検索結果 8

【抽選でプレゼント】お洒落で快適に尿漏れ…


トイレ以外の場所で尿が漏れてしまう「失禁」や「尿漏れ」は、性別を問わずに悩んでいる人が多く、とてもデリケートな問題です。衛生面に問題があるだけではなく、失禁や尿漏れへの心配が、外出を控えるきっかけにな…

第7回 使用済みおむつの後始末にエールズ…


“使用済み大人用紙おむつのニオイ”に悩む介護家族は少なくありません。 後始末には、使用済みおむつ専用の消臭袋などもありますが、多くの人がもっとも簡単に手に入るビニール袋を使っています。 そんな大人用紙…

歩行や座位が可能な 高齢患者さんへのおむ…


座位や歩行が可能な患者さんでもおむつが必要となるケースがあります。 このような患者さんは在宅で療養している方も多く、いかにADL・QOL(※)を低下させないおむつを使用するかが大変重要です。 そこで今…

スポーツの秋!自立した生活や介護予防に重…


10月10日、文部科学省がスポーツの日に合わせて発表した調査結果にて、過去にスポーツをしていたかどうかよりも、現在運動をする習慣があるかどうかが大切だと言えることが報告されました。 高齢者の体力が向上…

「火の管理が不安」-認知症になったら料理…


認知症で火や食材の管理が不安なことから、「料理を辞めてほしい」と思っている家族もいることでしょう。安心介護の投稿の中には、「火事が不安なのでガスを止めてしまった」という声も多く投稿されています。 そ…

全て表示する

「ADL」に関する質問一覧

検索結果 36

病院退院後、腸ろう患者の受入先

(とどちゃん2)

胃ろうなどは否定的だったため、CVが継続できるところとして療養型病院見学行きましたが、現在の母親のADLとのギャップが大きくて、転院させたくないと判断しました。さて相談の趣旨は、腸ろうを受け入れてくれ...

寝たばこをやめさせる方法を教えてください

(チキンスープカレー)

私は穏やかに話しているつもりですが、どうしたらいいでしょうか。他にも問題行動はたくさんありますが、ADLが下がってから対応しようと思い、やりたいようにさせています。寝たばこだけは危ないのでやめさせたい...

トイレトレーニングで老健入所は可能でしょ…

(カラミンサ)

り、対象にはならないのでしょうか。昨日とは質問の方向性が変わってしまい恐縮ですが、少しでも元の母のADLに戻ってほしいと願っています。...

父親と二人でいると奇声をあげるのが止めら…

(さんとにー)

管が細かったらしくかなり広範囲で脳梗塞が見つかりました。本来ならば寝たきりになるレベルらしいですがADL的には左手の痺れと左側空間無視のみで見守れば歩行も可能です。認知症の周辺症状に高次脳機能障害の一...

認知症の悪化だけで介護度は上がりますか

(カラミンサ)

。また、初回訪問調査の時は膝が悪く屈曲出来ず浴槽はまたげない、シャワーのみ使用可能を伝えていない。ADLは目立った変化はないが、先に記したように歩行不安定が以前に比べ目立つ、むせが時々、尿漏れは時々あ...

全て表示する

「ADL」に関する共感一覧

検索結果 19

退院後のこと

(明日は何色)

行為、尻餅の回数、これらが増えたことを介護認定調査の特記事項と主治医意見書に加筆してもらえたためかADLは変化なしで途中から2の認定になりました。主治医も細かく母の事を知っているわけではないので簡潔に...

ヒューマンエラー考

(はんさむかあさん)

重に戻り、脂質異常も便秘もきれいに改善しました。問題は再発と治療のため後戻りした脳卒中後遺症によるADLの低下です。私にとって「治療」と「リハビリ」そして「生活支援」(介護)は「生きる」前提条件になっ...

介護される立場を経験してきました。

(ojityann)

時間もかかった手術後、ですよ。しかも私には、脳卒中の後遺症があって、開腹による体幹の筋力低下によるADLの低下が姿勢維持を困難にしていました。私は医師に丁寧に窮状を訴え、リハビリを増やしてもらいました...

すごく幸せで楽しいことも忘れるってホント…

(みぃ子)

、父の手元に置いてます。時々手にとって思い出してるみたいです。私の父は3度目の入院でだいぶ認知力もADLも落ちているので、もうあまり出かけられないかもしれないと思っています。出かけられる間は、出かけら...

高齢者の困難

(ojityann)

ojityannさん私は、58歳でADLが90代…どころか、寝たきり状態でこの世に帰ってきました。その後の紆余曲折は、過去の日記に書いた通りですが、今も85歳のガン患者だと思ってリハビリしながらの治療...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう