介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「け」からはじまる介護用語 > 経皮的心肺補助装置(けいひてきしんぱいほじょそうち)

経皮的心肺補助装置(けいひてきしんぱいほじょそうち)

経皮的心肺補助装置とは、主に急性期の心肺補助に使用される人工心肺装置です。PCPSとも呼ばれます。

注射針のように皮膚を貫いて血管にカニューレ(送血管と脱血管)を挿入するのが特徴で、血液回路も非常に単純であるため、数分間で準備し装着することができ、心原性ショックの蘇生手段として用いる場合もあります。

重症冠動脈疾患症例のPTCA施行時の循環補助や、呼吸不全における呼吸補助、重症心不全症例に対して適用され、PCPS装着の遅延により心肺機能が回復しても多臓器に影響を残すこととなるため、下記のような適用基準を設けています。

【適用病態】
* 体外循環離脱困難症
* 術後低心拍出量症候群(LOS)難治性不整脈を含む
* 急性心筋梗塞後心源性ショック
* 心筋炎による低心拍出量症候群
* 重症冠動脈疾患症例のPTCAの施行時
* 呼吸不全に対するECMO

【判断基準】
* 主徴:左心不全心係数(成人)<2.0ℓ/min/m2(小児)<2.3ℓ/min/m2、収縮期動脈圧<80~90mmHg、左心房圧>18mmHg、

右心不全心係数(成人)<2.0ℓ/min/m2(小児)<2.3ℓ/min/m2、収縮期動脈圧<80~90mmHg、中心静脈圧>18mmHg、左心房圧>5mmHg

* 副徴:尿量<0.5mℓ/kg/h、混合静脈血酸素飽和度<65%、動脈血酸素含量較差>7.0Vol%

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう