介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「と」からはじまる介護用語 > 特別支援学級(とくべつしえんがっきゅう)

特別支援学級(とくべつしえんがっきゅう)

特別支援学級とは、小学校、中学校、高等学校および中等教育学校に、教育上特別な支援を必要とする児童および生徒のために置かれた学級のことです。

学校教育法(昭和22年法律第26号)の第81条に規定があり、これに基づいた学級のため、81条学級ともいうこともあります。

特別支援学級は、学校によって、養護学級、育成学級、心障学級、障害児学級、実務学級、学習室、総合学級、個別支援学級、なかよし学級、あすなろ学級、ひまわり学級など、さまざまな呼び方があります。(東京都などでは健康障害の生徒のために健康学園という学校を設置しており、これも制度上特別支援学級に分類されます。)

制度上は、高等学校や中等教育学校にも特別支援学級を置けますが、高等学校学習指導要領に特別支援学級の教育課程に関する記述がないため、実際に設置されている例はほとんどありません。このため、設置するよう呼びかける市民運動が行われているのが現状です。

「特別支援学級」に関する質問一覧

検索結果 2

父親の行動が認知症なのか性格かわからない

(こじやっこ)

のか判断ができなくて相談させてもらいます。父親は定年退職(校長)した後も、いろいろな専門教育(特別支援学級など)や責任職に携わり、5年位前までは講演会などでも発言力のある有識者でした。しかし反面、よく...

何もかもがわからず、困ってます。

(魔女のキキ)

きと言われ、母も一緒になっていいます。私も出来る限りの介護してます。次男は発達障害です。来週、特別支援学級のクリスマス会なのに、母の病院と重なってしまいました。担当のケアマネにも相談したのですが、私に...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう