介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「き」からはじまる介護用語 > 救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし)

救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし)

救急救命士とは、救急患者に対して救急車で病院に到着するまでの間、医師の具体的、包括的指示のもとで救急救命処置を行うことが出来る名称独占の資格です。

現在消防機関で活動している救急救命士国家試験の受験資格取得の一般的な方法として、消防機関の救急隊員として救急業務に一定期間従事した後、指定養成機関で一定期間必要な知識技能を取得した者
救急救命士法に基いた指定養成機関[大学(4年)・専門学校(2年以上)]で必要な知識技能を取得した者 が挙げられます。
その他特例として1991年以前に看護師の資格を有していた者、看護師養成所に入学していた者も救急救命士国家試験の受験が認められます(無資格では受験出来ません)。

「救急救命士」に関する共感一覧

検索結果 2

救急車の音

(ひとりぽっち)

救急車を呼ぶか迷うのは当然です。今回の例は、何事もなく終わってよかったといえそうです。救急車には救急救命士の資格者が同乗しているので、呼んだ方が安心できます。裏の家の主人が、恐怖や不安から解放されて安...

特別に手の掛かる利用者さまではなかった。…

(優奈)

ねらった言葉には、あきれるばかりなのです。ほんと逮捕された今も、白々しい供述尋問話。とんでもない救急救命士資格者の介護士です。裏の気持ちは、お金のためには、命の重さも解らない凶悪な善人を装う、凶悪な悪...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう