介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 心血管疾患(しんけっかんしっかん)

心血管疾患(しんけっかんしっかん)

心臓・血管など循環器における疾患です。
病変の主座に応じて、心臓病と血管疾患とがあります。

心臓病は、まず、先天的な異常に起因するものと、後天的に異常が生じたものに大別されます。先天的な異常に起因するものは先天性心疾患と称されます。一方、後天的に異常が生じたものは、おおむね下記のように分けられます。
・不整脈
・虚血性心疾患
・心臓弁膜症
・組織における感染・炎症

血管疾患は、その病変の主座によって、動脈疾患と静脈疾患とに大別されます。
動脈疾患には下記のようなものがあります。
・変性疾患
・炎症性疾患
・先天性疾患
・機能性疾患

一方、静脈疾患には、炎症性のものとして血栓性静脈炎、静脈血の還流障害として下肢静脈瘤や上大静脈症候群があります。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう