介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「た」からはじまる介護用語 > 端座位(たんざい)

端座位(たんざい)

端座位とは、ベッドの端に腰をかけ横に足を下ろした体位のことをいいます。

「端座位」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 3

特殊寝台 (介護用ベッド・電動ベッド)と…


介護が必要な方を助け、そして寝たきりを防止するための介護用具として用いられる特殊寝台 。介護用ベッド、電動ベッドなどと呼ばれています。 介護する側にとっても、起き上がりや立ち上がりの動きを助けるものと…

ポータブルトイレ(持ち運びトイレ)とは …


トイレまでいかなくても、寝室などで排泄ができるように設置されるポータブルトイレは、身体機能の低下によりトイレまでの移動が難しい方やトイレへの移動の介助が難しい時間帯などに利用されています。 ポータブル…

体位の変え方


介護において、体位変換は避けて通れない作業のひとつです。 床ずれの予防策としても有効であり、体位の変え方を覚えることは、介護を行う人にとって必須と言えるでしょう。 体位を変えるにあたっては、その種類…

全て表示する

「端座位」に関する質問一覧

検索結果 7

突然の変化に戸惑い

(おだっち1214)

の方が力尽きてしまいました。トイレとの往復に1時間かかってしまいました。臥床したらそれきり。自力で端座位になれません。一昨日まではそれくらいはできていました。ある程度食事や飲み物、飲む薬、オムツやパッ...

ベットに寝る時に、腰が痛む人の介助法

(だいや)

て、体の動きも悪く、大きな歩行器で歩いていますが、ノソノソ速度は遅いです。それで質問ですが、ベット端座位から、仰臥位で寝かせる時に、肩に手をまわし、手首、肘、肩の順番で(徐々に上半身を傾け)、最後に両...

座位(端座位)を保てなくなってきました・…

(山姥ひばり)

なってきました。歩行器があれば、寝室から玄関までは何とか移動ができます。食事はベッドの端に座って(端座位・「たんざい」と呼ぶそうですね)取っています。しかし最近、座位が保てず、すぐ後ろに倒れそうになり...

ムース食を検討するべきか。

(ふくみかん)

もらうと、飲んだはずの薬(お湯で溶いて飲んでいる)まで口の中に溜まっていました。現在は、普通食を、端座位で、箸を使って食べています。入れ歯を口の中に戻すのも、一苦労のようで、口の開きも悪くなっているん...

嚥下のリハビリを入院してやるか訪問でやる…

(浮釣木)

ギャッチアップの角度は45度くらいです。30度くらいが良かったのでしょうか?結局、以前のベッド上の端座位に戻ってしまいました。落ちてしまった嚥下機能を回復させるために、リハビリ病院に入院して集中的にや...

全て表示する

「端座位」に関する共感一覧

検索結果 2

あの執拗さは、何でしょう?

(ふくみかん)

れさせ、そのポータブルにも、介助なしでは移動出来ない。その内、ポータブルトイレに行く前に、ベッドに端座位になれなくなった。後ろや、横にフラフラ倒れる。介助も、全体重をかけられるので、介助者にとても負担...

疲れがとれません

(浮釣木)

ばできますが、常に転倒の危険があります。最近は車椅子にも短い時間しか座れなくなりました。ベッドでの端座位を保持するのがやっとです。...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう