介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「は」からはじまる介護用語 > 白血球(はっけっきゅう)

白血球(はっけっきゅう)

白血球とは、血液に含まれる細胞成分の一つです。

顆粒球、リンパ球、単球があり、外部から体内に侵入した異物の排除を役割とする造血幹細胞由来の細胞です。
寿命は4-5日。怪我などをした後に傷口から発生する膿は、この白血球の死骸である。

「白血球」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 2

免疫力をつける食事とは


免疫力とは 免疫力とは、身体に備わっている病気にならないための防御機能のことです。 外部から入ってきた病原菌やがん細胞などを退治しているのが「NK細胞」と呼ばれる免疫細胞です。 つまり免疫力とは、N…

歯周病とは 原因・症状・対策


歯周病とは 歯周病は、歯を支えている歯茎や骨が壊れたり、溶けたりしていく病気です。 歯茎が腫れたり歯が揺れたりすると、最終的に周囲の骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜けてしまいます。 歯の周り…

全て表示する

「白血球」に関する介護の記事一覧

検索結果 1

脳の炎症を防げば、アルツハイマー病の進行…


物忘れから始まり、症状が進んでいくのがアルツハイマー病です。 この進行を食い止めるため、脳の免疫細胞に着目した 新たな研究結果が1月8日に発表されました。 免疫細胞が脳に炎症を引き起こす この研究を…

全て表示する

「白血球」に関する質問一覧

検索結果 15

食欲が無い 今後の見通し

(とめはね)

前に余命一年と診断され、丸山ワクチンと漢方で今まで日常生活を送ってきました。一月前に血液検査から、白血球が16000をこえるなど、余命3から6ヶ月と診断されましたが、本人がそれ以外の検査(胃カメラなど...

状態が悪いとは?

(トウト)

て頂きありがとうございました。一時期はゼリー食から刻みトロミ食まで戻ったのですが、直後からまた熱と白血球の値が高くなり禁食になっています。先日は担当の看護士さんから担当医ともう一度話してくれといわれ、...

血液検査でわかる病気と其の判断の仕方

(わんわんちゃん)

常な数値や徐々に基準値より少しづつ高くなってくると思います。感染症や炎症している内臓の病気はCRP白血球の数値が急上昇します。血液検査結果の医師の説明もとても早口でわかりません。何の項目が異常で今後ど...

現在海外在住です。妻を帰国させて介護を受…

(shasta)

状態は、25年ほど前に脳溢血、以来右半身不随20年ほど前、転倒による腰の骨折免疫力の著しい低下(白血球の減少)5年ほど前に帯状疱疹同時にてんかん症状(体がグターとなる)数回入院(集中治療室)MRIにて...

1月23日中心静脈栄養に。膵尾部の癌が、…

(lee)

りで全身の肉がなくなり骨・・用圧酸素マスクで別人に・・28日ICUで輸血とアルブミンしても2.2L白血球15.6CRP10.39。腹水もたまり、腎機能悪化で利尿剤と昇圧剤バランス困難で最終的に腎不全に...

全て表示する

「白血球」に関する共感一覧

検索結果 8

困った病院のワーカー

(はー)

おっしゃる通りダメでした」と言われました。…当たり前だろうがー(`ロ´;)レボレードは特殊なお薬で白血球上げる薬なんだよ無理に決まってるだろうが。乳ガンはただでさえ再発率が高いのにホルモン治療やめれる...

肺炎では無かったけれど

(リト)

心熱のためか虚ろな目をしていたけれど看護師さんに熱は少し下がりましたと肺のレントゲンは大丈夫ですが白血球数が多いので様子見です家に帰ってから病院の先生から再度電話で尿の出方が悪いので管を交換しようとし...

困りました

(aibo)

いきます。それで先のような副作用が起こるのですが、厄介なのは骨髄抑制で、血液の状態が悪くなります。白血球が少なくなれば免疫力低下、赤血球が減れば貧血のような状態、血小板が減れば出血が止まらなくなります...

母、デイで一時意識喪失

(yanano)

にデイへ行って、詳しく状況を聞いてとりあえず脳外科へ。血液検査とMRIで「貧血もナシ、糖尿もなし。白血球異常もなし。どこも悪くありませんね」とお墨付きをいただきました貧血の私よりずっと良い数値である・...

ついにダウン・・・

(ひかり)

母親は何度も、何度も同じことを繰り返し聞きます。吐きそうなんだってば、話しできないんだってば。私は白血球の数値が恐ろしく高く、本当はもう一度夕方点滴に行かなければ行けなかったのに、こんな状態で行くこと...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう