介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談
  ニュース  

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 心不全(しんふぜん)

心不全(しんふぜん)

心不全とは、症状ないしは病態の一種。
心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態をさします。

「心不全」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 4

リクライニング車椅子(リクライニング式・…


車椅子にはさまざまな種類がありますが、その1つに リクライニング車椅子 というものがあります。 なかなか街中で見かける機会が少ない リクライニング車椅子ですが、リクライニング車椅子 を使用するメリット…

せん妄とは?原因と対応方法


せん妄(譫妄)とは、意識障害が起こって頭が混乱した状態を示します。時間や場所が急にわからなくなる見当識障害から始まる場合が多く、注意力や思考力が低下して様々な症状を引き起こします。高齢者に多く見られ、…

アリセプト(ドネペジル)とは 利用者の声…


アリセプトは認知症の治療に広く使われています アリセプト(ドネペジル)は認知症の治療薬の1つで、エーザイ株式会社が開発・販売しているものです。 アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の進行を抑制…

心疾患のための心臓リハビリ


心疾患には、急性心筋梗塞、狭心症、心不全、心臓手術後、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症などの病気があり、心臓の機能が著しく低下します。 それだけではなく、心臓をいたわるために安静な生活を続けることで、運動…

全て表示する

「心不全」に関する介護の記事一覧

検索結果 5

【グリーフケア事例・前編】10年以上続い…


安心介護では、介護が終わった後に残された方が感じる喪失感や落ち込みのケアである、グリーフケアについての記事を公開しています。 >>大切な人を失った後の喪失感によって起こる変化 >>大切な人を失った後…

在宅酸素療法中は火気に要注意!1年で火災…


症状は安定しているものの、酸素を体の中に取り入れるのが難しい人に行われる“在宅酸素療法”。医師の専門的な判断のうえ、持ち歩き可能な酸素供給装置を使い、家庭での生活や職場への復帰、旅行などを可能にする…

先進国では認知症の発症率が低下、原因は不…


「先進国では認知症になる人が減少しつつあるが、原因ははっきりしていない」 -このような研究結果が、2月11日に医学雑誌 「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」にて発表されました。 60…

福祉用具の利用ルールの解説【PR】


前回、介護保険制度とレンタルできる福祉用具、購入することができる福祉用具について大まかに紹介しました。しかし、借りたい・買いたいからと言って、誰もがこの福祉用具サービスを使用することができるわけで…

病気のサインかも?あなどれない高齢者の“…


  生理周期に合わせて、または食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因で起こる “むくみ”には、誰もが悩んだ経験があると思います。 特に足がむくむと、だるさや歩きにくいなどの不快感がありますよね。 体内に水分が…

全て表示する

「心不全」に関する質問一覧

検索結果 216

トイレトレーニングで老健入所は可能でしょ…

(カラミンサ)

こで、グループホームに入る前に排泄のトレーニング目的で老健利用は出来ないのでしょうか。不整脈による心不全で薬服用中、足の浮腫みがひどい位しか医学的管理はなし、全く老健利用の範疇外でしょうか。在宅復帰は...

嚥下改善術 (気管切開術)をされた方

(きららきこ)

2017年の4月に心不全の急性増悪で入院した母です。当時67才でした。入院中に小脳梗塞になり、嚥下障害になりました。リハビリ病院に入院し、言語聴覚士さんのお陰でゼリーを飲み込むまで出来たのですが、退院...

CVポートと痰の吸引の管理が自宅でできる…

(mar-kt)

同居している義父が大量の下血をし入院。胃潰瘍からの出血により輸血を行い、また慢性心不全で足のむくみがひどく薬を投与し尿管をつけ、絶食。入院後数日経って肺炎になり抗生剤を点滴、そんなことを繰り返している...

経鼻経管栄養の夫の施設を探してます

(キヌまま)

夫が先週急性期の病院から慢性期の一般病院に転院しました。病状は心不全で、1度は地域包括病院にも転院しましたがそこで再度心不全の症状が出てしまい、急性期の病院に戻りました。その時結構重篤になり、肺炎もお...

乱暴な看護師について

(440)

母が心不全で入院しています。認知も少しあります。最近体の調子がよく喜んでいました。ところが昨日病院から連絡があり「取り乱して泣きわめいているので来てください」と連絡があり、急いで病院へ向かいました。そ...

全て表示する

「心不全」に関する共感一覧

検索結果 96

インフォームドコンセント

(ザンギ)

わります。お疲れなのに事務的な事や今後の方針まで、よく考える余裕はないですよね。夫は3年前腎不全、心不全が悪化し入院、転院で約1年後退院し、今は落ち着いてます。入院中やはり急変時をどうするのか家族で話...

またまた右脇肋骨骨折

(わかたか)

なかなかリハビリができず今のところ目立った変化はありません。本当は膝裏の筋を少し削る手術の予定が、心不全があるので無理せずに注射対応となりました。注射しても毎日のリハビリは必要で、朝夕の食後に必ず腕の...

なんでなん

(おかんと一緒)

看護師は寄り添いが減ったような気がします。病院を変えた方がいいのかとも思っています。今は必要のない心不全の薬まで入れられ、明らかにミスですよね。...

肺機能低下の今後について

(jasmin1107)

85歳実母閉塞性肺疾患とピック病を患っています昨年肺炎と心不全で2回入院しその際に医師から母は肺がボロボロになっていて寿命が近づいているといわれました若い頃に結核を患い肺の1/3を切除しています母の肺...

正月早々家族会議で施設行きが決まりました…

(しのちゃま)

姉は仕事もしてますし、毎日大変なのかなぁと感じ施設見学をケアマネさんと相談する方向で話をしました。心不全も持ってるので、慎重に進めて母に会った施設が見つかる様に頑張ろうと思います。そして、日々お世話を...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう