介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「の」からはじまる介護用語 > 脳死(のうし)

脳死(のうし)

脳死とは、頭部外傷や脳血管障害(脳梗塞)等により、脳と脳幹の機能が生命を維持していくことが不可能な程に破壊され、回復が望めない状況を指します。

「脳死」に関する質問一覧

検索結果 5

特養での転倒による急性硬膜下血腫により死…

(うみりんりん)

椅子から転倒したことによる、急性硬膜下血腫が死因でした。救急搬送されたときには、もう完全に手遅れで脳死の状態と宣告されました。心停止後、葬儀屋さんにお迎えに来てもらう手配を進めていたところ医師より、今...

転院先に胃ろうを条件として受け入れると言…

(とりん)

れたままです。その後自発呼吸をしており、人工呼吸器は全く使用していません。瞳孔も光に反応しており、脳死ではないです。現在は緊急搬送された病院に入院中ですが、近々療養型施設へ転院予定です。意識がないので...

胃ろう創設手術について

(ほどほどが好き子)

だ意識不明、瞳孔ほとんど閉じ、自己呼吸微か8/10胸部呼吸器手術、次に胃ろう手術する旨言われました脳死に近いこのような状態で、両親家族(妻子二人)悲しみのどん底にいます。医師は延命措置ではないと言って...

病気の自覚がない父親を、どのようにして病…

(みや)

職場の同僚の事なのですが、ガンで治療中の母親が脳死状態になり、その影響で父親が錯乱し、わけの分からない事を言ったり、突然家を飛び出して保護されたりするようになって、同僚は仕事にも行けず、一日中父親の側...

延命治療の拒否の意思書の書き方

(築地大好き)

書を書く前に、嚥下障害で延命治療に入った姉の延命治療stopは医師に頼んでも良いのでしょうか?現在脳死状態で月末に気管切開して人工呼吸器を口から喉へ動かす予定です。済みませんが宜しく。...

全て表示する

「脳死」に関する共感一覧

検索結果 15

介護を振り返って思うこと

(ojityann)

子供のころに見ていたことが、役立ったと思います。それは壮絶な介護でした。褥瘡は骨にまで達する程で、脳死状態の口腔内は乾き、岩のようでした。母は、涙を拭きながら、脱脂綿で口を湿らせていました。それでも、...

終末期に関する意思確認

(リト)

けてもその二、三日後には亡くなりました。やはり人の寿命は決まっているのかなと思ったものです。長男は脳死状態だっから痛みも感じてなかったし、もしかしたら意識が戻るかもしれないという思いもあったし。悩まし...

意識の戻らない母に会う時の気持ち

(悩めるひとりっこ)

示をして下さるんですね…!それは本当に嬉しいし、やりがいがありますね!知り合いのお父様は、医者から脳死と言われたにも関わらず、家族が何か話すと笑みを浮かべるまでに回復されたそうです。私も母といつか、せ...

母の命を絶つ選択

(sunsunsun)

辛いですよね私も30何年前に末期がんの父を看病しました脳死の状態になった時一生懸命に人工呼吸をやってくれる看護師さんや医師…延命は断りましたやっと横になれたよねお父さんて感じまた若くて辛い闘病生活だっ...

嫁はお手伝いさん以下ですか?

(yokko)

ました。最後の意識がある時、私だけを呼び、3回「ありがと、アリガト、ありがとうね。」と言ってその後脳死まで1週間くらいでした。...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう