介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「え」からはじまる介護用語 > 嚥下体操(えんげたいそう)

嚥下体操(えんげたいそう)

嚥下体操とは、飲み込む力が弱い人のために行う体操のことで、首や肩などのよぶんな力を抜くことと、嚥下器官の動きをよくすることを目的として行います。

「嚥下体操」に関する介護の基礎知識一覧

検索結果 2

誤嚥とは 原因・症状・対策


誤嚥(ごえん)とは 誤嚥とは、本来なら口腔から咽頭、そして食道を通って胃に送られるべき食べ物が、誤って喉頭と気管に入ってしまう症状のことです。 飲みこむ動作は「嚥下(えんげ)」と呼ばれ、誤嚥が見られ…

自宅での嚥下のリハビリ(摂食訓練)の方法


嚥下障害のリハビリの目的 口から食べ物や飲み物を取り入れ、食道を通って胃に送りこむことを「嚥下」と言います。そして、これらが上手くできないのが「嚥下障害」です。 嚥下障害と診断された場合は、積極的に…

全て表示する

「嚥下体操」に関する共感一覧

検索結果 1

一件落着です

(まんなか)

にゃんばあさんこんにちは最近は咳き込む事も多くなったので、嚥下体操は大切な事ですね。コメントありがとうございました。...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう