介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「ざ」からはじまる介護用語 > 在宅医療(ざいたくいりょう)

在宅医療(ざいたくいりょう)

在宅医療とは、慢性疾患患者や寝たきりの高齢者などが自宅療養している場合に提供される医療看護システムのことです。

「在宅医療」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 3

介護保険制度の行方【介護とお金の気になる…


介護の現状とお金の問題に詳しい、「特定非営利活動法人 くらしとお金の学校」のファイナンシャル・プランナー等の方々に、介護にまつわるお金の問題について書いていただきました。 執筆:長沼和子(NPO法人…

自宅での看取り【準備~終わりまで】


介護が必要な家族が、終末期に差し掛かったときに考えなくてはいけないのが、「看取りの場所をどこにするか」です。本人や家族の想いから、「自宅での最期」を選択した場合にどんな心構えや準備が必要になるのでし…

ターミナルケアとは 在宅や施設、病院にお…


ターミナルケアとは 終末期を表す「ターミナル」という言葉。そしてターミナルケアとは、余命がわずかになった人の終末期医療や終末期看護を指します。つまり、「看取り」に向けての医療や看護のことです。 ター…

全て表示する

「在宅医療」に関する介護の記事一覧

検索結果 12

今だから知っておきたい!「2025年問題…


人口が減少していきながらも、高齢者の人口は増えていくこれからの日本。2015年には戦後のベビーブーム世代、いわゆる“団塊の世代”が65歳以上に到達し、その10年後の2025年には75歳以上に到達しま…

日本医師会が活用を推進―「かかりつけ連携…


2015年4月から取り組みがスタートしている、在宅医療・介護連携推進事業。高齢者やその家族が安心して在宅での生活を続けていくには、欠かせない事業です。一方で4割のケアマネジャーが「推進されていない」…

当事者でなくても知っておきたい【LGBT…


お金持ちでもそうでなくても、大家族でもシングルでも、誰でも直面しうるのが“介護”です。 在宅医療や介護が推進されている中、住み慣れた地域で安心して介護を続けるためには、地域の連携は欠かせません。そん…

在宅医療・介護の連携について、ケアマネジ…


厚生労働省が推進している在宅医療・介護。介護だけではなく医療サービスも必要な高齢者が在宅で生活を続ける場合、頼りになるのが最も身近な専門家であるケアマネジャーです。 それでは介護の専門家であるケアマネ…

在宅医療・介護に関する意識調査:4人に1…


「介護が必要になったとき、どこで介護を受けたいか」、「人生の最期をどこで迎えたいか」、「そもそも在宅医療についてどんなイメージを持っているのか」-在宅介護や医療について、市民のニーズや意識を把握する…

全て表示する

「在宅医療」に関する質問一覧

検索結果 31

老衰に向かっている90代父の入所先

(サニーベイル)

す。そこで再び私が手伝いで日本に帰国しました。ケアマネさんと相談しながら訪問ヘルパー、リハビリ、在宅医療等できる限り対応対処しました。しかしあっと言う間に歩けなくなるまで筋力が衰弱した父は自宅では無理...

もしも老衰死の兆候がみえてきたら

(驟雨)

しんで死ぬのではないかと不安があります。かかりつけの病院に相談するのはやめて、みとりを行っている在宅医療のクリニックに新たに連絡したほうがいいでしょうか。現在、介護保険サービスは使っておらず、ケアマネ...

老衰死の過程に入りつつあるのでしょうか

(niiik)

でしょう。病院は老衰死しかけている老人を受け入れて入院させて看取ってくれるのでしょうか。それとも在宅医療機関に訪問をお願いすれば、看取りを行ってくれるのでしょうか。今はトイレには自分で立っていますが、...

療養型病院の医療について

(たぬきうし)

える病気)肺気腫カンシツ性肺炎などがあります。どうして転医したい場合、24時間看護師常駐ホームと在宅医療になるのでしょうか?...

脚の怪我で在宅医療は使える?

(anjii)

あげそうでした。こんなことが重なるようでは私の方が倒れてしまいそうだと思いました。最近ネットで、在宅医療というものがあることを知りました。そこでお尋ねです。在宅医療といえば「看取り」のイメージがつよい...

全て表示する

「在宅医療」に関する共感一覧

検索結果 30

在宅介護終了

(たぬきうし)

ずに、頑張ったのに...あと、療養型病院に移るのにあたり、上手くやっていけるのが、心配なのと、(在宅医療など使っていたが、入院退院を繰り返している為)虚しさで、イライラが止まりません。...

自分自身のためにも介護の勉強

(smalle)

るのを知った。最近はそのような新しいサービスが充実してきているなあと勉強になった。他にも内科など在宅医療専門のクリニックなどがたくさんできていることをネットで知った。このような知識をふやしていくことは...

母、初外泊。

(モコナ)

。母の話では年上の方が多いから、お世話焼いたりしてるみたい。役割が感じられていいのかな。帰宅後、在宅医療への意向確認書だかを書くにあたり、母と相談したり、外泊への意向を聞いてみたり。仕事もあるから難し...

「渡鬼」が在宅医療テーマ

(ひとりぽっち)

H23終了した後も根強い人気が続いている「渡鬼」今回「在宅医療」通じ60歳で初めて介護することを見つめあう時が来た夫婦愛を書きたかったと言う橋田寿賀子(93歳)と石井ふく子プロディーサー(92歳)今月...

訪問看護指示料こんなのあったんだ。

(あったかいかいご)

いので、なんだろうと。思い、見てみましたなら、訪問看護指示料と区分にかいてありました。なるほど、在宅医療には先生は、母の家には訪問など1回も来た事なくても、訪問看護師さんが医師の指示により母の健康管理...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう