介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 震戦(しんせん)

震戦(しんせん)

震戦とは、ふるえのこと。

寒い時や緊張した時などに起こります。
パーキンソン病によって、起こるものは静止時震戦といいます。

何もしてない時に振るえ、何かをしようとすると止まることが特徴。
企図震戦というものもあり、これは逆に何かしようとする場合に震えるので、ADLに支障をきたします。

「震戦」に関する質問一覧

検索結果 2

パーキンソンの手の震戦を何とかしたい。

(ショコラ)

パーキンソンの母の手の震えがきつくて本人も辛そうです。施設でテーブルに座っているときに、手に痣ができたり皮膚が薄くなってきているので、内出血が起きたりします。テーブルの上にクッションを置くくらいしか思...

てんかん発作があっても通所介護が可能でし…

(クリーク)

い出せず、クイズ形式でヒントを与えながら毎晩「お食事ノート」と称して書いていますが、この所、本態性震戦がひどくなり、上手だった文字が書けなくなってきてしまいました。(漢字は思えています)公文書では読め...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう