介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「せ」からはじまる介護用語 > 生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)

生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)

生活習慣病とは、糖尿病(1型糖尿病を除く)・脂質異常症(家族性脂質異常症を除く)・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称です。

このような疾患と肥満を複合する状態を、医学的にメタボリックシンドロームと総称します。また、がん、脳血管疾患、心臓病の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げるとされています。

「生活習慣病」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 9

若年性アルツハイマー/若年性認知症とは …


ドラマや映画などで取り上げられることも多い、若年性アルツハイマー型認知症とは、若年性認知症の種類の一つで、64歳以下で発症するアルツハイマー病のことです。ここでは、若年性アルツハイマー型認知症の10の…

高齢者の食事制限


食事制限とは 食事制限とは、体の機能や細胞、組織を健康に保つために適正なカロリーを守り、バランスのよい食事を意識しながら、体の状態に合わせて食事内容に制限を加えることいいます。また、直接病気を治すわ…

高齢者・被介護者に適切な栄養バランスとは


人間が健康に生きていくためには、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。基本栄養素は46種類あり、栄養素の働きから、3つの食品グループに分けたものを三色食品群と呼びます。 必要不可欠な3種の食…

見当識障害とは


家族が認知症と診断されていない時点では、何らかの症状があっても、それを認知症の初期症状と分からないことが多いでしょう。そのため、どのような症状があるのかを知っておくことが大切です。ここでは認知症に見…

アルツハイマー予防に効果的な“MIND食…


認知症を引き起こす原因のうち、最も多いのがアルツハイマー病です。 アルツハイマー病には特効薬がないため、いかに予防するか、いかに悪化させないかで頭を悩ませている人も多いかと思います。 そんな方に紹介し…

全て表示する

「生活習慣病」に関する介護の記事一覧

検索結果 9

脳のトレーニングにチャレンジ!


脳の機能は加齢とともに低下しますが、毎日積極的に脳を使う習慣をつけることによって、脳の機能の低下を防ぐことができます。皆さんも脳のトレーニングで日頃から脳を活性化し、認知機能の低下を予防しましょう。 …

介護予防のために心掛けたい「健康な食事」


介護予防はもちろん、元気に自立した生活を続けるためにも、食事の見直しは欠かせません。食が細くなったり、買い物や食事の準備が大変になったりする高齢者にとって、十分に栄養バランスの取れた食事を継続するのは…

太陽生命、認知症治療保険の契約者に認知症…


「もしかしたら?」と思っても、本人や家族がなかなか受け入れられずに診断や治療開始が遅れてしまうことがある認知症。症状が軽いうちに治療を受け、進行を予防してもらう目的で誕生したのが、認知症保険です。 …

プロが考える「高齢者に必要だけれど不足し…


「食べやすさ」や「栄養」など、いろいろと気を配らなくてはいけない高齢者の食事。特に栄養は要介護や認知症の予防に、深くつながる大切な要素です。 それでは高齢者の健康を維持するためには、どんな栄養に気を…

認知症予防薬はすでにあった? 期待したく…


認知症の予防薬や特効薬は存在していません。発症や進行を防ぐため、要介護者の食事や運動などの生活習慣に気を使っている介護者の方も多いのではないでしょうか。 認知症の発症や進行を抑えるのに有効な薬があれば…

全て表示する

「生活習慣病」に関する質問一覧

検索結果 4

義父、入退院を繰り返し家族が振り回されま…

(ピコの羽根)

。動脈硬化で、体中のあちこちの血管が詰まりかけていました。血圧、コレステロール高かったり、結局、生活習慣病です。定期的に病院には通院してましたが、そこまで悪いとは思いませんでした。閉塞性下肢動脈瘤、腎...

主治医は一人じゃないのです…

(くるり)

させて下さい。昨年の初回認定時は内科の医師を主治医としておりました。その先生はかれこれ20年近く生活習慣病治療でお世話になっている方で、母は月に1回の診察と血液検査、尿検査、投薬をお願いしています。ま...

第二の介護人にならない努力をさせたい。

(nstyle)

ャラくらい太ってます。運動は全くせず、お風呂上がりのビールが好きです。先の話ですが、父の次に姉が生活習慣病で介護を必要としそうな気がして、生活習慣を変えるように言ってますが、一向に変わりません。介護の...

介護されないといけない事を認識させるには

(はな)

護されて当たり前という認識と病気を理解して貰うのは、どうしたら良いのでしょう。言葉は悪いですが、生活習慣病からの病気です。制限が出来ないなら好きなことを好きなだけして迷惑かけないで心臓発作などで亡くな...

全て表示する

「生活習慣病」に関する共感一覧

検索結果 21

「きょういく」と「きょうよう」

(ひとりぽっち)

センターの先生の文献には、「脳にアルツハイマー病特有の病理があっても、他の要素〜危険因子の軽減(生活習慣病、運動、栄養など)、脳の予備能(教育、精神活動、社会活動など)が完璧な人は、発症する可能性が低...

糖尿病ってなあに?

(はんさむかあさん)

の糖尿病では、個体維持が脅かされるので子どもの頃からインスリン注射をしなければなりません。一方の生活習慣病としての糖尿病は、過剰な糖分の摂取が続き、インスリンの量が足りなくなったり、インスリンの働きが...

タッチケア

(ひとりぽっち)

厳を大切にし、個人に寄り添うケア。これもタッチケアだなと思います。高血圧や糖尿病といったいわゆる生活習慣病は、生活習慣の改善により良くなりますよね。母は、一時糖尿病予備軍となりましたが、食生活を見直し...

意識付け

(いせまる)

れば、結果が出るはず」なのに、本人は、それをしない》で、他力本願の上、不信感…という部分には、「生活習慣病」患者も、当てはまる人が多いように感じています。説明では、難しいです。説明内容を、理解しようと...

副作用とのつきあい方

(はんさむかあさん)

プされるようになりました。(生活習慣によっては、年齢によらず発症することがわかってきて、最近は「生活習慣病」と言います)感染症制圧がうまくいったので、薬で治療する方向で治療法が検討されました。最近にな...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう