介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 心筋梗塞(しんきんこうそく)

心筋梗塞(しんきんこうそく)

心筋梗塞は、虚血性心疾患のうちの一つです。

心臓が栄養としている冠動脈の血流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態をいい、通常は急性に起こる急性心筋梗塞のことを指します。

冠動脈の血流量減少は、主に動脈硬化などの何らかの要因によって狭窄を起こすことによります。心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群と言う概念が提唱されています。

「心筋梗塞」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 7

認知症で食事拒否の実母。原因と対策は?


 認知症が進行すると、目の前に食事を用意しても、食べないことがあります。認知症の人に限らず、高齢者は活動量が低下するため、食欲がわかないことも少なくありません。一食、食事をとらなかった程度では問題あり…

熱中症が心配です。高齢になった両親の水分…


【質問】 75歳の父と72歳の母は隣町で2人暮らしです。 70歳を過ぎてから、「寒い」と言って真夏でもエアコンをあまり使わず 熱中症にならないか心配です。 こまめに水分補給をするように言っていますが、…

嚥下障害とは?症状と原因を詳しく解説


「嚥下障害」とは飲食物や唾液を飲み込む嚥下機能が低下する症状のことです。嚥下障害の原因は脳卒中、パーキンソン病、認知症など多岐にわたりますが、高齢になるほど発症率は上昇します。このため、超高齢化社会に…

浴室の介護リフォーム


年齢を重ねて体が思うように動かなくなると、浴室のリフォームが必要になるでしょう。浴室における高齢者の事故は年々増加しており、その予防に向けたリフォームの必要性が迫られています。 では、どのようなリフ…

アリセプト(ドネペジル)とは 利用者の声…


アリセプトは認知症の治療に広く使われています アリセプト(ドネペジル)は認知症の治療薬の1つで、エーザイ株式会社が開発・販売しているものです。 アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の進行を抑制…

全て表示する

「心筋梗塞」に関する介護の記事一覧

検索結果 6

急激な血圧の変化で起こる脱衣所や浴室での…


比較的暖かい日が多かった年末年始ですが、1月5日の寒の入りには日本気象協会が「冬将軍の到来」を予想するなど、これから寒い日々が続きそうです。 寒い冬に気を付けたいのは、寒い脱衣所や浴室で起こる「ヒー…

「高齢者に必要だけれど不足しがちな栄養素…


「食べやすさ」や「栄養」など、いろいろと気を配らなくてはいけない高齢者の食事。特に栄養は要介護や認知症の予防に、深くつながる大切な要素です。 それでは高齢者の健康を維持するためには、どんな栄養に気を…

高齢者の口腔ケア:知っておきたい医院探し…


歯科医院探しには、若い世代でも頭を悩ませることが多いと思います。 それが、「認知症が進行してしまった」、 「脳梗塞などでマヒが出てしまった」となると、 一気に不安が増すのではないでしょうか? 通いな…

【介護漫画】入院中も「エコノミークラス症…


ベッドに横たわる姿は痛々しく思えるものです。 少しでも楽に過ごしてほしいと、 いろいろ試行錯誤している人も多いかと思います。 でもベッドの上のご本人は、 心配そうな顔よりも笑顔を見たいのかもしれません…

【介護漫画】75歳以上の後期高齢者を対象…


75歳以上の後期高齢者を対象に自治体が行っている健康診査、ご存知でしょうか? 各自治体によって検査項目は変わってきますが、若いときから何度も受けているはずの検診も、年を取ってくると何をされているのかが…

全て表示する

「心筋梗塞」に関する質問一覧

検索結果 124

小規模多機能型へ変更

(秘密)

叔母が独り暮らしをしていますが、心筋梗塞を起こし、入院しました。ほぼ、入院前の状態には戻りましたが、本人はこの家から離れたくないと言って施設入所も拒むため、小規模多機能型を利用しては。と、担当ケアマネ...

唾液のむせについて

(もしもし介護)

され18年、現在寝たきりとなり、意思疏通困難で全介助です。胃ろうにして3年、これまで認知症の他に心筋梗塞や誤えん性肺炎、心不全等で救急搬送もあり、何度も危険な状態を乗り越えてきました。最近、唾液にむせ...

腸閉塞の造影剤検査結果で小腸が癒着してい…

(ポインセチア)

われました。85才高齢寝たきりで体力もない状態で手術をし、例え手術は成功しても術後肺炎や脳梗塞や心筋梗塞が再発が心配です。今後の検査で少しずつでもエンシュアを注入出来ればいいですが、出来なかったらどう...

腸閉塞の母の減圧で、下腹部が詰まった個所…

(ポインセチア)

染のリスクもあり、また胃瘻と違って栄養も偏るし、長生きできないような事を言われました。手術も母は心筋梗塞をしたこともあり、高齢ですし何か起こるか分からないので(もし手術するならば、前の病院でしたいと先...

主治医が決まったが尿路感染もあるが、腸閉…

(ポインセチア)

と言われましたが不安しかありません。もし管をいれても便が出ず手術になったらと思うと怖いです。母は心筋梗塞を昔やったことがあるので手術は避けたいです。次から次へと診断名が変わりなにがなんだか分かりません...

全て表示する

「心筋梗塞」に関する共感一覧

検索結果 87

今日で4ケ月経ちました

(yukky610)

皆さんが回復傾向にあると言ってくださっているのですが、心筋梗塞でいつまで心臓が持つか?の状態なんです。医者からも抹消点滴では、1ケ月くらいかと思っていたと言われたくらいなんで…。でも、まだ意識もあるし...

元気そうに見えても実は…

(yukky610)

いたけど、それから元気を取り戻してまだまだこの先も行けそうな気がしていたけど、検査の結果を見ると心筋梗塞が危険な位進んでいて、腎臓も悪くなっているらしい。いつかはそういう時が来ることは分かっていても数...

イライラを減らすには

(ojityann)

ちに人生が終わってしまうかも。今年の花は今年見ておく。もう20年も前から夫はそう言っていました。心筋梗塞で入院してからです。まだ幼児の息子を抱えた私は、その真意がわからないまま生活を支えることばかり考...

世知辛い世の中。

(はー)

救急を扱うと言うことは、病床を重篤な方に確保して置かなければいけないジレンマがあります。例えば、心筋梗塞、脳血管障害など、今動かしては命に関わるという方々です。勿論はーさんのご家族も理解の上困ってると...

もっと早くに介護サービス使えばよかったで…

(ミナコン)

る実母の事です。去年の今頃に腰椎圧迫骨折をして入院しました。期間中一度転院。他にも両足皮膚潰瘍や心筋梗塞の持病もあり。去年の秋に退院後と同時にデイサービス開始。圧迫骨折する前にも地域包括支援センターに...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう