介護の不安を解消できる「安心介護」専門家に無料で相談

安心介護トップ > 介護の用語辞典 > 「し」からはじまる介護用語 > 収縮期血圧(しゅうしゅくきけつあつ)

収縮期血圧(しゅうしゅくきけつあつ)

収縮期血圧とは、心臓が収縮し、血液が動脈に押し出されたときに血管壁にかかる圧力(血圧)のことをさします。
上の血圧がこれに当たります。
140mmHg以上になると高血圧とされます。

「収縮期血圧」に関する質問一覧

検索結果 1

老健を移動、または、在宅で看ていきたい

(こたろう1)

ているクリニックへ入院しました。インフルエンザ陰性、その他諸検査実施しましたが分からず、しかし、収縮期血圧60台、尿量も200ml/日、酸素化も低く酸素吸入をしていました。総合病院へと救急搬送となり精...

全て表示する

ご家族の介護をする方が介護の不安や悩みを解決するQ&Aサイト_安心介護
安心介護とは 会員登録する

探している情報が見つからない場合は、介護の専門家に相談してみよう