介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「い」からはじまる介護用語 > 逸脱行動(いつだつこうどう)

逸脱行動(いつだつこうどう)

逸脱行動とは、社会や集団、組織などの規則や基準に反する行動のこと。

介護分野における逸脱行動とは、認知症(痴呆)による多弁、多動、徘徊、抑制欠如からくる性的行動、盗みなどを指します。

むやみに抑制するのではなく、これらの逸脱行動が心身の病的変化により起こっていることを理解し、連帯して対応していくことが重要になります。

「逸脱行動」に関する質問一覧

検索結果 3

性的逸脱行動

(とびもも)

ましたが、頑として拒みます。母は、それに諦め『じゃ私が入りたい』と言うようになりました。この性的逸脱行動(言動)も、この一カ月前から現れるようになりました。ほとほと困ってます。近所の人をも、母と出来て...

薬の副作用について

(おしま)

の為インターフェロンの投薬を始めました。薬を飲み始めて一ヶ月くらいになりますが、急に母に対して性逸脱行動が始まり、大変困っています。そのほかにも母に対して攻撃的になったり、トイレにまでついてきます。薬...

逸脱行動?ピック病?認知症の始まりですか…

(ゆずのすけ)

80歳の父のことで相談です。記憶障害はありません。自立して生活しています。今日は何日、何曜日とか、道に迷ったり、時間を間違えたりはしません。ただ、とても思い込みが激しく、通常では考えられないことを自分...

全て表示する

「逸脱行動」に関する共感一覧

検索結果 1

介護している夫が「離婚したい」と言う。

(ゆふ)

障害周辺症状(行動障害・精神症状)物盗られ妄想、その他の妄想、猜疑心、幻覚、徘徊、無断外出、性的逸脱行動、暴力行為、昼夜逆転・せん妄、食行動の異常等が現れてきます。おつらい状態かとは思われますが、認知...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう