介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「の」からはじまる介護用語 > 脳脊髄液(のうせきずいえき)

脳脊髄液(のうせきずいえき)

脳脊髄液(CSF)とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体のことをいいます。略して髄液とも呼ばれます。
脳室系の脈絡叢から産生される廃液であって、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っています。

「脳脊髄液」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 2

認知症の種類別 原因と症状のまとめ


認知症と一言で表しても、原因によってさまざまな種類があります。それぞれ症状や治療方法なども変わってきますので、あらかじめ理解しておきましょう。ここでは、以下の8つの種類について取り上げます。 アル…

特発性正常圧水頭症(iNPH)とは 治癒…


特発性正常圧水頭症(iNPH)とは 脳脊髄液が溜まって障害を起こす水頭症を、正常圧水頭症(NPH)と呼びます。 頭の中では脳脊髄液が毎日作られており、頭の中を巡って吸収されます。その脳脊髄液が頭に溜…

全て表示する

「脳脊髄液」に関する介護の記事一覧

検索結果 1

頭の中に地図を思い浮かべるのが苦手=アル…


体内ではアルツハイマー病の兆候が出ているけれども、アルツハイマー病や軽度認知障害(MCI)の症状が出ていない“前臨床期アルツハイマー病(プレクリニカルAD)”という状態があります。2011年に導入さ…

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう