介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「さ」からはじまる介護用語 > 細胞外液(さいぼうたいえき)

細胞外液(さいぼうたいえき)

体液とは、動物がなんらかの形で体内に持っている液体のことをいい、体液は大きく細胞内液(ICF)と細胞外液(ECF)に分けられますが、細胞内液は体液に含まないことが多いとされていっます。

細胞外液には、血液やリンパ液、血管の外の細胞間を満たす組織液、および体腔内の体腔液などが含まれます。細胞のまわりにある液を細胞外液といい細胞外液にはナトリウムが多く含まれます。また血液は細胞外液の一種で、血液にはナトリウムが多く含まれます。

「細胞外液」に関する介護の記事一覧

検索結果 1

ロタウイルスとは?流行しやすい3~5月は…


3月頃まではインフルエンザの流行もあり感染対策にも敏感になっているかもしれません。しかし5月にもなるとインフルエンザウイルスの感染ピークも過ぎて、感染症への警戒が緩んでしまいがちです。 しかし、まだ…

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう