介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 心室肥大(しんしつひだい)

心室肥大(しんしつひだい)

心臓肥大とは名前の通り心臓が普通より大きくなった状態をいいます。

主に高血圧が原因になる場合が多く、通常心臓は、心臓の筋肉(心筋)が収縮することによって、全身に血液を送り出しています。しかし心臓肥大の場合心臓から血液を送り出すとき、高血圧などにより、心筋に 通常より高い負荷がかかると、
この負荷に打ち勝つために、心筋が 厚くなり、心臓肥大を起こします。

心臓肥大が生じると、心臓が弱り、十分な血液が循環しなくなる為、「心不全」が 起こる場合があります。

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう